このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000014416
提供館
(Library)
国立国会図書館(National Diet Library) (1110001)管理番号
(Control number)
D2003F1894
事例作成日
(Creation date)
20030917登録日時
(Registration date)
2005年02月04日 02時14分更新日時
(Last update)
2005年11月29日 11時47分
質問
(Question)
「亜米利加」という漢字の由来について、(1)いつから使われ始めたか、(2)その時の語源は、(3)『節用集』に載っていないか。
回答
(Answer)
下記の文献に言葉の使われ始めた年代についての記述がありますが、その語源については言及されていませんし、他の文献にも見当たりませんでした。節用集にはご依頼の言葉は掲載されていません。

(1)『日本国語大辞典』 第2版 小学館 2000 <KF3-G103>
 該当箇所:第1巻 p.577-578 「あめりか」の項

(2)『講座日本語の語彙』第11巻 佐藤喜代治 明治書院 1983 <KF91-52>
 該当箇所:第11巻 p.199-203 「べいこく」の項

*「べいこく」の項
べいこく(米国)、アメリカ(亜米利加)、メリケン(米利堅)、あこく(亜国)などの初出を論じています。
「亜米利加」という漢字については、p.201に「次に「亜米利加」という字面は、洲名には古くは用いていないが、『海外異聞』(嘉永七年1854)の地図に「北亜米利加」とあり、その頃から次第に例が多くなり明治に及ぶ。国名としては次の例が管見では早い。○亜米利加英吉利魯西亜等へ別紙之通り条約為御取替相成候に付(「大小目付けへの諭達」安政二年1855八月二十三日:『幕末維新外交史料集成』による)」との記述があります。

< >内は当館請求記号
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
語彙  (814 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
日本語-外来語
漢字
当て字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
公共図書館
登録番号
(Registration number)
1000014416解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!