このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
茨城県立歴史館(閲覧室) (5000004)管理番号
(Control number)
茨歴調003
調べ方作成日
(Creation date)
2013年06月11日登録日時
(Registration date)
2013年07月25日 00時30分更新日時
(Last update)
2013年08月21日 12時26分
調査テーマ
(Title of the search guide)
『常陸国風土記』について調べるには
調べ方
(Contents of the search guide)
(1) 常陸国風土記とは
 常陸国に関する古代の地誌で,奈良時代初めの和銅6年(713)に出された元明天皇の詔により,提出された報告書である。奈良時代の常陸の人々の生活,信仰,自然環境などを知ることができる貴重な資料とされ,また文学作品としても重要な資料である。
 
 《検索する際のキーワード》
  風土記/常陸+風土記/古風土記 など
  ※「常陸風土記」(「国」がない)と表記する場合あり。また「国」を「國」と表記されている資料もある。


(2) 当館所蔵の資料一覧    < >は当館請求記号を示す

【原文(漢文で書かれているもの)を読む】
・『標注 古風土記』栗田寛注 大日本図書 1899 <K290.1/10> [底本:西野宣明本]
・『常陸風土記』(復刻版) 西野宣明校訂 茨城県歴史館 1974 <K290.1/12> [底本:西野宣明本]
・『常陸風土記 彰考館本』菅政友著 飯田瑞穂筆 飯田瑞穂 1958 <K290.1/14> [底本:菅政友本]
・『風土記』(日本古典文学大系2) 岩波書店編 1958 <918/2/2>
・『群書類従 第28輯 雑部』塙保己一編 続群書類従完成会 1991 <081/1/28> [底本:西野宣明本]

☆当館では,図書形態のものだけではなく,和本(版本)も所蔵しています。和本の閲覧をご希望の方は,当館ホームページの資料検索(収蔵文献検索)[last access 2013/07/27]にて,資料分類選択の古文書・和書・漢籍にチェック後,全項目検索で「常陸」スペース「風土記」でご検索ください。

【訳を知る】
・『風土記』(新編 日本古典文学全集5)植垣節也校注・訳 小学館 1997 <918/5/5>
・『常陸国風土記』沖森卓也 佐藤信 矢島泉編著 山川出版 2007 <K290.1/75> [底本:菅政友本]
・『常陸国風土記註釈』有馬徳著 太平洋出版 1973 <K290.1/11>
・『常陸風土記新講』井上雄一朗 大野潔〔共〕著 水戸学精神作興会 1936 <K290.1/15> [底本:西野宣明本]
・『評註 常陸国風土記新講』井上雄一郎著 武蔵野書院 1956 <K290.1/17> [底本:西野宣明本]
→前半に原文,後半には訳が収録されている。

【常陸国風土記について解説(初心者向け)】
・『常陸国風土記』「常陽藝文」編集部編 常陽藝文センタ- 1992 <K290.1/63>
→写真も多数掲載されており,おおまかな概要を知る上で最適な図書。
・『常陸国風土記にみる古代』井上辰雄著 学生社 1989 <K290.1/87>
→郡ごとに内容がまとめられており,読みやすい。
・『『常陸国風土記』の世界 古代史を読み解く101話』井上辰雄著 雄山閣 2010 <K290.1/88>
→1話(2頁)ごとに常陸国風土記に出てくるキーワードを読み解いていくことができる。
・『「常陸國風土記」を歩く』園部公一監修 崙書房 1985 <K290.1/64>
→郷土新聞「新いばらき」に連載されていたものに一部補訂を加えて再編集したもの。常陸国風土記にゆかりのある場所を訪ねてみたいときに参考になる。
・『常陸風土記之旅』岩波秀俊編 太平洋出版 1974 <K290.1/24>
→文中に出てくる土地を写真とともに収録。後半は原文(西野宣明本)あり。
・『ふるさと文庫 常陸風土記の世界』江原忠昭著 筑波書林 1989 <K081/1/エ1>
・『ふるさと文庫 常陸国風土記の探求 -那珂郡・香島郡・行方郡- 上』河野辰男著 崙書房 1979 <K081/1/コ2-1-1>
・『ふるさと文庫 常陸国風土記の探求 -筑波郡・信太郡・久慈郡- 中』河野辰男著 崙書房 1980 <K081/1/コ2-1-2>
・『ふるさと文庫 常陸国風土記の探求 -新治郡・多珂郡・茨城郡- 下』河野辰男著 崙書房 1981 <K081/1/コ2-1-3>
・『ふるさと文庫 口訳常陸国風土記』河野辰男著 崙書房 1978 <K081/1/コ2-2>
・『茨城県史 原始古代編』茨城県史編集委員会監修 茨城県 1985 <K210.08/8/1-1>
・『特別展 常陸國風土記の世界 -ひたみちの首長と民-』茨城県立歴史館編 1999 <K069.9/2/99-3>
→当館発行の展示図録。

【常陸国風土記についてより詳しく調べる】
・『常陸国風土記の探求 -紀行・論文・文献・目録・写本-』常陸国風土記の探求編集委員会編 市民の古代研究会・関東 1995 <K290.1/69>
→常陸国風土記研究文献目録あり。
・『常陸風土記とその社会』志田諄一著 雄山閣 1974 <K290.1/85>
→古代の常陸,風土記の成立から世界について書かれている。
・『『常陸国風土記』と説話の研究』志田諄一著 雄山閣出版 1998 <K290.1/89>
→内容が少々難しい。事項・人名・地名索引あり。
・『常陸国風土記の史的概観』河野辰男著 1976 <K290.1/8>
→風土記成立の背景について解説し,後半は各郡の説明をしている。
・『古風土記研究 常陸国風土記』鵜殿正元著 泉文堂 1954 <K290.1/16>
→常陸国風土記を歴史的および国文学的観点から研究し論じている。
・『風土記を読む』志田諄一著 崙書房 1989 <K290.1/60>
→風土記の世界を説話とともに解説。
・『古代東国と常陸国風土記』井上辰雄編 雄山閣出版 1999 <K290.1/74>
・『起源の物語『常陸国風土記』』松崎健一郎著 真昼のうみかぜ社 2009 <K290.1/81>
・『風土記の考古学 1 常陸国風土記の巻』茂木雅博編 同成社 1994 <210.2/166/1>
・『古代史籍の研究 上 -常陸風土記 常陸・水戸の典籍-』(飯田瑞穂著作集2) 飯田瑞穂著 吉川弘文館 2000 <K210.04/20>
→数ある常陸国風土記の諸本(写本)について述べられている。

【常陸国風土記に出てくる地名を調べる】
・『復刊 新編常陸国誌』中山信名修 栗田寛補 宮崎報恩会 1969 <K290.1/13>
・『角川日本地名大辞典 8 茨城県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会編 角川書店 1991 <K290.3/27>
・『茨城県の地名』(日本歴史地名大系 8) 平凡社 1982 <K290.3/3>
・『常陸国風土記と古代地名』鈴木健著 新読書社 2003 <K290.1/86>

※特定の地域についてであれば,市町村史を確認するのもよい。
NDC
日本  (291 8版)
関東地方  (213 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
常陸国風土記(常陸國風土記)
常陸風土記
古風土記
地誌
備考
(Notes)
平成25(2013)年は,『常陸国風土記』編纂の詔が出されてから1300年という節目の年である。
登録番号
(Registration number)
2000022249完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!