このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
福井県立若狭図書学習センター (2110046)管理番号
(Control number)
福若-2007-0901
事例作成日
(Creation date)
2007年09月01日登録日時
(Registration date)
2007年10月10日 10時08分更新日時
(Last update)
2022年01月20日 16時27分
質問
(Question)
里村紹巴(じょうは)著「天橋立紀行」の活字版を見たい。また、注釈・解説があればなおよい。
回答
(Answer)
活字版は『大日本史料』第10編の2 所収されている。
解説としてまとまっているのは奥田勲著「『紹巴天橋立紀行』について」(「国文学攷」53号1970 所収)。
回答プロセス
(Answering process)
1.『国書総目録』をひくと、写本の所在情報のみであった。
2.「日本古典籍総合目録」( http://dbrec.nijl.ac.jp/KTG_W_85701)で検索すると、
活字版として「『大日本史料』第10編の2」があることが判明。
「成立年 永禄12年 奥書」とあるので調べたところ、p702~712に「紹巴天橋立紀行 瀧澤雪子氏所蔵」として全文が記載されている。
3.「天橋立紀行」「橋立紀行」で国会図書館雑誌記事索引で検索すると、質問者が持っていたもの以外では以下2点が関連すると思われた。
(1)『天橋立紀行』京都府立丹後郷土資料館 2005
 →丹後郷土資料館に内容を問合せる。特別展名を冠した図録で「天橋立紀行」に関する記述はない、とのこと。
(2)「『天橋立紀行』解説と翻刻」藤川玲満 (「人間文化論叢」6号 2003 所収)
 →県内で所蔵している福井大学附属図書館に内容を問合せる。江戸期の同名書籍(秋里り島著)に関する論文、とのこと。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者は、写本のコピーを2種類および奥田勲著「『紹巴天橋立紀行』について」(「国文学攷」53号1970 所収)をすでに持っていた。
NDC
選定図書目録.参考図書目録  (028 8版)
日記.書簡.紀行  (915 8版)
参考資料
(Reference materials)
国書総目録 補訂版 岩波書店
キーワード
(Keywords)
「天橋立紀行」
里村紹巴
照会先
(Institution or person inquired for advice)
京都府立丹後郷土資料館
福井大学附属図書館
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
里村紹巴は室町時代後期の連歌師。
「天橋立紀行」は京都から福井県の熊川、小浜、高浜、そして天橋立へと旅した紀行作品。
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000038031解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!