このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000002601
提供館
(Library)
厚木市立中央図書館 (2310163)管理番号
(Control number)
厚木-調-0017
調べ方作成日
(Creation date)
2010年03月12日登録日時
(Registration date)
2007年09月26日 15時23分更新日時
(Last update)
2010年03月18日 16時23分
調査テーマ
(Title of the search guide)
神奈川県厚木市と厚木駅(海老名市)や厚木基地(綾瀬市・海老名市・大和市)との関係について
調べ方
(Contents of the search guide)
神奈川県の厚木駅(海老名市)や厚木基地(綾瀬市・海老名市・大和市)は、厚木市内にはないのに「厚木」の名前がついています。
関係する資料を紹介します。

1 厚木駅について
・『本厚木駅と厚木駅 -小田急、相鉄、相模線とあつぎ-』厚木市郷土資料館編,厚木市教育委員会,2008
・『小田急よもやま話 上』加藤一雄著,多摩川新聞社,1993,p281~283
・『JR相模線物語 相模鉄道がルーツ、砂利鉄と呼ばれ80年』サトウマコト著,230クラブ,2000,p69~73
・『相鉄線物語』サトウマコト編著,230クラブ新聞社,1997,p104~110
・『小田急線沿線の1世紀』生方良雄監修,世界文化社,2009,p102~103「厚木」
 (写真あり。小田急線:昭和2年開通時の駅名は「河原口駅」。昭和19年 に「厚木駅」となる。神中鉄道(現・相鉄線)と相模鉄道(現・JR相模線)の駅名も当初は「厚木駅」であった。)
・『小田急の駅今昔・昭和の面影 昭和とともに生きた72駅紹介』生方良雄著,JTBパブリッシング,2009,p104~105(写真あり)
・『神奈川県央公論 第6号』神奈川県央公論社編,神奈川県央公論社,1967,p32~33「厚木にない厚木駅名由来記」

・厚木市ホームページ
「厚木駅」の駅名変更について
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/shisei/kouhou/kaitou/road/p001207.html   

・厚木市郷土資料館NEWS
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kosodatekyoiku/bunkazai/tsutaeru/news/p004798.html  
厚木駅が厚木市にない理由(2008年9月号No.115)  
「東厚木」とはどこでしょう?(2008年10月号No.116)
  

・新聞記事等
 神奈川新聞,2009年1月4日 「なぜ海老名に厚木駅?」
 市民かわら版,2002年2月15日 「今昔あつぎの花街 No.26 自動車路線の発達と神中線・小田急線の開通」飯田孝著
  (市民かわら版社のホームページにも記載あり。)


2 厚木基地
「江戸地代から宿場町として栄えていた厚木の方が知名度があったため」とか「基地の所在をカモフラージュするため」などの理由が考えられるようです。
・『神奈川県の不思議事典』小市和雄〔ほか〕編,新人物往来社,2001,p177
・『厚木の伝承と地名』北村精一著,タウンニュース社,1999,p219
・『相鉄線物語』サトウマコト編著,230クラブ新聞社,1997,p28
・『大和市と厚木基地』企画渉外部基地対策課編,大和市役所,2002,p4「厚木基地の沿革と概要」

厚木基地については、綾瀬市・大和市・座間市等のホームページにも記載があります。
NDC
鉄道運輸  (686 8版)
軍事施設.軍需品  (395 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
厚木市(神奈川県)
厚木駅
厚木基地
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000002601完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!