このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
香調-935
調べ方作成日
(Creation date)
2013年04月03日登録日時
(Registration date)
2013年04月03日 14時52分更新日時
(Last update)
2015年04月23日 10時29分
調査テーマ
(Title of the search guide)
「ヘタウマ(ヘタうま)」に関する資料
調べ方
(Contents of the search guide)
例えば、次の所蔵あり。

(図書)

・ヘタウマ文化論 岩波新書 山藤章二/著 岩波書店 2013.2 361.5

・絵本book end 2009 特集:絵本表現の未来を切り開く10人 絵本学会機関誌編集委員会/編 絵本学会 2009.6 726.5
  ※絵本評論 『はしれ、きかんしゃちからあし』ヘタウマ時代の絵本現象の中にいて「ちからあし」の二人の作者は、どのように自分たちが自分たちであろうとしたか / 中川正文著

・マンガ入門 表現したい人のための しりあがり寿/著 講談社 2006.7 (講談社現代新書 1847)
  ※p.19-20「ヘタウマとコンピュータ」、p.119-122「ヘタウマとの出会い」

・湯村輝彦ヒットパレード 湯村輝彦/〔著〕 美術出版社 1981.7

(雑誌)

“本誌の奥座敷”山藤章二 “顔面模写の帝王”南伸坊 ヘタウマは日本の文化だ!
山藤 章二. 南 伸坊
週刊朝日., 118(12)=5184:2013.3.22

ヘタウマ写真家のまなざし
増田 玲
特集 ベン・シャーン 「世直し画家」の真実
芸術新潮., 63(1)=745:2012.1

ヘタうま
都築 潤
日本イラストレーション史--語られてこなかった、もうひとつの「美術史」がここにある ; メディアにのって、大量のイメージがあふれ出す
美術手帖., 62(932) 2010.1

音楽 "ジャンルレス""ミスマッチ""ヘタウマ" J-POPは超おもしろい!
Marty Friedman
特集 総予測 2009--次に何が起きる? ; 消費・流行・文化
週刊ダイヤモンド / ダイヤモンド社 [編]., 97(1) (通号 4259) 2008・09.12・1.27・3

展覧会 ボロボロ ドロドロ展--日米ヘタうま&Undergroundサミット
白坂 ゆり
美術手帖., 59(890) 2007.1

「ピカソはヘタうま,左手で描いた?」
赤瀬川 原平. 森村 泰昌
現代., 32(8) 1998.08

ヘタウマからウマウマ,ヘタヘタ建築まで(国内建築ノート)
グルッポ・スペッキオ 編
SD : Space design : スペースデザイン., (通号 223) 1983.04

(関連情報)

・朝日新聞 1986年07月14日 朝刊
  素人全盛のへたうま時代(天声人語)
NDC
社会学  (361)
漫画.挿絵.児童画  (726)
家族問題.男性.女性問題.老人問題  (367)
参考資料
(Reference materials)
山藤章二 著. ヘタウマ文化論. 岩波書店, 2013. (岩波新書 新赤版 ; 1415)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I024241147-00 , ISBN 9784004314158
湯村, 輝彦, 1942-. 湯村輝彦ヒットパレード. 美術出版社, 1981.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001521157-00
キーワード
(Keywords)
文化
絵本
日本--文化
写真
イラストレーション
建築
青少年
カット(図案)
略画
備考
(Notes)
当館に所蔵はないが、高松市立中央図書館に次の所蔵を確認。

・ヘタウマ世代 : 長体ヘタウマ文字と90年代若者論 アクロス編集室 編.PARCO出版,1994.8.別冊アクロス. 時代を読むシリーズ ; 2
・ヘタうま大全集 : 決定版 : 7日間の短期集中プログラムで確実にヘタくそになるテリー・ジョンスン 監修.ブルース・インターアクションズ,
2005.5
  ※誠文堂新光社1986年刊「ヘタうま略画・図案辞典」を大幅に加筆し、再構成。
登録番号
(Registration number)
2000022132完成/未完成
(Complete / Incomplete)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!