このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029268
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2002-083
事例作成日
(Creation date)
2002/11/29登録日時
(Registration date)
2006年06月29日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年02月25日 16時00分
質問
(Question)
桂宮淑子内親王について知りたい。桂古流いけばなの家元が、幕末に仕え花を活けていた。質問者は桂古流の創始者を調査中。
回答
(Answer)
『日本女性人名辞典』より、桂宮淑子(カツラノミヤ スミコ)。文政12年(1829)1月-明治14年(1881)10月3日。仁孝天皇の第3皇女。幼称敏宮。文久2年(1862)桂宮家を相続した(2代)。桂宮家は淑子の死後断絶した。
『昭和新修華族家系大成 上』『日本人名大事典 2』「桂古流 いけばなの基本」にも記述あり。これらを提供する。
回答プロセス
(Answering process)
人名辞典を探すと、『日本女性人名辞典』に記載がある。同書の出典は、『昭和新修華族家系大成 上』で、系図も収載されている。『日本人名大事典 2』〈桂宮〉の項にも、系図とともに淑子内親王について記述あり。
桂古流の関係資料を調べると、「桂古流 いけばなの基本」(移動図書館車資料)の「桂古流の歩み」に、桂宮家についての記述及び系図あり。なお、同書によれば、桂古流の創始者は、江戸時代末期桂宮家に花務職として仕えた養真斎白龍とある。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「人物レファレンス事典」
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
花道[華道]  (793 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本女性人名辞典』(日本図書センター 1993)
『昭和新修華族家系大成 上』(霞会館諸家資料調査委員会 霞会館 1982)
『日本人名大事典 2』(平凡社 1986)
「桂古流 いけばなの基本」(新藤華盛 主婦の友社 1978:移動図書館車資料)
キーワード
(Keywords)
桂宮 淑子(カツラノミヤ スミコ)
人名録
宮家-皇族-内親王-江戸時代
桂古流(カツラコリュウ)-花道
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
桂古流は、さいたま市浦和区に家元本部がある。
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000029268解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!