このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
桐朋学園大学附属図書館 (3310008)管理番号
(Control number)
S00-060
調べ方作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2017年03月02日 13時51分更新日時
(Last update)
2020年10月16日 14時16分
調査テーマ
(Title of the search guide)
楽語について調べる
調べ方
(Contents of the search guide)
I.楽語の意味を調べる

 速度記号、カンタービレなどの楽想、リュートなどの楽器、マズルカなどの楽曲形式の簡単な解説、またそれらの綴りなど、音楽用語について調べるにはハンディーな楽語辞典が便利です。
 アルファベット順に配列してあるものや、五十音順に配列してあるものがあります。その他、デジタル技術関連の言葉を主に扱っている「最新音楽用語事典」や、イタリアの文化などをも理解できる「音楽用語のイタリア語」もあります。

*アルファベットで引く6か国語音楽用語辞典 : イタリア語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・ラテン語. 久保田慶一監修. 音楽之友社, 2015, 231p. (WR06-807) [参 760.33]
 楽器や声部の名称、曲想記号や発想記号、速度標語などの音楽用語をアルファベット表記だけで、発音や意味を調べることができる辞典。
 ただし、楽器名や音楽史関連の用語は掲載されていない。また、英語の音楽用語を多数掲載してある。
 アルファベット順に配列、言語の種類、カタカナ発音、意味の順に記されている。アクセントは太字にして示している。略語、対義語、同義語も記されている。

*伊英独仏音楽用語辞典. 篠岡恒悦. 春秋社, 2015, 628p. (WR06-770) [参 760.33]
 イタリア語・英語・ドイツ語、フランス語の音楽用語が、言語に関係なくアルファベット順に並べられ、日本語の訳語が書かれている。楽器名や楽想用語だけでなく、音楽理論などの専門的な用語についても各国語でどのように言うのかが容易に調べられる。巻末に主要用語対照表、日本語キーワード索引あり。

*音楽辞典. 小泉洽. 新版, 東京堂出版, 1970, 850p. (U00-076) [参 760]
和声法・対位法・リズム論など音楽理論に関する楽語と、楽器、室内楽などのジャンルに関する用語を原綴りのアルファベット順に配列して解説している。
なるべく多くの楽語を扱うという主旨で収録されており、解説は簡潔なものとなっている。
掲載されている楽語・用語は、英語、ドイツ語、イタリア語など22ヶ国語にわたっていて、原綴りの見出し語の後の(  )に言語名の表記があり、発音がカタカナで表記されている。

*音楽辞典 : ドイツ語, 日本語, 韓国語, 中国語, ロシア語, 英語. Heutling, Johanna. Breitkopf & Härtel, c2013, xxxiii, 351p. (S11-152) [参 760.33]
 独、英、ロシア語、中国語、日本語、韓国語を併記した音楽基礎用語事典。索引あり。
 音楽の分類ごとに、関連する用語がひとまとまりになって、見開きで6か国語、記載されている。

*カタカナ引き音楽辞典. 遠藤三郎. 春秋社, 1993, 318p. (WR07-663) [参 760.33]
 実用音楽辞典。音楽用語の多くを占めるカタカナ語からその意味がわかる辞典。
 原語の発音に近づけることを原則としており、五十音順で配列されている。原語の綴り、簡単な説明、同義語、語源、用例、略語などが記載されている。

*最新音楽用語事典. リットーミュージック, 2001, 429p. (WR03-645) [参 760.33]
新しいデジタル技術関連の用語、DTM・MIDI関連用語を中心に、楽典・楽器・録音関係などのベーシックな分野に関しても収録。
項目の配列は現代かなづかいによる五十音順。アルファベットによる表記/略記が慣例となっているものは五十音の後にアルファベット順で配列。巻末に欧文索引あり。
英語以外は( )に言語名の表記がある。本文中に原綴りの表記がなく、巻末にリスト化されている。

*実用音楽用語事典 : 音楽専門用語を詳しく解説約6000語. 岩田晏実ほか. ドレミ楽譜出版社, 2013, 436p. (WR07-648) [参 760.33]
 約6000語を対象とし、一般的な音楽用語や理論・各種楽器・録音など、音楽に関する必須項目と共にDTM・PC・IT関連用語など、デジタル関連用語も網羅し、専門技術的な用語知識も掲載。また、民族楽器などの専門的な楽器や用語も可能な範囲で収載。更に標準的に使用されている用語に英語の読みを付随。
 五十音順とアルファベット順の配列あり。簡単な説明がついている。欧文索引付。

*新音楽辞典 楽語. 音楽之友社, 1977, 750p. (WR04-589) [参 760:SHIOJ:楽語]
人名・曲名以外の音楽用語を全て収録し、簡明に解説している。
 発想記号は、文部省音楽教育で使用されているものだけを収録し、それ以外は索引に記載して、そこで説明を加えている。
日本語はひらがなの見出しの後に漢字の表記が、外国語はカタカナの見出しの後に原綴り及び同義の他国語が表記されている。五十音順に配列。
巻末の欧文索引は、本文の見出しにある外国語のほか、文中の重要な語、本文に収録しなかったドイツ語・フランス語・イタリア語の発想標語などを、アルファベット順に配列している。

*すぐに役立つ音楽用語ハンドブック : 音楽・教育・保育に携わる人々に. カワイ音楽教育研究所編. 改訂版. 河合楽器製作所・出版部, 2013, 211p. (WR06-419)[参760.33]
 基礎用語から専門用語までを扱っている。
 一般的な音楽用語のほかは、「和声・和音」「音楽史」「曲種」「楽器」「音楽教育」「音楽教育周辺項目」「ポピュラー」「日本音楽」に分けて掲載されている。付録として「作曲家と主な作品」「記号・用語」「楽譜・記譜」がある。かな索引、欧文索引、人名索引、記号・略語索引がついている。

*独仏伊英による音楽用語辞典: 速度・発想・奏法. 遠藤三郎編. シンコー・ミュージック, 1996, 198p. (WR05-462) [参 760.33]
一般の音楽学習者とその指導者、および音楽愛好者を対象とした、速度・発想・奏法用語辞典。
 これらの人が用いる楽譜に記されている用語を中心にまとめられている。
用語は、基本的なもの、使用頻度が高くて共通性があるもの、言葉としては一般的でも音楽では特別な意味を持つものを中心に選択。用語の読みは、原語に近い表記になっている。また、使用頻度が高い接尾語、および同意義、語源が付記されている。

*バロック音楽を読み解く252のキーワード : ア・カペッラからサルスエラまで. ブイスー, シルヴィ. 音楽之友社, 2012, 278p. (WR06-108) [参 762.05]
 バロック音楽に関係する基本的な用語の解説集。五十音順。
 用語の選択にあたっては、社会史にかかわる用語よりは音楽の技術的な用語、ルネサンスに起源をもつ用語や後の時代に影響を与えた用語よりはバロック時代に特有な用語を優先し、252項目に絞り込んでいる。
 巻末に略年表、参考文献、欧文事項索引、人名索引あり。

*ピアノを弾く人のための音楽用語ハンドブック. 山崎孝. 春秋社, 2009, ii, 289p. (WR05-553) [参 763.2]
ピアノ学習者に理解しておいてほしい音楽用語67語を選び、イタリアでの日常生活で使われているニュアンスをなるべく臨場感豊かに伝えることに主眼をおいたハンドブック。
それぞれの楽語に相応しい作品を例にあげ、「いかに練習するか」「いかに表現するか」「いかに演奏するか」ということを、譜例を用いて具体的に説明している。
見出し語はアルファベット順に配列されている。

【イタリア語】
*音楽用語のイタリア語. 森田学. 改訂新版, 三修社, 2011, 212p. (WR05-838) [参 760.33]
 イタリア語の音楽用語を収録。
 イタリアの文化やイタリア人のものの見方・考え方に触れて、その音楽・文化をより深く味わい、理解することを主旨としているため、音楽用語としての意味だけではなく、一般的な用法も紹介されている。
見出し語はアルファベット順に配列され、発音がカタカナで表示されている。用語の品詞、単語訳、語源や用法の説明、類義語、反意語、その単語を使った日常会話での例文が載せられている。主だった楽語にそれぞれ対応する英語・独語・仏語が付されている。
 巻末にイタリア語文法の早見表がついている。

*ひと目で納得!音楽用語事典: イタリア語から学ぶ. 関孝弘ほか. 全音楽譜出版社, 2010, 157p. (WR05-685) [参 760.33]
長くイタリアに住む著者が、音楽表現に役立つように編んだ用語事典。
 見開きに一語を解説。 左頁に、用語の読み、意味、イラストがあり、右頁に詳しい解説がある。73語のイタリア語が取り上げられている。
アルファベット順に配列され、イタリア語の持つ発音に近付けた読み方をカタカナで付記。イタリアの日常で使われている意味や、演奏する上で理解しやすい意味を記載。ほかに、語源、演奏アドバイス、参照用語も記載されている。

【ドイツ語】
*音楽のためのドイツ語事典. 市川克明. オンキョウパブリッシュ, 2012, 237p, 図版 [24] p. (WR05-935) [参760.33]
 音楽のレッスン、練習、仕事における用語、様々な表現を中心に扱っていて、実用的な内容を紹介している。
 ドイツ語の発音の表記方法はカタカナ、強く発音する箇所を赤字にするなど、ドイツ人に通じやすいと思われる表記をしている。
 第2章は音楽理論の用語、第3章は楽式と様々な編成、音楽のジャンル、作曲家の作品番号と作品名、第4章は楽器、身体やその各部分の名称、あるいはレッスンなどで頻出すると思われる用語、言い回し、第5章は独和・和独辞典、巻末にはドイツ語の音楽著作を紹介。

*音楽用語のドイツ語. 岩川直子ほか. 三修社, 2015, 157p. (WR06-852) [参 760.33]
 『音楽用語のイタリア語』の姉妹篇。
 曲の解釈を深めたり、ドイツ音楽に特徴的な事象を理解するための用語をなるべく多くとりあげるように語彙を選択。
 アルファベット順に配列。発音はカタカナ表記、品詞、意味、その単語を使った例文、見出し語にまつわるエピソードなどが載せられている。巻末にドイツ語文法。


◆日本語以外の楽語辞典

■■英語■■
*A dictionary of musical terms. Baker, Th., comp. and ed., G.Schirmer, c1923, vi, 257p. (R02-862) [参 760.33]

■■ドイツ語■■
*Handworterbuch der musikalischen Terminologie. Eggebrecht, Hans Heinrich, hrsg. F. Steiner, c1972-2006, 6 vols. (1:T00-409, 2:T01-923, 3:T01-924, 4:T01-925, 5:%01-926, 6:T01-927) [参 760.33:HANDM]
 ルーズリーフ式の音楽用語辞典。
 音楽用語について歴史的用語法を資料研究から明らかにした辞典。用語のアルファベット順。
 デジタル化されている。  https://www.digitale-sammlungen.de/index.html?c=sammlung&projekt=1437372332

*Sachworterbuch der Musik. Thiel, Eberhard. 3., verbesserte Aufl., Alfred Kroner, c1977, viii, 644p. (R01-651) [参 760.33]

*Symbol- und Worterbuch der Musik: mit uber 700 Notenbeispielen sowie erganzenden Beitragen und Tabellen. Riggenbach, Paul, Hrsg. OdradeC, 2010, 252p. (R04-171) [参 761.2]
音楽記号と音楽用語の事典。


見つからない言葉があるときは、音楽事典や語学辞典でも調べてみてください。
<音楽事典>
*音楽大事典. 平凡社, 1981-1983. 全6巻 (1. アーオ: U02-815ほか) [参 MA]
  *新編音楽小辞典. 金沢正剛監修. 音楽之友社, 2004, 495p. (W18-820)[参 760]

*新編音楽中辞典. 林靖章ほか編. 音楽之友社, 2002, 884p. (WR03-861) [参 760]

*ニューグローヴ世界音楽大事典. 講談社, 1994-1995. 全23巻 (1巻: WT00-463ほか) [参 MA]

<語学辞典>
*各国語の語学辞典は、閲覧室の語学の書架 [参 800]および[語学] に配架しています。

*新アクセス独和辞典. 在間進編. 三修社, 2003, 25, 1826p. (WR04-573) [参 語学]
「分野別用語」の個所に音楽用語が記載されている。


Ⅱ.各国語の楽語を調べる

同じ意味を持つ楽語でも、言語によって表記が異なります。ある楽語が他の言語でどのような表記をするのか、対応する言葉を知る辞典が役立ちます。

*Terminorum musicae index septem linguis redactus. Leuchtmann, Horst, reducteur en chef. Akademiai Kiado, 1978, 69, 798p. (S04-874) [参 760.33]
 ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ハンガリー語、ロシア語の7ヶ国語楽語辞典。
この辞書はドイツ語によって編集されている。しかし、見出し語は、楽語の語源となる言葉のアルファベット順に配列(ツィンバロムは、ハンガリー語のCimbalom、アルペッジョはイタリア語のArpeggio)。語源が不確かな場合は、見出し語はドイツ語になっている。
 太字の見出し語の下に、残り6ヶ国語を表示。各国語の参照形、その複合語から見出し語を検索できる。ロシア語は、キリル文字で表示されるため、巻末にロシア語アルファベット順の章を設けている。
 付録の図表には、音符や楽器の図と7ヶ国語の楽語が表示されている。

◆その他の各国語楽語対照辞典 [参 760.33]

■■英語、ドイツ語■■
*Worterbuch Musik: englisch-deutsch, deutsch-englisch. Leuchtmann, Horst. 5. Aufl., J.B. Metzler, c1998, xvii, 347p. (S08-842)

■■英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語■■
*Musical terminology: a practical compendium in four languages. Boccagna, David L., comp. Pendragon, c1999, vi, 243p. (R03-447)

■■ドイツ語、ロシア語■■
*Fachworterbuch Musik: deutsch-russisch und russisch-deutsch. Balter, G. VEB Deutscher Verlag fur Musik, 1976, 484 p. (R01-650)

■■日本語、ロシア語■■
*露和・和露音楽用語小辞典. 石田一志ほか編. 朔北社, 2006, 110p. (WR04-889)

■■英語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フランス語、ドイツ語、ハンガリー語、イタリア語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語、スウェーデン語■■
*Music translation dictionary: an English-Czech-Danish-Dutch-French-German-Hungarian -Italian-Polish-Portuguese-Russian-Spanish-Swedish vocabulary of musical terms. Grigg, Carolyn Doub, comp. Greenwood Press, 1978, xvi, 336p. (S03-440)
NDC
音楽  (760 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000025487完成/未完成
(Complete / Incomplete)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!