このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
香調-1142
調べ方作成日
(Creation date)
2014年01月10日登録日時
(Registration date)
2014年01月10日 17時01分更新日時
(Last update)
2015年07月01日 16時34分
調査テーマ
(Title of the search guide)
中国とインターネットに関する資料
調べ方
(Contents of the search guide)
例えば、次のような所蔵あり。

(図書)

・「網民(ワンミン)」の反乱 ネットは中国を変えるか? 古畑康雄/著 勉誠出版 2012.9 302.22
・中国ネット革命 石平/著 海竜社 2011.5 316.1
・ネット大国中国 言論をめぐる攻防 岩波新書 遠藤誉/著 岩波書店 2011.4 316.1
・モノ言う中国人 集英社新書 西本紫乃/著 集英社 2011.2 361.47
・中国消費市場への挑戦 アリババを活用したネット戦略 みずほコーポレート銀行(中国)有限公司中国アドバイザリー部/編 日本経済新聞出版社 2010.6 675.0222

(雑誌)

言論の自由,マス・コミュニケーション-中国,インターネット世論,マス・コミュニケーション-中国,マス・メディア
マーケティング-中国,インターネットマーケティング
観光事業-日本,中国人

深刻な大気汚染 大気汚染に黙って耐える市民 230万人がネット書き込み監視
北村 豊
絶望の中国
エコノミスト / 毎日新聞社 [編]., 91(52)=4317:2013.11.26

最新報告 中国が仕掛ける21世紀型戦争としてのサイバー戦
黒井 文太郎
正論., (480):2012.2

中国ネット軍のサイバー攻撃に備えよ
黒井 文太郎
新潮45 / 新潮社 [編]., 30(12)=356:2011.12

「ジャスミン革命」は波及せず? ここまでやるか!中国のネット監視
黒井 文太郎
正論., (通号 470) 2011.5

チュニジア、エジプトの次は… フェイスブック革命に怯える中国「インターネット検閲」の戦慄
黒井 文太郎
週刊朝日., 116(8) (通号 5054) 2011.3.4

拡大する中国のサイバー部隊「網軍」の脅威
黒井 文太郎
急成長中国の対米切り札 人民元と米国債
エコノミスト / 毎日新聞社 [編]., 88(28) (通号 4105) 2010.5.18

ネット検閲で表面化した自由と統制の政治文化の軋轢
市川 類
急成長中国の対米切り札 人民元と米国債
エコノミスト / 毎日新聞社 [編]., 88(28) (通号 4105) 2010.5.18

「中国VSグーグル問題」の核心--米中「サイバー覇権戦争」の先駆け
選択., 36(4) (通号 422) 2010.4

ネット 中国の検閲ソフトに思わぬ副作用
エフゲニー モロゾフ
Newsweek., 24(25) (通号 1158) 2009.7.1

中国とネット ネット検閲『金盾』にみる中国政府のジレンマ
黒井 文太郎
エコノミスト / 毎日新聞社 [編]., 86(34) (通号 3970) 2008.6.17

WORLD VIEW 中国に屈服するグーグルの見苦しさ--ネット大手は連携して共産党検閲に対抗するべきだ
Steven Levy
Newsweek., 21(7) (通号 992) 2006.2.15

FOREIGN AFFAIRS CFRブリーフィング インターネット規制をさらに強化した中国--情報大国の野望と政治的検閲のジレンマ
論座., (通号 127) 2005.12

激化する中国ネット検閲戦争--テクノロジー マイクロソフトも加わりサイバー空間の自由をめぐる争いが本格化
Newsweek., 20(31) (通号 967) 2005.8.10・17
NDC
国家と個人.宗教.民族  (316)
政治.経済.社会.文化事情  (302)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
中国
インターネット
言論の自由
マス・コミュニケーション-中国
世論
マス・メディア
マーケティング-中国
インターネットマーケティング
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000022478完成/未完成
(Complete / Incomplete)
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!