このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
鶴ヶ島市立中央図書館 (2310114)管理番号
(Control number)
鶴図-2006-1
事例作成日
(Creation date)
2006年08月24日登録日時
(Registration date)
2006年08月24日 12時35分更新日時
(Last update)
2006年08月24日 14時24分
質問
(Question)
お釈迦様が亡くなった時、そばに生えていたと言い伝えられる「沙羅双樹」はどのような木で、どのような花が咲くのか知りたい。できれば写真か絵で確認したい。
回答
(Answer)
①複数の百科事典によれば、「沙羅双樹」はフタバガキ科の落葉高木で、中部インドからヒマラヤ山麓地方にかけて分布。釈迦が亡くなった時にこの木が2本ずつ生えていたという伝説から「沙羅双樹」といい、無憂樹(ムユウジュ),菩提樹(ボダイジュ)とともに仏教の三大聖木とされます。日本の寺院などに植栽されているサラノキ(シャラノキ)は、ツバキ科に属するナツツバキで、その名の由来は「沙羅双樹」にありますが、全く別種であることが判明しました。
②「沙羅双樹」は日本原産の樹木ではなく、中部インドからヒマラヤ山麓地方にかけて分布していることから、『原色樹木大図鑑』(北降館2004)には記載されていませんでした。『ヒマラヤ植物大図鑑』(山と渓谷社2005)に木全体の写真と花についても確認することができました。
回答プロセス
(Answering process)
一般に、日本では沙羅の木(シャラノキ)というと、日本では夏椿(ナツツバキ)のことを指すようだが、「沙羅双樹」は夏椿なのか?まず、仏教における「沙羅双樹」について調べ、その容姿については、植物図鑑等で確認することにした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物地理.植物誌  (472)
参考資料
(Reference materials)
『仏教植物辞典』(国書刊行会1979) (『世界大百科事典』(平凡社2004)
『日本大百科全書』(小学館1994))
『ヒマラヤ植物大図鑑』(山と渓谷社2005)
『原色樹木大図鑑』(北降館2004)
キーワード
(Keywords)
植物-仏教
植物-ヒマラヤ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000030167解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!