このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
清教学園中・高等学校 学校図書館リブラリア (5100011)管理番号
(Control number)
2
調べ方作成日
(Creation date)
2015年02月07日登録日時
(Registration date)
2015年12月03日 10時51分更新日時
(Last update)
2016年01月22日 18時07分
調査テーマ
(Title of the search guide)
ライブなどでの「ノリ」は、どんなふうに発生するのか?
調べ方
(Contents of the search guide)
参考図書(事典・辞書):定義を調べるために
小川博司『音楽する社会』,勁草書房,2007年,分類761
三井徹監修『ポピュラー音楽とアカデミズム』,音楽之友社,2005年,分類761

書籍:はじめに読んでみたい本・役立つ本
宮入恭平/佐藤生身「ライブシーンよ、どこへ行く ライブカルチャーとポピュラー音楽」,青弓社,2011年,分類768
山口哲一・松本拓也・殿木達郎・高野修平『ソーシャル時代に音楽を“売る”7つの戦略 “音楽人”が切り拓く新世紀音楽ビジネス』,リットーミュージック,2012年,分類761

官公庁・団体・企業・博物館など(Webサイト)
 ライブ・ビューイング・ジャパン『ライブ・エンタテインメントをその先へ。』(企業用パンフレット),2013年

制作者の論文(本校生徒による論文のため、著者名を伏せています)
「『ノリ』はいかにして生産・消費されるのか:ライブパフォーマンスの形態を比較して」,清教学園高等学校,2014年,分類764.7

制作者のコメント
 「現象」を表現することは難しい。しかし、学術的見解が現象に少しずつ当てはまっていくのは非常に興味深い。可能性が未知数である「ノリ」現象は、日本の音楽業界の新たな分岐点として認識する必要がある。
清教パスファインダー2015ノリ

清教学園の高校生によるパスファインダーです。調べ学習テーマ「ノリ」についての参考資料、チャート図を記載しています。
NDC
広告.宣伝  (674)
参考資料
(Reference materials)

卒論要旨

清教学園高等学校生徒による論文「『ノリ』はいかにして生産・消費されるのか:ライブパフォーマンスの形態を比較して」の要旨です。
キーワード
(Keywords)
ノリ
雰囲気
ライブ
フリ
コール
備考
(Notes)
清教学園の卒業論文『タラントン』では、高校3年生がこれから調べ学習をする後輩に向けて「清教パスファインダー」を作っています。このレファレンス事例は「清教パスファインダー」において、生徒本人が自ら調べ記述したものを転載しています。「調べ方」には生徒が描いたチャート図を、「参考資料」には実際に生徒が書いた卒論の要旨もアップロードしていますので、あわせてご覧ください。
登録番号
(Registration number)
2000023549完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!