このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-038
調べ方作成日
(Creation date)
2015年02月28日登録日時
(Registration date)
2015年03月26日 17時01分更新日時
(Last update)
2016年06月03日 14時40分
調査テーマ
(Title of the search guide)
発達障害について調べる(埼玉県立久喜図書館 Milestone No.38)(2015年2月28日発行,2016年5月28日改訂)
調べ方
(Contents of the search guide)
■ 今回のテーマ ■
 発達障害者支援法では、「発達障害」は、「自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害、その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するもの」と定義されています。
 発達障害には、様々なタイプがあり、その特徴や症状も異なります。また、障害ごとの特徴が少しずつ重なり合っている場合も多いため、その人その人で、得意なこと、苦手なことは違います。 
 今回は、「発達障害」について詳しく調べるための参考資料・情報をご案内します。
 なお、テーマに関する一般書については、資料展示リスト「あなたの世界を教えてくれる? 発達障害を知りみんなで支え合おうⅡ」をご覧ください。

■ キーワード ■
 図書館の蔵書検索やインターネット上の情報を探すとき、手がかりとなるキーワードを紹介します。
 発達障害 広汎性発達障害 PDD 自閉症スペクトラム障害 ASD 自閉症 高機能自閉症 カナー型自閉症 アスペルガー症候群
 レット障害 小児期崩壊性障害 学習障害 LD ディスレクシア 読み障害 読字障害 難読症 注意欠陥多動性障害 AD/HD
 反抗挑戦性障害 ODD トゥレット症候群 チック DSM-Ⅴ TEACCH ソーシャルスキルトレーニング SST ソーシャルストーリー PECS ペアレントトレーニング プレイセラピー 遊戯療法 カウンセリング 認知行動療法 CBT 応用行動分析 ABA 感覚統合療法 薬物療法 学習支援 特別支援教育 特別支援学校 特別支援学級 通級による指導 通級指導教室 インクルーシブ教育 

■ 資料・情報の集め方 ■

1 テーマに関する 図書 を探す 

 埼玉県立図書館が所蔵する図書の中から、今回のテーマである発達障害について調べる際の参考資料を紹介します。

(1)入門書で基本的な情報を得る
 あるテーマについて調べる場合、その分野の入門書や概説書をいくつか読み比べてみることで、基本的な理解が得られます。
『最新子どもの発達障害事典』(合同出版 2014)
『図解よくわかる発達障害の子どもたち』(ナツメ社 2011)
『図解よくわかる自閉症』(ナツメ社 2008)
『図解よくわかるアスペルガー症候群』(ナツメ社 2008)
『図解よくわかるLD』(ナツメ社 2008)
『図解よくわかるADHD』(ナツメ社 2008)

(2)専門書で詳しい情報を得る
 さらに詳しく知りたい時は、医療関係者向けの専門書などにステップアップするとよいでしょう。
『今日の小児治療指針 第16版』(医学書院 2015)
 p703-730「精神疾患,心身医学的問題,発達障害」
『児童青年精神医学大事典』(西村書店東京出版編集部 2012)
 p181-289「第Ⅲ部 発達障害」
 p361-407「注意欠如障害と破壊的行動障害」
『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院 2014)
 「神経発達症群/神経発達障害群」
 米国精神医学会の診断基準。「神経発達症群/神経発達障害群」の項目が発達障害に相当。発達障害の診断分類は、ICD(世界保健機関の国際疾病分類)、あるいはDSM(米国精神医学会の診断基準)に従うのが標準的。(参考文献 『最新子どもの発達障害事典』p12 合同出版 2014)

(3)専門用語の意味を調べる
 医師から聞いた専門用語や、図書・雑誌等で読んだ言葉の意味を正確に知りたい時は、主題分野の専門辞典・用語集を調べるとよいでしょう。

『発達障害事典』(パスカル・J.アカルド,バーバラ・Y.ホイットマン編 明石書店 2011)
 神経発達障害に直接関連する用語3,500項を収録。原語のアルファベット順。日本語の項目索引あり。
『発達障害基本用語事典』(日本発達障害学会監修 金子書房 2008)
 医学、心理、福祉、教育、労働の分野ごとに、発達障害に関する基本的な用語約250項目を解説。索引あり。
『自閉症スペクトラム辞典』(日本自閉症スペクトラム学会編 教育出版 2012)
 自閉症スペクトラムに関する基本用語について事項、人名を含め564項目を収載。50音順に配列。
『LD・ADHD等関連用語集 第3版』(日本LD学会/編 日本文化科学社 2011)
 教育学、心理学、医学、福祉学、リハビリテーション学などに関連する領域における、主として発達障害に関する用語416項目を解説。50音順に配列。巻末に事項索引あり。
  
(4)最近の動向を知りたいとき
『発達障害白書 2016年版』(日本発達障害連盟編 明石書店 2015)
 発達障害に関する年報。2014.4-2015.3における医療、教育、福祉、労働、国際動向など各分野の最近の話題を収録。巻末に年表・統計を掲載。
『発達障害年鑑 Vol.5』(日本発達障害ネットワーク(JDDネット)年報 日本発達障害ネットワーク(JDDネット)編 明石書店 2014)
 日本発達障害ネットワークの年報。vol.5は発達障害をめぐる2012-2013年の医学・心理学・教育の各分野、国の施策・制度等について掲載。巻末に関係法令・年表等掲載。
   
2 テーマに関する 雑誌論文・報告書を探す 

(1)インターネットで探す(キーワードや著者で検索できます)
 発達障害に関する論文や報告書について、インターネットで無料で検索可能なデータベースを紹介します。これらは、主に巻号や執筆者、概要等を確認するものです。一部、pdfファイルやリンク先の機関から入手できる論文もありますが、基本的に論文・報告書そのものは見られないことにご注意ください。
《国会図書館サーチ「記事・論文」検索》( http://iss.ndl.go.jp/  国会図書館)
《CiNii Articles》( http://ci.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)
《J-STAGE》( https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/  独立行政法人科学技術振興機構)
《科学研究費補助金データベース[KAKEN]》( http://kaken.nii.ac.jp/  国立情報学研究所)
《厚生労働科学研究成果データベース》( http://mhlw-grants.niph.go.jp/  国立保健医療科学院)


(2)オンラインデータベースで探す
 久喜図書館では、雑誌に掲載された論文や記事の検索ができる有料データベースとして、一般的な雑誌を対象とする《MAGAZINEPLUS》(マガジンプラス)や、医療関係記事を対象とした《医中誌Web》を導入しています。検索・複写サービスは、案内・相談カウンターで行っています。

3 テーマに関する 新聞記事 を探す 
 
 近年、各新聞社では有料オンラインデータベースで記事を提供していますが、おおよその年月がわかっていれば縮刷版を用いて記事を探すこともできます。また、各社とも最新のニュース・解説記事をウェブサイト上にも掲載しており、一部の有料記事以外は無料で閲覧が可能です。ページ内の記事を健康・医療関係の言葉で検索することができます。
《apital〔アピタル〕》( http://apital.asahi.com/  朝日新聞社)
 医療関係記事を掲載したウェブサイト
《yomiDr.〔ヨミドクター〕》( http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/  読売新聞社)
 医療関係記事を掲載したウェブサイト
《47NEWS〔ヨンナナニュース〕「医療・健康」》( http://www.47news.jp/medical/  全国新聞ネット)
 47都道府県の52新聞社に加え、共同通信の記事閲覧が可能なウェブサイト
《Web患者図書館》( http://mba-web.co.jp/opac/jhpla_opac1.php  日本病院患者図書館協会)
 朝日・毎日・読売・日本経済新聞の健康・医療関係の記事について、見出し名や執筆者名、キーワードから探せます。

4 関連する機関・団体のウェブサイトを見る 

(1)基本的な情報を得る
【全国】《発達障害情報・支援センター》( http://www.rehab.go.jp/ddis/  国立障害者リハビリテーションセンター)
 全般的な情報を得られるサイト。発達障害の基本情報、生活場面での対応、福祉政策・制度、相談機関、ガイドブック・マニュアルなどの情報を掲載。乳幼児期、学童期、思春期、青年・成人期等、ライフステージ別からも閲覧可能。

【埼玉県内】《埼玉県 福祉部 福祉政策課 発達障害対策担当「発達障害に関する支援情報」》( http://www.pref.saitama.lg.jp/a0601/kenko/shogaisha/shien/hattatsushogai/index.html  埼玉県)
 埼玉県内の全般的な情報を得られるサイト。発達障害医療機関リスト、障害福祉サービス事業所・障害者支援施設、ライフステージ別の支援、中核発達支援センター、発達障害者就労支援センター 等の情報を掲載しているほか、以下多数の冊子を掲載。
『発達障害児・者を支える社会資源』(発達障害児・者を支える制度やサービスを解説)
『子育てひとりで悩まないで』 『子どもの発達障害がわかる!』 『子どもをほめよう(楽しい子育てのヒント集)』
『実践に活かす 気になる子への支援ガイドブック(保育士・幼稚園教諭向け)』
『青年期・成人期の発達障害を理解し支援を広げるサポートブック』
『発達障害者の就労をすすめるための支援ガイドブック』『発達障害の理解と支援のために』

【所沢市】《所沢市 健康推進部 こころの健康支援室「発達障害と生きていくためのサポートガイド」(咲かせよう、じぶん色の花 リソースブック) 》※年刊です
http://www.city.tokorozawa.saitama.jp/kenko/kokoronokenko/kokorononayami_yamai/hattatusyogai/resourcebk2013.html  所沢市)
 ライフステージに沿って、何が課題となるのか、課題に対する必要な情報、活用できる支援制度・資源を分かりやすく解説。親の視点に立って編集されており、全般的に支援制度・資源を知るのに役立つ一冊。
(注意事項)各窓口の連絡先、施設の所管地域は、所沢市民向けであることに十分注意してご覧ください。

(2)専門医を調べる
 発達障害に関わるいくつかの学会により、発達障害児を診る専門医のリストが公開されています。リストに掲載されている医師がすべてではありませんので、あくまで参考として見るとよいでしょう。
《日本小児神経学会 発達障害診療医師》( http://child-neuro-jp.org/visitor/sisetu2/sisetu.html  日本小児神経学会)
 「小児神経専門医のいる施設について」ページから閲覧する
《日本児童青年精神医学会 認定医》( http://child-adolesc.jp/nintei/ninnteii/  日本児童青年精神医学会)
 「認定医」ページから閲覧する
《日本小児精神神経学会 認定医》( http://www.jsppn.jp/index.html  日本小児精神神経学会) 
 トップページから「認定医試験合格者名簿」を閲覧する ※医師名のみ掲載(所属施設名なし)
 県内の医療機関については、4(1) 埼玉県 福祉部 福祉政策課 発達障害対策担当ウェブサイトの発達障害医療機関リストの情報もあわせてご覧ください。

(3)教育に関する情報を得る
【全国】《発達障害教育情報センター》( http://icedd.nise.go.jp/  国立特別支援教育総合研究所)
 発達障害のある子の教育情報を豊富に掲載するサイト。教育相談、支援・指導方法、教材・支援機器、研修講義(教師向け)、研究紹介、国の施策法令などの分野について詳しく紹介。同所図書室で所蔵する発達障害関連の図書リストも検索可能。

【埼玉県内】《埼玉県 教育局 特別支援教育課》( http://www.pref.saitama.lg.jp/soshiki/f2212/index.html  埼玉県)
 就学期等における関連情報、相談・支援体制等を掲載。

【埼玉県内】《埼玉県立総合教育センター》( http://www.center.spec.ed.jp/
 就学期等における関連情報、相談・支援体制等を紹介するサイト。特別支援教育資料他、教員向けの指導情報などを掲載。
・教育相談を実施(子供・保護者向け,関係教職員向け)
・教育資料室では教育に関する資料を所蔵。発達障害に関する療育やかかわり方の実践書も所蔵しており、蔵書検索システムでどのような本があるか検索可能。県立図書館や近隣の図書館を通して、取り寄せが可能。

(4)就労に関する情報を得る
【全国】《一般財団法人ATARIMAEプロジェクト「障害者雇用支援総合ポータルサイト》( http://www.atarimae.jp/index.php  ATARIMAEプロジェクト)
 障害者雇用を知るためのサイト。 働きたいと思っているのにどうやって就職したらよいか分からない、という人達のために、就職活動、就職後で利用できるサービスをフローチャートで紹介。

【埼玉県内】《埼玉県 産業労働部 就業支援課 障害者支援・求人拡大担当「障害者の仕事チャレンジ」》( http://www.pref.saitama.lg.jp/a0809/syougai-map/index.html  埼玉県)
 障害者雇用を知るためのサイト。基礎知識、就職に向けた訓練、就労を支援する相談機関、基本制度他、関連情報が充実。 
 4(1) 埼玉県 福祉部 福祉政策課 発達障害対策担当ウェブサイトの 『発達障害者の就労をすすめるための 支援ガイドブック』や発達障害者就労支援センターの情報もあわせてご覧ください。
   
5 相談機関で相談してみよう 

【埼玉県内】《埼玉県発達障害者支援センター「まほろば」》( http://www.mahoroba.server-shared.com/
※県内在住・在勤の方対象 〔さいたま市以外〕)
 相談専用電話:049-239-3553 または 049-239-3554(9:00-12:00/13:00―17:00)※土日祝は休み
 発達障害に関する 相談支援、就労支援、発達支援等を実施。相談の内容に応じて、より適切な機関(医療、保健、療育、教育、福祉、労働)等の情報提供・紹介もしている。
(その他情報)関連リンク集 相談・支援機関の一覧 (乳幼児から成人に至るまで、各市町村~県内全域にわたる相談・支援機関を掲載)
※注意事項 同センターは医療機関ではないため発達障害の診断や診療等を行っていません。就労支援については、直接求人のあっせん等を行なっていません。発達支援については、通所療育等を行なっていません。

【さいたま市】《さいたま市発達障害者支援センター》( http://www.city.saitama.jp/002/003/004/003/001/p009014.html
※さいたま市在住の方対象
 電話:048-859-7422(9:00-17:00)※土日祝・年末年始を除く
 発達障害に関する 相談支援、地域支援、普及啓発・研修、等を実施。関連リンクの紹介あり。

6 親の会で同じ悩みを持つ人たちの情報を集める 

埼玉県内にある親の会の例
《埼玉親の会「麦」》( http://ld-mugi.sakura.ne.jp/
《NPO法人えじそんくらぶ》( http://www.e-club.jp/
《埼玉県自閉症協会》( http://as-saitama.com/
《所沢・発達障害児者を支援する会「よつばくらぶ」》( http://yotsubaclub1.wix.com/yotsuba
 《一般社団法人日本発達障害ネットワーク(JDDnet)》( http://jddnet.jp/ )「加盟団体一覧」も参考になります
NDC
障害児教育[特別支援教育]  (378 9版)
内科学  (493 9版)
社会福祉  (369 9版)
参考資料
(Reference materials)
『最新子どもの発達障害事典』(合同出版 2014), ISBN 978-4-7726-1065-0
『図解よくわかる発達障害の子どもたち』(ナツメ社 2011), ISBN 4-8163-5063-2
『図解よくわかる自閉症』(ナツメ社 2008), ISBN 978-4-8163-4462-6
『図解よくわかるアスペルガー症候群』(ナツメ社 2008), ISBN 978-4-8163-4550-0
『図解よくわかるLD』(ナツメ社 2008), ISBN 978-4-8163-4575-3
『図解よくわかるADHD』(ナツメ社 2008), ISBN 978-4-8163-4557-9
『今日の小児治療指針 第16版』(医学書院 2015), ISBN 978-4-260-02084-8
『児童青年精神医学大事典』(西村書店東京出版編集部 2012), ISBN 978-4-89013-419-9
『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院 2014), ISBN 978-4-260-01907-1
『発達障害事典』(パスカル・J.アカルド,バーバラ・Y.ホイットマン編 明石書店 2011), ISBN 978-4-7503-3327-4
キーワード
(Keywords)
発達障害
広汎性発達障害
アスペルガー症候群
自閉症スペクトラム障害
自閉症
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000023379完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!