このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
厚木市立中央図書館 (2310163)管理番号
(Control number)
厚木-調-0060
調べ方作成日
(Creation date)
2010年03月12日登録日時
(Registration date)
2008年01月13日 11時08分更新日時
(Last update)
2010年03月18日 15時59分
調査テーマ
(Title of the search guide)
厚木市内及び神奈川県内の化石について
調べ方
(Contents of the search guide)
厚木市内の化石について
相模川、中津川、荻野川、小鮎川の諸河川流域の中津層(鮮新統)や、中津川、荻野川、小鮎川に注ぐ山地の諸沢の愛川層群(中新統)に化石を含んで露出しています。
※参照 『厚木の地形地質』(研究紀要 29) 厚木市教育研究所,1979

・『厚木市史 地形地質編・原始編』 厚木市秘書部市史編さん室編,厚木市,1985,p30「丹沢層群中の化石」、p37「愛川層群の化石」、p44「貝化石(中津累層)」、p146「化石人骨の人々」
・『厚木の地形地質』(研究紀要 29) 厚木市教育研究所,1979,p62~90
・『道標で知る厚木のむかし』 厚木市ふるさとづくり推進協議会編,厚木市ふるさとづくり推進協議会,2007,p29「貝殻坂」(棚沢)
・『道標ものがたり』 厚木市ふるさとづくり推進協議編,厚木市ふるさとづくり課,1986,p8「貝殻坂」(棚沢)
・『厚木の観光ポケットブック』 厚木市商業観光課編,厚木市商業観光課,2002,p23「千ヶ沢の貝殻石」(飯山)


神奈川県内の化石について
県内の主な化石産地の地層には、丹沢層・大磯層・三浦層・足柄層・二宮層・下末吉層などがあります。
※参照 『相模原が海だったころ』 相模原市立博物館編,相模原市立博物館,1998

・『神奈川の自然をたずねて』(日曜の地学 20) 築地書館,1992,285p
・『Fossil CORAL REEF in the ROCK of TANZAWA 化石は語る、1500万年前南海の火山島だった。 丹沢の化石サンゴ礁』 門田真人著,2002
・『相模原が海だったころ -中津層・上総層と神奈川県下の化石-』 相模原市立博物館編,相模原市立博物館,1998
・『神奈川の化石 よみがえったナウマン象』 平塚市博物館編,平塚市博物館,1984
・『岩石・鉱物・地層 かながわの自然図鑑 1』 神奈川県立生命の星・地球博物館編,有隣堂,2000
・『貝がらの伝言 貝殻に残された情報から貝類の進化・環境の変化を探る 』(ミュージアムブックレット 3) 神奈川県立生命の星・地球博物館,1997
・『地球と生きもの85話』 神奈川県立生命の星・地球博物館編,有隣堂,1997,p110「神奈川の自然」
・『産地別日本の化石650選』 大八木和久著,築地書館,2003,p251「神奈川の主な化石産地名と産出化石」
・『南の海からきた丹沢』 神奈川県立博物館編,有隣堂,1991,p94「貝化石からみた丹沢の歴史」等
・『神奈川県地学のガイド』 奥村清編著,コロナ社,2003
・『地層と化石 大磯丘陵編』 平塚市博物館編,平塚市博物館,1983
NDC
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 8版)
地球科学.地学  (45 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
厚木
神奈川
化石
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000003279完成/未完成
(Complete / Incomplete)
未完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!