このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-1995-071
事例作成日
(Creation date)
1995/08/01登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時51分更新日時
(Last update)
2021年06月09日 17時13分
質問
(Question)
ミレーの絵に「オフィーリアの死」という作品があるようだが、それが見たい。Jean-Fran ois Milletか、John Everett Millaisのどちらかわからない。
回答
(Answer)
『新潮世界美術辞典』を見ると、〈ミレイ ジョン・エヴァレット 1829-1896〉の項目に「オフェリア」の記述あり。
『大系世界の美術 19 近代美術』の図版72に、「オフィーリア」が掲載されている。
作品名が若干違うが、内容の説明からこの作品と思われる。これを提供する。

備考欄に追記あり。
回答プロセス
(Answering process)
1 参考図書を調査する。

2 NDC分類〈708〉の棚を確認する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
洋画  (723 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大系世界の美術 19 近代美術2 印象派と世紀末の美術』(学習研究 1981)
キーワード
(Keywords)
絵画-ヨーロッパ-イギリス
Millais John Everett(ミレイ ジョン・エヴァレット)
テートブリテン(Tate Britain)-美術館-ロンドン-イギリス
「オフィーリア」
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
追記(2010年3月5日)

「オフィーリア」を収蔵する《テートブリテン(Tate Britain)》のWebサイトに〈Millais〉のページがあり。〈Works in Focus〉のページで〈Ophelia〉の画像と詳しい解説(英文)が閲覧できる。
 《The Story of Ophelia》( http://www.tate.org.uk/ophelia/  Tate Britain)

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2010年3月5日。

追記(2021年6月9日)

近畿大学中央図書館から、下記の通り情報提供があった。

《The Story of Ophelia》( http://www.tate.org.uk/ophelia/  Tate Britain)は現在リンク切れとなっている。
Wayback machine( http://web.archive.org/ )を使うと2020年10月22日時点の同ウェブページ( https://web.archive.org/web/20201022093353/ https://www.tate.org.uk/art/artworks/millais-ophelia-n01506/story-ophelia )を見ることができる。

ウェブサイト・データベースの最終アクセス日は2021年6月8日。
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000018964解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!