このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07120112462236
事例作成日
(Creation date)
2007/12/01登録日時
(Registration date)
2008年01月17日 02時11分更新日時
(Last update)
2020年03月28日 00時30分
質問
(Question)
江見水蔭(えみすいいん)について知りたい。
回答
(Answer)
 岡山城下(現岡山市)出身の小説家。1869(明治2)年8月12日~1934(昭和9)年11月3日。本名は江見忠功。1881(明治14)年、軍人を志して上京。1888(明治21)年、尾崎紅葉が主宰する硯友社に参加、文筆活動に入る。明治後半から通俗小説を意欲的に執筆し、明治の人気作家の一人となる。1927(昭和2)年の『自己中心的明治文壇史』は文学史上貴重な一作となっている。文学の他に相撲や考古学、演劇など幅広い興味関心を持ち、シェイクスピアの『オセロ』は、のちに水蔭の翻訳で上演された。主な作品に『朝嵐』(青木嵩山堂 1895年)、『海底の噴火』(青木嵩山堂 1907年)、『地底探検記』(博文館 1907年)、『二人女王』(青木嵩山堂 1906年)、『月と梅』(博文館 1901年)、『蛮勇の人』(樋口隆文館 1917年)が、また『水蔭行脚全集』全8巻(江水社 1932-1935年)がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
『江見水蔭の科学小説を評価し直す』横田順弥著,2001年.
『岡山の文学アルバム』山本遺太郎著,日本文教出版,1983年.
『岡山県歴史人物事典』山陽新聞社,1994年.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007120112463762236
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000041000解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!