このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

提供館
(Library)
千葉県立西部図書館 (2120003)管理番号
(Control number)
調査-00004
事例作成日
(Creation date)
2004/04/13登録日時
(Registration date)
2004年04月22日 02時10分更新日時
(Last update)
2004年04月22日 02時10分
質問
(Question)
月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月」の作者、時代、出典を教えて 欲しい。
回答
(Answer)
質問の内容からして短歌であろうと思い、当館所蔵『新編国歌大観』(角川書店)、『現代短歌分類辞典』(現代短歌分類辞典刊行所)、『狂歌大観』(明治書院)にあたってみましたが、該当個所はありませんでした。更に『広文庫』(名著普及会)を調べたところ、「月見」の項に該当文章が収録されており、『小窓間語』からの引用記事であることがわかりました。そこで、『小窓間語』を調査するため、当館所蔵の『古典籍総合目録』(岩波書店)及び「国書総目録」(岩波書店)を確認しましたら、いずれにも「4巻4冊 随筆 鈴木忠侯著(撰) 寛政2年」と記述されておりました。 次に随筆について調査することとします。当館所蔵の『日本随筆大成 第2期8巻』(吉川弘文館)を確認してみますと、”『小窓閑語』と『閑窓随筆』を合わせ『一挙博覧』と称す“とあり、この『一挙博覧』の巻之2の53項に該当文章が掲載されております。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (081)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000004096解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!