このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000041254
提供館
(Library)
広島県立図書館 (2110011)管理番号
(Control number)
広県図20070004
事例作成日
(Creation date)
2005年01月26日登録日時
(Registration date)
2008年01月23日 18時49分更新日時
(Last update)
2008年02月06日 14時37分
質問
(Question)
椿油の作り方が掲載されている本がありましたら教えてください。また,調査過程についても教えてください。
回答
(Answer)
・ 椿油の作り方については,次の資料に記載があります。
 参考資料(1)では,種子の採集,天日干しの手順などが書かれています。(p.84~87 「万能!ツバキ油 搾りカスのセンチュウよけ効果も絶大」)
 搾油作業については,参考資料(1)でも紹介のある参考資料(2)の記述が詳しいです。(p.114~117 「油の王様,椿油を百歳まで搾りたい)この記事では,独力で油搾りをしている方の精製技法が紹介されています。
 参考資料(5)では,写真に簡単な解説があります。(p.38~41 「椿油 長崎県福江市」)
・ 調査過程については,次のとおりです。
 ①油脂(分類576),結髪史(分類383.5)では不明。
 ②分類471.9の有用植物関係の事典では,椿油の記述あり。
 作り方について,参考資料(3)で簡単な記述あり。(p.141 椿油の簡単な製法が5行程度,髪油についても4行程度あり。)
 ③単行本では調査が難しいため,雑誌記事の検索を行なう。
 MAGAZINEPLUSのデータベースで,参考資料に挙げた雑誌記事などのヒットあり。上記の記事などにより,伊豆大島や五島列島が産地として有名であることがわかる。
 ④地場産業(分類602)の関係を調査したところ,参考資料(4)の資料に簡単な製法に関する記述あり。(p.278 伊豆大島の椿油に関する製法について,8行程度の記述あり。)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
油脂類  (576 9版)
花卉園芸[草花]  (627 9版)
参考資料
(Reference materials)
(1) 『現代農業』 83巻9号(2004.9)
(2) 『現代農業』 78巻7号(1999.7)
(3) 『有用草木博物事典』(草川俊/著 東京堂出版 1992)
(4) 『日本の名産事典』(遠藤元男/〔ほか〕編 東洋経済新報社 1977)
(5) 『サライ』 13巻20号(2001.10.18)
キーワード
(Keywords)
椿油
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000041254解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!