このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
神奈川県立川崎図書館 (2120004)管理番号
(Control number)
川図-0010
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2004年12月19日 02時10分更新日時
(Last update)
2005年12月18日 10時43分
質問
(Question)
①ISOで制定されている図記号にはどんなものがあるか、一覧のようなものは無いでしょうか。②また、案内図記号がJISで策定され、その案をISOで制定してもらう調整をしているようですが、決定はされたのでしょうか。
回答
(Answer)
Ⅰ.ISO図記号について
①JISハンドブック60「図記号」にはISO,IECの図記号規格一覧がありJISに対応したISO番号が確認できます。JIS記号とISO記号の関係についてはJISハンドブック総目録から、その対応関係(IDTほぼ同じ,MOD修正,NEQ同じではない)が確認できます。
案内図規格についてはICSコード01.080から(ISO.TC145)の文書を探してみましたが有料でしたので断念しました。
②③JISハンドブック60「図記号」2002(当館ではまだ2004がはいっていません)にISO/WD TR7239-1(作業原案 仮訳)として案内用図記号の基本原則第1部が掲載されています。まだ原案の段階で確定していないようです。
またJISハンドブック60「図記号」ではISO7000の図記号一覧が確認できます。
Web情報では
日本規格協会のJSA WEB Store( http://www.webstore.jsa.or.jp/webstore/Top/index.jsp
でICSコード一覧表へのリンクがありますので、そこで 01.080 または TC145で検索すると関連したISOが確認できます。
邦訳のないものもあります。
http://www.jisc.go.jp/intr/pager
ではISOの対応JIS原案団体などTC145に対応した国内状況が確認できます。
標準案内用図記号ガイドラインについて(その1)( http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/zukigou/zukigou01.html
日本提案の新・国際標準「ISO/IECガイド71」が発行( http://www.jisc.go.jp/tpk/guide71-2.html
通信機器の表示用図記号 CES-DZについて:図記号ワーキンググループ( http://www.ciaj.or.jp/contents_ja/design2/zu_wg/zu001_001.htm
なども参考になりそうです。
JIS当該番号と記号がわかればJISハンドブックなどを活用して対応関係を確認することは可能だと思います。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
交通エコロジー・モビリティー財団( http://www.ecomo.or.jp/
NDC 
参考資料
(Reference materials)
JISハンドブック「図記号」 日本規格協会 2004 509.13/1/2004-60       
JISハンドブック「総目録」 日本規格協会 2004 509.13/1/2004-0
標準案内用図記号ガイドライン( http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/zukigou/zukigou01.html
日本提案の新・国際標準「ISO/IECガイド71」が発行( http://www.jisc.go.jp/tpk/guide71-2.html
図記号ワーキンググループ( http://www.ciaj.or.jp/contents_ja/design2/zu_wg/zu001_001.htm
キーワード
(Keywords)
ISO
図記号
JIS
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000012861解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!