このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029974
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2003-024
事例作成日
(Creation date)
2003/08/27登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年02月28日 14時49分
質問
(Question)
「アンギ織り」の名前の由来を知りたい。以前、老人ホームのボランティアで実際に織ったことがある。
回答
(Answer)
〈アンギン(編布)〉のことと考えられる。『衣生活と民具』『日本民俗大辞典 上』『新潟県大百科事典』『縄文の衣』『縄文人になる!』等に記述があり。語源、方言等の観点から諸説があるようだと回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『染織辞典 増補』『染織事典』『日本染色辞典』『原色染織大辞典』に〈アンギ〉の項なし。
《Google》を〈アンギ〉で検索するが該当なく、〈アンギン(編布)〉でヒットする。
これを手がかりに所蔵資料にあたり、『衣生活と民具』『日本民俗大辞典 上』『新潟県大百科事典』『縄文の衣』『縄文人になる!』等に記述があることがわかった。それらによれば、語源は編布(衣)、新潟地方の方言そのままの呼び名、時宗の僧がまとっていた阿弥衣(あみぎぬ)がこれと同じ編み方であるため等の説明があり、諸説があるようだと回答した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
染織工芸  (753 9版)
語彙  (814 9版)
参考資料
(Reference materials)
『衣生活と民具 日本民具学会論集6』(日本民具学会 雄山閣出版 1992)
『日本民俗大辞典 上』(福田アジオ 吉川弘文館 1999)
『新潟県大百科事典』(新潟日報事業社出版部 新潟日報事業社 1984)
『縄文の衣 日本最古の布を復原』(尾関清子 学生社 1996)
『縄文人になる! 縄文式生活技術教本』(関根秀樹 山と渓谷社 2002)
キーワード
(Keywords)
織物
アンギン-編み布
語彙-語源-日本語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000029974解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!