このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
大阪府立中之島図書館 (2120002)管理番号
(Control number)
中図調-0027
調べ方作成日
(Creation date)
2010年09月14日登録日時
(Registration date)
2011年05月14日 15時42分更新日時
(Last update)
2011年05月14日 15時42分
調査テーマ
(Title of the search guide)
官庁統計を使って調べる<製造業編>
調べ方
(Contents of the search guide)
官庁統計を使って調べる<製造業編>

1. 官庁統計とは
2.官庁統計をさらに理解するには
3.工業統計調査
4.生産動態統計調査
5.製造業の官庁統計に関するQ&A


1. 官庁統計とは
官庁統計は、国や地方公共団体等が行政施策推進の指標とするために作成する統計です。 (1)体系的に整備されている、(2)定期的に実施されているため時系列データがとれる、 (3)大規模に実施される調査のため、客観性・信頼性が高いことが特徴です。 また、ほとんどの統計情報がインターネットで公開されています。 調査項目が多く複雑なため、手を出しにくいと感じるかもしれませんが、 上手に活用すればビジネス調査の用途でも大変有用な資料です。


2. 官庁統計をさらに理解するには
膨大な統計資料の中から必要な統計を探すのは大変困難な作業です。目的の統計がどこにあるのか特定するために役立つガイドブックおよび、サイトをいくつか紹介します。

■ 『統計調査総覧』 全国統計協会連合会 年刊 中・央351‐3N
「国(府省等)編」と「地方公共団体(都道府県・市)編」の2冊があります。表題の年次を含む過去5年間に国や地方公共団体等が実施した統計調査のうち、指定統計および、総務省で承認又は届出を受理したものを分野別に掲載しています。統計調査名、実施機関、目的、沿革、集計と公表、調査対象、調査方法、周期・期日、調査事項がまとめられています。巻末に府省別・都道府県別索引と統計調査名五十音順の索引があります。

■ 『官庁統計徹底活用ガイド』 生活情報センター 中350.3‐18N
官庁統計は行政施策のために作成されていることもあって、誰にでも読みやすく編集されているわけではありません。用語の意味、表自体の構成、統計相互の関係などを知らないと数字を読み違える恐れもあります。このガイドは、実務に活用する上での注意点を中心にした解説やQ&Aと、それに密着した図表で構成されています。図表から読み取れることを生の数字をあげながら具体的な読み方例として紹介していますので、統計の学習材料としても使えるガイド
となっています。分野別に編集されており、巻末に事項索引があります。

■ 『統計情報インデックス』 日本統計協会 年刊 中・央351‐6N
「統計を探すためにその『所在源』に関する情報を編成したもの」で、官庁統計のほか民間統計も掲載されています。(1)刊行物の書名や項目などから抽出したキーワードから調べる「キーワード索引」、(2)編集機関ごとに、発行年月や収録内容などの情報を掲載した「書誌情報」、(3)編集機関・刊行物別の収録統計表題を掲載した「統計表題一覧」、(4)編集機関ごとの刊行物の書名を調べる「編集機関別書名索引」で構成されています。

● 総務省統計図書館 総務省統計局 [Web]  http://www.stat.go.jp/training/toshokan/4.htm
統計図書館は、総務省統計局内にある統計専門の図書館です。官庁や民間の統計関係資料や諸外国の統計書など多くの統計資料を所蔵しており、それらの書誌情報をデータベース化しています。メールによる統計相談もできます。「統計データFAQ」では分野・項目からQ&A方式で、データの見方やその入手先を調べることができるようになっています。

● 政府統計公表・提供状況(府省別) 総務省統計局 [Web]  http://www.stat.go.jp/data/guide/5.htm
国が実施する統計調査について、どこ(各府省)が、いつ、どのような媒体で公表又は提供した(する予定)か、どこに問い合わせればよいか等について府省ごとに一覧されています。

● 大阪府の統計情報(大阪府) [Web]  http://www.pref.osaka.jp/toukei/top/
大阪府のホームページで官庁統計の大阪府分の速報を公表しています。
(例えば、「特定サービス産業実態調査 大阪府結果」の平成19年速報をExcelファイルで提供。)
また、大阪府では平成14年度以降に発行する統計報告書・刊行物などについてもPDFによる提供をしており、大阪府分を閲覧することができます。

必要な統計のありかがわかったら、その統計書の概要を読んでみてください。調査の沿革、調査の項目、用語の定義などが書かれていて、これがデータの読み違いを防ぐ手立てとなるはずです。

次に、製造業の業種別動向や品目ごとの出荷額などを調査するための基本的な統計である『工業統計調査』と『生産動態統計調査』を紹介していきます。


3.工業統計調査
■ 『工業統計表』(経済産業省経済産業政策局調査統計部) 中・央505.9‐4N

■ 『工業統計調査 産業細分類別統計表』(経済産業省経済産業政策局調査統計部) 中・央505.9‐15N
日本全国の製造業の事業所を対象としており、事業所数、従業者数、製造品出荷額、原材料使用額などについて調査しています。1909年以前に実施されていた「物産調査」を引き継いだもので、80年間ほぼ毎年調査が実施されています。
国内工業の実態を明らかにすることを目的として実施されており、「製造業の国勢調査」といわれる調査です。

調査名称 工業統計調査
調査開始年 明治42年(1909)
(第2回調査は大正8年(1919)。以後戦災で集計不可能だった昭和18・19年(1943・44)を除き、毎年調査を実施。)
最新の調査 平成20年(2008)
調査周期 毎年
調査対象 日本標準産業分類「大分類E-製造業」に属する全国の事業所。
抽出方法 西暦末尾に0、3、5、8が付く年:全数調査
上記以外は従業者4人以上の事業所:すそ切り調査(推計による全事業の所統計を掲載)
但し、革関連製品、陶磁器及び洋食器刃物製造業など特定業種は全数調査。
「企業統計編」では、事業所統計は毎年従業員4人以上、企業統計は従業員20人以上。

【『工業統計表』の構成】
産業編  全事業所について、日本標準産業分類に基づき、主たる製造活動によって産業格付けし、産業別に集計したもの。産業別の事業所数、従業者数、原材料使用額、製造品出荷額等がわかる。
品目編  全事業所について、それぞれの事業所の製造品及び加工品を品目別に集計したもの。過去5年分の出荷額・出荷量、産出事業所数等がわかる。都道府県別、産業別の数値もある。
市区町村編  従業者4人以上の事業所について、主要な調査項目を市区町村別に集計したもの。事業所数、従業者数、現金給与総額、原材料使用額等、製造品出荷額等、粗付加価値額、有形固定資産年末現在高(従業員30人以上)がわかる。
工業地区編  地域ごとの産業立地の特性を明らかにするため、従業員4人以上の事業所について、主要な調査項目を都道府県別、工業地区別に集計し、事業所数、従業者数、製造品出荷額等、現金給与総額、付加価値額等がわかる。
用地・用水編  従業員30人以上の事業所について、工業用地、工業用水について産業別、地域別、従業員規模別に集計したもの。事業所数等主要な調査項目のほか事業所敷地・建築面積や水源別工業用水量、用途別工業用水量がわかる。
企業統計編  従業員4人以上の事業所について、事業所単位の調査結果を企業単位に組み替え、産業別、従業者規模別、経営組織別、資本金階層別に集計したもの。企業数、従業者数、粗付加価値額等がわかる。

産業細分類別 工業統計調査の産業細分類別主要項目について、経済産業局別、都道府県別に集計したもの。事業所数、従業者数、現金給与総額、原材料使用額等、製造品出荷額等、生産額、付加価値額、有形固定資産総額がわかる。

(参考)「産業編」と「品目編」の違い
「産業編」:調査対象の事業所が製造している製品のうち、最も額の大きいもので事業所を分類して集計。
「品目編」:産業分類には関係なく、調査票に記入された全製品について品目別に集計。
業種別の動向を調べるなら産業編を、産業にかかわらず品目そのものの出荷数などを知りたい場合は、品目編をみてみましょう。

● 工業統計(経済産業省) [Web]  http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/result-2.html
速報・概要版・確報が閲覧できます。


4.生産動態統計調査 
「生産動態統計調査」とは・・・
月々の生産数などを調査することで鉱工業生産の動態を明らかにし、鉱工業に関する施策の基礎資料を得ること、またそれをもとに工業指数を作成することなどを目的として、「鉱産物及び工業品」を生産する事業者を対象に、経済産業省が毎月実施している調査です。同じく経済産業省が実施する工業統調査が「製造業の国勢調査」と呼ばれていますが、ある時点間の労働者数や製品の増減を調査することから、生産動態統計は、国勢調査に対する人口動態統計と同じ性格の調査といえます。「機械統計」、「化学工業統計」、「窯業・建材統計」、「繊維・生活用品統計」「紙・印刷・プラスチック・ゴム製品統計」、「鉄鋼・非鉄金属・金属製品統計」、「資源・エネルギー統計」の7種類の統計があります。

調査開始年 昭和23年(1948)1月
調査周期 毎月
抽出方法 標本調査

どの統計年報も、巻頭には統計から読み取れる概況と指数が掲載されています。

■ 『機械統計年報』(経済産業省経済産業政策局調査統計部) 中・央530.9‐2N
機械器具(機器)に関する統計です。"機械"というと、産業機械のような業務用の大型のものや電子部品などを想像しがちですが、家電製品から航空機まで幅広く網羅している調査です。「航空機」・「武器」に関しては、全事業所を対象とした調査ですが、それ以外は常用従業者の人数(10人以上~50人以上)によって、品目ごとに調査対象となる事業所が変わります。「生産・出荷・在庫統計」では、品目ごとに生産量、受入量、消費量、出荷量、在庫量が過去5年分掲載されています。最新1年分は、四半期と月ごとのデータもあります。巻末に生産品目〔分類〕別・五十音順の索引があります。

● 機械統計 経済産業省 [Web]  http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/03_kikai.html
速報・確報・年報が閲覧できます。

―こんな品目があります―
ボイラやクレーンなど、いわゆる「産業機械」のほかにも、一般の会社や店舗で使用する複写機やレジ(事務用機械)、たばこや切符の自動販売機、エアコン(冷凍機及び冷凍応用製品)、また、一般家庭で使用する電子レンジやジャーポット、洗濯機(民生用電気機械器具)、テレビやデジタルカメラ(民生用電子機械器具)、携帯電話やインターホン(通信機械器具及び無線応用装置)も含まれます。近年話題の発光ダイオード(電子管、半導体素子及び集積回路)やリチウム電池、ハイブリッド車などもあります。珍しいところでは航空機、銃や戦闘車両(武器)(※武器に関しては、生産量・金額と修理金額)。自動車や航空機などは総体とは別に部品ごとの調査もされています。機械器具全体に関する統計のため、車いすや自転車などは電動のものだけではなく、手動のもののデータもわかります。

■ 『化学工業統計年報』(経済産業省経済産業政策局調査統計部) 中・央570.5‐2N
化学工業品に関する統計です。原料を化学反応によって加工してできた製品が対象ですので、高圧ガス、石油化学製品などから、化粧品といった日用品まで幅広い品目を調査しています。調査対象は、従業者15名以上の事業所を対象とした「石灰及び軽質炭酸カルシウム」、同じく10名以上対象の「油脂製品、石けん・合成洗剤等及び界面活性剤」「塗料及び印刷インキ」、企業(委託先企業を含む)全体の常用従業者30名以上の企業対象の「化粧品」の4品目以外は全生産事業所を対象としています。「生産・出荷・在庫統計」は単年表と時系列表があり、時系列表では品目ごとに生産量、受入量、消費量、出荷量、在庫量が過去5年分掲載されています。最新1年分は、四半期と月ごとのデータもあります。巻末に化粧品生産金額、生産能力・原材料・労務統計、生産品目別・五十音順の索引があります。

● 化学工業統計 経済産業省 [Web]  http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/02_kagaku.html
速報・確報・年報が閲覧できます。

―こんな品目があります―
塩化ビニル樹脂(プラスチック)、エチレン(有機薬品)、写真フィルム(写真感光材料)、マニキュア(ここではつめ化粧料)やヘアスプレー、化粧水、シャンプー(化粧品)、クレンザー等の台所用洗剤や洗濯用洗剤(油脂製品、石けん・合成洗剤等及び界面活性剤)など。使用用途(例えば化粧品なら頭髪用・皮膚用・仕上用)や形態(液体、固体など)で詳細に区分されている品目もあります。

■ 『窯業・建材統計年報』(経済産業省経済産業政策局調査統計部) 中・央573‐4N
窯業・建材製品に関する統計です。窯業製品は非金属原料を高熱処理して作った製品のことで、セラミック、ガラス、セメントや、それらを加工した製品である食器などもこの統計に含まれます。「板ガラス・安全ガラス・複層ガラス及びガラス繊維」「セメント」「耐火れんが・不定型耐火物」「炭素製品・研削砥石」「ボード・パネル」は全事業所対象の調査ですが、それ以外は常用従業者の人数(5人以上~30人以上)によって、品目ごとに調査対象となる事業所が変わります。「生産・出荷・在庫統計」の時系列表では、品目ごとに生産量、受入量、消費量、出荷量、在庫量が過去5年分および最新1年分は四半期と月ごとのデータがあります。単年表もあります。巻末には、原材料・燃料・電力消費統計、生産能力統計、労務統計も掲載されています。

● 窯業・建材統計 経済産業省 [Web]  http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/04_yogyo.html
速報・確報・年報が閲覧できます。
―こんな品目があります―
安全ガラスや酒・ジュース・化粧品などのガラス容器(ガラス・同製品)、陶器の玩具・置物、和洋の食器や水洗式トイレの便器(陶磁器)、ファインセラミックス、耐火レンガや炭素繊維、せっこうボード(その他の窯業・土石製品)など。ガラス容器は、飲料用・食料用・化粧品用・薬用など、建材も内装用・外装用やビル用・木造住宅用など、用途別になっている品目もあります。

■ 『紙・印刷・プラスチック・ゴム製品統計年報』 経済産業省経済産業政策局調査統計部 中・央585‐56N
パルプ、紙、板紙、段ボール、印刷、プラスチック製品及びゴム製品に関する統計です。「パルプ」・「紙」・「板紙」については全事業所を対象とした調査ですが、それ以外は常用従業者の人数(5人以上~100人以上)によって、品目ごとに調査対象となる事業所が変わります。巻末に参考資料として、品目分類があり、何の製品がどの項目に含まれるか確認できます。
紙・パルプ統計 製品統計・原材料統計・生産能力統計に分かれており、「パルプ」「紙」「板紙」「段ボール」という大きな枠組みをさらに細かい品目に分け、生産量、出荷量、在庫量などがわかる。時系列表では、品目別の過去5年間の年間数値と、最新年の月別、四半期別数値がわかる。労務統計もあり。
印刷統計 製品統計は製品別(事務用印刷、包装印刷等)と印刷方式別(活版印刷、オフセット印刷等)にそれぞれ内訳された生産金額がわかる。時系列表では、製品別・印刷方式別の過去5年間の年間数値と、最新年の月別、四半期別数値がわかる。労務統計もあり。
プラスチック製品統計 製品統計と原材料統計に分かれており、品目別の生産量、受入量、消費量、出荷量(数量・金額)、在庫量がわかる。時系列表では、品目別の過去5年間の年間数値と、最新年の月別、四半期別数値がわかる。労務統計もあり。
ゴム製品統計 製品統計・原材料統計に分かれており、品目別の生産量、受入量、出荷量(数量・金額)、在庫量がわかる。時系列表では、品目別の過去5年間の年間数値と、最新年の月別、四半期別数値がわかる。自動車用タイヤに関してのみ生産能力統計あり。労務統計もあり。再生ゴムはゴム製品計とは別に計上。

● 紙・印刷・プラスチック・ゴム製品統計 経済産業省 [Web]  http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/06_kami.html
速報・確報・年報が閲覧できます。

―こんな品目があります―
「紙・パルプ統計」では、複写原紙、情報記録紙、包装用紙など用途別のデータがわかります。ティッシュペーパー、トイレットペーパー(衛生用紙)もこの統計。板紙も外装用、内装用などに分かれています。「印刷統計」では、ポスター、カタログなどの商業印刷、壁紙や化粧材などの建装材印刷、食品や日用品の包装印刷など。「プラスチック製品統計」では、合成皮革、各種機械の部品、調味料や化粧品の容器(中空成形容器)、散水用のホース、CD、DVDなど記録用ディスク(ディスクレコード)、浴槽・浄化槽など。「ゴム製品統計」では、自動車用タイヤについては乗用車用、二輪自動車用など使用用途別のデータがわかります。地下足袋や漁業・農業用の特殊長靴(ゴム製履物)、ケミカルシューズやサンダルなど、靴底にゴム及びプラスチックを使用した靴(プラスチック製履物)、ゴムホース、ゴムベルト、その他手術用器具など医療・衛生用品、競技用のボールなど運動競技用といったゴム製品があります。

■ 『繊維・生活用品統計年報』 経済産業省経済産業政策局調査統計部  中・央586‐87N
繊維工業品と生活用品に関する統計です。ピアノなど一般に"生活用品"という言葉のイメージからは思いつきにくいものも調査されています。調査対象は、常用従業者数10人以上から50人以上と品目によってばらばらで全事業所対象の品目はありません。また、従業者数だけではなく、「2以上の事業所を有する企業」、「経済産業大臣の指定した事業所」などの条件が加わる品目もあります。「生産・出荷・在庫統計」では、品目ごとに生産量、受入量、消費量、出荷量、在庫量が過去5年分掲載されています。最新1年分は、四半期と月ごとのデータもあります。また「原材料費・在庫統計」では原材料ごとに過去5年分、最新1年分は四半期と月ごとの消費量・在庫量が掲載されています。

● 繊維・生活用品統計 経済産業省 [Web]  http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/05_seni.html
速報・確報・年報が閲覧できます。

―こんな品目があります―
繊維製品ではいわゆるアクリルやポリエステルなどの化学繊維、麻糸や毛糸など紡績糸、毛織物・タオルなど織物、ニット・衣服縫製品は、上衣や下着など使用用途で生産内訳されています。布団、レース、魚網など繊維製品の二次製品もある。生活用品では、ピアノ(電子ピアノ)などの楽器、ペン、絵の具、修正液など文具、玩具類、革靴などの革製品、木製家具や事務用机などのオフィス家具(金属製家具)などもこの統計に含まれます。金属製家具では、流し台・ガス台・調理台それぞれとは別に、それらを統合したシステムキッチンとしても調査されています。

■ 『鉄鋼・非鉄金属・金属製品統計年報』 経済産業省経済産業政策局調査統計部  中・央564‐967N
鉄鋼、非鉄金属(銅や鉛など、鉄鋼材料以外の金属)及び金属製品に関する統計で、調査対象は鉄鋼、アルミニウム、非鉄金属製品(電線・ケーブルを除く)、光ファイバ製品は全ての全事業所対象の調査ですが、それ以外は常用従業者の人数(20人以上~50人以上)によって、品目ごとに調査対象となる事業所が変わります。内容は、「鉄鋼編」・「非鉄金属編」・「金属製品編」に分かれており、それぞれ概況・業種別動向、統計の時系列表、単年表が掲載されています。時系列表では品目別の生産量・受入量・消費量・出荷量・在庫量が過去5年分掲載、最新1年分については四半期と月ごとのデータもあります。また、原材料、生産能力に関する統計、従業者数がわかる労務統計もあります。単年表は品目によって調査事項が違います。巻末に参考統計として「鉄鋼需
給統計」「鉄鋼生産内訳統計」「非鉄金属需給統計」「レアメタル統計」「金属加工統計」を掲載。

● 鉄鋼・非鉄金属・金属製品統計 経済産業省 [Web]  http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/seidou/result/ichiran/01_tekko.html
速報・確報・年報が閲覧できます。

―こんな品目があります―
「鉄鋼編」では、銑鉄、フェロアロイ(合金鉄)等のほか、金網、鉄くぎ、ドラム缶、食缶等の鉄鋼加工製品。各種鋼は棒材・管材・線材等形状別と鋼種別のデータがあります。「非鉄金属編」では、金、銀、銅、亜鉛、アルミニウム等非鉄金属製品各種、光ファイバケーブル等光ファイバ製品、シリコンウェハ、はんだなど。飲料用缶(軽金属板製品)もこの統計。「金属製品編」では、橋りょうや水門等の鉄構物、ばね各種、バルブやコック、ドライバ、レンチ・スパナなどの作業工具、ガスオーブン、ガス炊飯器、石油ストーブなどのガス・石油機器、ダイカストなど。

官庁統計にはほかにも、社会情勢の変化に応じて実施された様々な調査があります。ガイドブックを参考に、より詳細なデータがわかる調査がないか調べて、それにもチャレンジしてみてください。


5.製造業の官庁統計に関するQ&A
Q1 『工業統計調査』と総務省の『事業所・企業統計調査』の違いは?
A1 『工業統計調査』は、
産業分類大分類で「製造業」に分類された事業所(事業所取扱高のうち、製造業に分類されるものが半分以上を占める事業所)のみを対象に、事業所数や従業者数などの基本事項とともに、製品ごとの出荷額、加工賃収入、給与、原材料使用額なども調査しています。
『事業所・企業統計調査』は、
製造業、商業といった業種を限定せず、日本国内全民営事業所を対象に、事業の種類や従業者数等、事業所及び企業の基本的事項の調査を目的としています。

Q2 『工業統計調査』と『生産動態統計調査』の違いは?
A2 『工業統計調査』は、
産業分類大分類で「製造業」に分類された事業所(事業所取扱高のうち、製造業に分類されるものが半分以上を占める事業所)のみを対象に、分類ごとにその事業所が取扱う全ての製品をカバーしています。そのため、商品分類が『生産動態統計調査』にくらべると大きなカテゴリーとなっており、「その他の~」という項目が分類ごとに設けられています。
『生産動態統計調査』は、
品目によって調査対象となる事業所が違いますが、『工業統計調査』のように、事業所取扱高において製造業に分類されるものが占める割合は無関係なので、その品目を取扱っていて、従業者数が対象範囲内であれば調査集計されます。ある特定の品目についての生産数や出荷数を調査するのもので、『工業統計調査』より細かい製品名で調べることができます。

Q3 『生産動態統計』に出てくる「生産」「受け入れ」「消費」「出荷」「在庫」の相互の関係は?
A3 生産されたものは、出荷されるか、自工場で消費されるか、在庫として残る。受け入れたものは、消費されるか、出荷されるか、在庫として残る。在庫は、必要に応じて出荷される。当月末在庫=前月末在庫+生産+受け入れ-出荷という算式が成り立つ。

これらの各用語の定義については、各統計巻頭の「利用上の注意」で確認できます。
NDC
統計  (350 9版)
製造工業  (580 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
統計
官庁統計
製造業
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000017080完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!