このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
岡崎市立中央図書館 (2310043)管理番号
(Control number)
岡崎図-245
事例作成日
(Creation date)
2007年10月03日登録日時
(Registration date)
2007年10月03日 18時07分更新日時
(Last update)
2016年11月05日 16時18分
質問
(Question)
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」の句の出典は何か?
回答
(Answer)
「甲子夜話」53(松浦静山著)に
夜話のとき或人の云けるは、人の仮托に出る者ならんが、其人の情実に能く協へりとなん。
郭公を贈り参せし人あり。されども鳴かざりければ、
なかぬなら殺してしまへ時鳥   織田右府
鳴かずともなかして見せふ杜鵑  豊太閤
なかぬなら鳴くまで待よ郭公   大権現様
このあと二首を添ふ。
回答プロセス
(Answering process)
【資料1】p.128の「なく」の項目の中に「なかぬなら鳴(な)くまで=待(ま)とう[=待(ま)つよ]時鳥(ほととぎす)」の項目あり。出典は『*随筆・甲子夜話〔1821〜41〕五三』とあり。
【資料2】p.863に「鳴くまで待とう時鳥」の項目あり。意味、解説あり。出典は『甲子夜話』とあり。
【資料3】p.821に「鳴くまで待とう時鳥」の項目あり。意味、語源あり。出典は「松浦静山『甲子夜話』」とあり。
【資料4】p.136に甲子夜話を出典とする旨記載あり。
甲子夜話の中から該当部分を探し出すのは困難をきわめるためインターネットを利用。
Google検索で「甲子夜話」「鳴かぬなら」で検索
http://www.geocities.jp/sybrma/206nakanunara.hototogisu.html
に解説があり、【資料5】p.57-58に記載されていることが判明する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『日本国語大辞典 第10巻』小学館国語辞典編集部,小学館,2001(【資料1】)
『成語大辞苑』主婦と生活社,1995(【資料2】)
『成語林』旺文社,1992(【資料3】)
『歴史を動かした日本語100』島内景二,河出書房新社,2003(【資料4】)
『甲子夜話4』松浦静山,平凡社,1978(【資料5】)
キーワード
(Keywords)
徳川家康
織田信長
豊臣秀吉
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000037946解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!