このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
山形県立図書館 (2110039)管理番号
(Control number)
山形県-2006-0035
事例作成日
(Creation date)
2006年07月14日登録日時
(Registration date)
2006年07月14日 14時49分更新日時
(Last update)
2009年03月05日 08時36分
質問
(Question)
「大黒様のお年夜」とはどんな行事ですか。
回答
(Answer)
庄内地方の山あいの集落に伝わる行事で、年の暮れが近づくといろいろな神様の歳夜(年越しの夜)が行われます。12月の3日と5日はえびすさまの年夜で、白いまま(白米飯)を炊き、煮物をつくります。12日は山の神の歳夜で、白いもち、17日は観音様の歳夜で、精進料理と年越しの夜が続いて、ご馳走のお相伴にあずかる日が多くなります。
そして、12月9日が大黒さまの歳夜で、先祖を祭る日でもあり、御霊様に膳を供えます。豆炒り、黒豆を入れた大根のなます、豆腐の田楽とハタハタの田楽焼、それにご飯は大豆ご飯で豆づくしのご馳走である。ご馳走はお膳に並べ、子孫繁栄と健康の願いを込め、大黒様にお供えをする。お供えを下げたものは、その家の主人のみが食べることができ、家族も同様の料理を食べます。
いろいろな神様の歳夜に料理を供え、家族共に同様の物を食べるということは、節々の自然の恵みを貯えておき、長い冬のくらしにとりくむための知恵でもあり、とりわけ、山あいの集落では、信仰のある生活が年中行事として根をおろしています。

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
参考資料
(Reference materials)
庄内の四季/阿部襄/著
キーワード
(Keywords)
大黒さま
お通夜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
高校生
登録番号
(Registration number)
1000029596解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!