このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-049
調べ方作成日
(Creation date)
2018年08月28日登録日時
(Registration date)
2019年01月07日 13時26分更新日時
(Last update)
2019年01月08日 11時19分
調査テーマ
(Title of the search guide)
AYA世代のがんについて知る(埼玉県立久喜図書館 Milestone No.49)
調べ方
(Contents of the search guide)
-AYA世代(15-39歳の思春期・若年成人世代)のがんについて-
 AYA世代は進学や就労、結婚や出産など様々なライフイベントがある世代にも関わらず、患者数が少なく、これまで患者本人や一般的にも情報が不足していると言われていました。そんな中2017年度発表された、国の「第3期がん対策推進基本計画」(2017-22年度の6年間の計画)には初めて「AYA世代」という言葉が盛り込まれ、状況の把握や支援が急務の課題として打ち出されました。
この調べ方案内では、患者さんご自身はもちろん、サポートする方や一般の方にもAYA世代について知っていただくための情報を幅広くご案内します。

1 AYA世代とは?
 AYA世代の「あや」とは、Adolescent and Young Adult(思春期と若年成人)の略です。年齢については、定義によって若干の幅がありますが、がん患者のうちおおむね15-39歳ごろの方が、AYA世代にあたると言われています。
この年代は、小児がんと成人がんの中間に位置します。様々なライフイベント(進学、就職、結婚、出産等)がある世代にも関わらず、全体から見れば患者数が少ないこともあり、患者さん自身だけでなく、一般、医療関係者にも十分な情報があるとは言えない現状があります。

 治療とライフイベントが多数重なり、様々な悩み(治療と学習(or仕事)の両立、恋愛・結婚、出産、お金の問題、治療にともなう外見的な変化への悩み)を抱えているAYA世代。患者さんの状況把握や支援に対し、国が本格的に取り組むべき課題として、AYA世代についての項目が新しい基本計画に盛り込まれました。

コラム(1) 国の「第3期がん対策推進基本計画」
 「がん対策推進基本計画」とは、がん対策基本法(平成18年法律第98号)に基づきがん対策の総合的かつ計画的な推進を図るため、がん対策の基本的方向について定めたものです。
2017年3月閣議決定された国の「第3期がん対策推進基本計画」には、新たな課題として、AYA(あや)世代のがんへの対応が必要であることが盛り込まれました。

参考資料:「がん対策推進基本計画」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000183313.html

2 AYA(あや)世代のがんについて知るための資料資料&情報紹介
(1)図書資料
ここでは、AYA世代のがんについて知るために役立つ図書をご紹介します。AYA世代のがんについてまとまった資料は、まだほとんど出版されていないのが現状です。
ア AYA(あや)世代に関すること
『AYA世代がんサポートガイド 医療従事者が知っておきたい』(「総合的な思春期・若年成人(AYA)世代のがん対策のあり方に関する研究」班編 金原出版 2018)
『小児看護 2015年10月号 小児から成人へAYA世代のがん看護思春期に焦点をあてて』(へるす出版 2015)
イ アピアランスケアに関すること
(注)アピアランスケアとは、治療等にともなうアピアランス(外見)の変化をケアすること
『臨床で活かすがん患者のアピアランスケア』(野澤桂子[ほか]編集 南山堂 2017)
『がん患者に対するアピアランスケアの手引き 2016年版』(国立がん研究センター研究開発費がん患者の外見支援に関するガイドラインの構築に向けた研究班編 金原出版 2016)
『がん看護 2018年5・6月号 患者の悩み・疑問に応えるアピアランスケア』(南江堂)
(注)雑誌『がん看護』で特集が組まれました。
『がん治療中の女性のためのLIFE & Beauty』(さとう桜子著 主婦の友社 2017)
ウ 性に関すること
『がん患者のセックス』(長谷川まり子著 光文社 2010)
エ 妊娠にかんすること
『小児,思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン 2017年版』(日本癌治療学会編 金原出版 2017)
『乳がん患者の妊娠・出産と生殖医療に関する診療の手引き 2017年版』(日本がん・生殖医療学会編 金原出版 2017)
(注)妊孕性(にんようせい):妊娠のしやすさ
オ 乳房再建に関すること
『いのちの乳房 乳がんによる「乳房再建手術」にのぞんだ19人』(荒木経惟写真 赤々舎 2010)
『もっと願いをかなえる乳房再建 自分の幹細胞を用いたCALで実現する柔らかく自然な乳房』(辻直子著 現代書林 2016)
『失敗しない脂肪注入による乳房再建』(志茂彩華[ほか]著 医学と看護社 2017)
カ 闘病記-肺がん
『31歳ガン漂流』(奥山貴宏著 ポプラ社 2003)
『32歳ガン漂流エヴォリューション』(奥山貴宏著 牧野出版 2005)
『33歳ガン漂流ラスト・イグジット』(奥山貴宏著 牧野出版 2005)
『天国の青い蝶を求めて』(山下裕子著 幻冬舎ルネッサンス 2012)
キ 闘病記-胃がん
『末期ガンになったIT社長からの手紙』(藤田憲一著 幻冬舎 2006)
ク 闘病記-乳がん
『余命1ケ月の花嫁』(TBS「イブニング・ファイブ」編 マガジンハウス 2007)
『女子と乳がん』(松さや香著 扶桑社 2017)
ケ 闘病記-子宮頸がん
『子宮会議』(洞口依子著 小学館 2007)
コ 闘病記-白血病
『俺、マジダメかもしれない… 「急性リンパ性白血病」で逝った最愛の息子へ』(高野由美子著 JPS出版局 2010)
サ 闘病記-縦隔腫瘍と白血病
『生きてるだけでなんくるないさ』(玉元栄作著 日本テレビ放送網 2011)
シ 闘病記-骨肉腫
『僕は絶対あきらめない 車いすテニスに夢をかけた22歳の生と死』(竹畠明聡[ほか]著 麗澤大学出版会 2011)
ス 闘病記-脳腫瘍
『ではまた明日』(西田英史著 草思社 1995)
セ 闘病記-肝細胞がん
『ガンに生かされて』(飯島夏樹著 新潮社 2005)
ソ 闘病記-横紋筋肉腫
『明日(あした)もまた生きていこう 十八歳でがん宣告を受けた私』(横山友美佳著 マガジンハウス 2008)

コラム(2)AYA世代がん患者に関する統計について
 2018年5月30日、国立がん研究センターより初めてAYA世代のがんについて種類別の罹患率が発表されました。15-19歳では、0-14歳の小児期に最も多い白血病が同じく1位、20-29歳では胚細胞腫瘍・性腺腫瘍(卵巣がんや精巣がんなど)が1位、30-39歳では女性乳がんが1位で、AYA世代と一口に言っても、年齢層ごとに罹患するがんの種類が変わることや、また年齢が上がるにつれて成人系のがんの割合が増加しているという実態が示されました。統計の詳しい内容については、国立がん研究センターがん情報サービスのウェブサイトで見ることができます。

参考資料:「小児・AYA世代のがん罹患」
https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/child_aya.html  国立がん研究センターがん情報サービス)

(2)新聞記事
 AYA世代について取り上げられた新聞記事の一部をご紹介します。
なお、こちらで紹介した過去の新聞記事は全て久喜図書館で閲覧が可能です。(2018年以外のものは、新聞縮刷版もしくは館内の新聞記事データベースでごらんいただけます。)
「15~39歳がんの割合、種類別に公表 国立がんセンター」『朝日新聞 2018年5月30日 朝刊 3面』
  国立がん研究センターがAYA世代のがんについて発表した、種類別の罹患(りかん)率に関する記事。発表の内容については、コラム(2)で紹介しています。
「がんとともに AYA世代 これからのこと、一緒に」『朝日新聞 2018年2月4日 朝刊 1面』
  23歳の時に胃がんの告知を受け、治療後にご結婚された松井和奈さん(31)の記事。
「がんとともに AYA世代 本音を語り、本音を引き出す」『朝日新聞 2018年1月31日 朝刊 1面』
  25歳で胚細胞腫瘍の治療を受け、がん経験者と対談するネット上の番組「がんノート」を4年前から続ける岸田徹さん(30)の記事。
「がんとともに AYA世代 夢よ再び、「もう逃げない」」『朝日新聞 2018年1月28日 朝刊 1面』
  21歳で腰部のユーイング肉腫が発覚。バイオリニストを目指し、猛練習を重ねる背古(せこ)菜々美さん(24)の記事。
「がんとともに AYA世代 向き合い挑む「強いんだ」」『朝日新聞 2018年1月26日 朝刊 1面』
  2014年悪性の軟部腫瘍と診断され、左足ふくらはぎの筋肉の一部を切除。退院後、がん関連や臨床試験などの情報を提供する企業でご活躍する鳥井大吾さん(28)の記事。
「がんとともに AYA世代 未来へ、この子がいるから」『朝日新聞 2018年1月21日 朝刊 1面』
  出産予定日を1カ月後に控えて乳がんが発覚。出産後に手術に臨み、治療と育児を両立しながら職場復帰を目指す古川愛さん(33)の記事。
「(がん新時代:86)若さゆえの悩み、どう支援 進学は、仕事は、結婚は 」『朝日新聞 2017年3月19日 朝刊 34面』
「患者を生きる:3014 がん 20歳の試練:5 情報編 広がるAYA(あや)世代の支援」『朝日新聞 2016年3月19日 朝刊 35面』
「若くしてがん、寄り添う 15~29歳のAYA(あや)世代を支える活動」『朝日新聞 2012年6月22日 朝刊 28面』

(3)インターネット情報
 AYA世代に関する情報を得るために役立つウェブサイトをご紹介します。
《国立がん研究センター東病院》( https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html  国立がん研究センター 東病院)
 小児腫瘍科の案内ページに、「思春期・若年成人(AYA世代)に発症するがん診療」のページあり。AYA世代の現状や病院のサポート体制について詳しくまとめられている。
《一般社団法人 AYAがんの医療と支援のあり方研究会》(AYA研)( http://aya-ken.jp/  一般社団法人AYAがんの医療と支援のあり方研究会)
 思春期・若年成人がん領域における医療と支援の向上に寄与することを目的として、医療者、研究者、患者、家族などが協働して活動する研究会のウェブサイト。
《AYA Life》( https://aya-life.jp/index.html  中外製薬)
 体験談、様々な不安や悩みを専門家が一緒に考えるページ、AYA世代支援・関連団体紹介など、AYA世代に関する情報が充実したウェブサイト。
《がん情報サービス》( https://ganjoho.jp/public/   国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター)
一般向け、医療関係者向けに、各種がんの解説、予防・検診方法、標準治療など様々な情報を提供しており、妊孕性(にんようせい)に関するページもあり。医療機関や、相談支援センター(無料の相談窓口)などの検索もできる。
《がん情報サイト》「オンコロ」( https://oncolo.jp/  がんと・ひとを・つなぐオンコロ)
 株式会社クリニカル・トライアルが運営するウェブサイト。治験・臨床試験を中心とする、がん医療情報を患者さん・ご家族・またがん医療に関わる方々に対し発信をしている。
《特定非営利活動法人 日本がん・生殖医療学会 がん治療と妊娠》( http://j-sfp.org/  特定非営利活動法人日本がん・生殖医療学会)
 がん患者の妊孕性(にんようせい)に関する情報が充実したウェブサイト。
《国立がん研究センターアピアランス支援センター》( https://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/appearance/  国立研究開発法人 国立がん研究センター 中央病院)
 国立がん研究センター中央病院にあるアピアランス支援センターの紹介ページ。アピアランス支援センターでは、がんやがん治療による外見の変化に関する悩みを抱えた患者さんの相談に応じている。
《がんノート》( http://gannote.com/   gannote.com)
 がん経験者によるがん患者のためのインタビューWeb番組「がんノート」。患者のリアルな情報を発信している。

コラム(3)最新情報はデータベースで!
 医療情報は日進月歩。久喜図書館で提供しているデータベースを使えば、最新の治療や研究成果について書かれた医学論文を簡単に探すことができます。調べられる論文情報は日々更新されるため、新しい情報を探すには大変便利です。
 司書による代行検索、調べ方のご案内も常時しておりますので、ぜひお気軽にご利用ください。
 医療情報を調べるには、下記の3つのデータベースが便利。ご利用の際には、図書館カード、もしくはご住所の確認できるもの(免許書等)をお持ちください。
《JDreamⅢ》(ジー・サーチ)
科学技術や医学・薬学関係の国内外の文献情報を調べることができる
《医中誌Web》(医学中央雑誌刊行会)
医学・歯学・薬学・看護学関係の国内の情報が検索できる
《最新看護索引Web》(医学中央雑誌刊行会)
看護学関連の論文情報が検索できる。
上記のデータベースは、「どのような論文がどの雑誌に掲載されているか」を調べるものです。記事本文をデータベースから見ることはできませんが、一部全文リンクがあるものがあります。

「医中誌Web」でAYA世代について書かれた論文を探してみると、以下のような論文の存在を知ることができます。

福田みわほか著「AYA世代がん患者支援の現状と課題」(『昭和薬科大学紀要(人文・社会・自然)52号』 p25-38 昭和薬科大学 2018.2)( https://shoyaku.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=80&item_no=1&page_id=13&block_id=21
山本将平ほか著「思春期・若年成人(AYA)世代がんに対する取り組みと今後の課題」(『昭和学士会雑誌77巻3号』 p298-301 昭和薬科大学 2017.6)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshowaunivsoc/77/3/77_298/_pdf/-char/ja

3 AYA世代がん患者会・支援体制の紹介
オレンジティ( http://o-tea.org/wp-content/uploads/2017/08/AYA2017-2.pdf
 静岡と東京で女性の若年性のがん体験者のためのおしゃべりルーム(オレンジブロッサムCafe)を開いている。(東京は婦人科がん限定)
若年がん患者会 ローズマリー( http://rosemaryjp.net/ )神奈川県
 16歳から40歳までにがんを発症した経験者のための会。
STAND UP!!( http://standupdreams.com/ )東京都
 35歳までにがんにかかった若年性がん患者による、若年性がん患者のための団体。
Pink Ring ( http://www.pinkring.info/ )東京都
 20代、30代で乳がんを経験した若年性乳がん体験者をサポートするがん患者支援団体。

4 久喜図書館 健康・医療情報コーナーのご案内
健康・医療に関する図書約8800冊!
資料リスト、患者会案内ほか各種パンフレットをご用意!
医療関係雑誌 約60種!
医療関連論文が探せるオンラインデータベース「JDreamⅢ」「医中誌Web」「最新看護索引Web」も使える!

「健康・医療情報コーナー」に常設!がん情報コーナー
 がんの基礎知識などの全般的な情報から、各種がんまでの図書約500冊を集めたコーナーです。相談窓口や専門機関から入手した、がん治療に関するパンフレット類も豊富に取り揃え、これからがんのことを知りたいという方や、治療中の方、そのご家族をサポートします。相談窓口や専門機関から入手した、がん治療に関するパンフレット類やがん患者会・支援団体の情報もご提供しています。
NDC
基礎医学  (491 9版)
外科学  (494 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
闘病・看病
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000026092完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!