このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-調20
調べ方作成日
(Creation date)
2019年11月20日登録日時
(Registration date)
2021年02月08日 13時36分更新日時
(Last update)
2021年02月08日 14時06分
調査テーマ
(Title of the search guide)
「安藤氏」に関する資料の探し方
調べ方
(Contents of the search guide)
1.基本的な情報源で調べる(テーマの理解)
 テーマの大まかな情報を、参考図書(辞書・事典・用語集など)を使って確認してみましょう。
【資料①】『国史大辞典』(吉川弘文館)[R/210.0/コ]
【資料②】『藩史大事典』(雄山閣)[R/210.5/ハ] [K/210.5-0/ハ]
【資料③】『寛政重修諸家譜』(続群書類従完成会)[R/288.2/カ]

2.図書
(1)資料検索システムで調べる
 書名・著者名・件名などにキーワードを入力して検索します。キーワードがあいまいな場合は、「~で始まる」(前方一致)、「~を含む」(中間一致)などの条件付けをうまく使いましょう。

(2)テーマごとの書架で探す
 いわき資料コーナーの「210.5 日本史-江戸時代」か「281 伝記-日本人」の書架にあります。なお、戊辰戦争の戦火により、公式な資料があまり残されていません。

◆磐城平藩安藤家について
【資料④】『安藤侯史料集巻1~5』
 「安藤侯代々考記」、「前代秘鑑」等を収録。歴代の藩主の系図、年譜、官名や安藤家の領地、屋敷、具足、寺院等が記述されている。巻五に「平藩降伏後記」あり。 1963 [地域/210.5-1/ア]

【資料⑤】『磐城平藩と安藤家展』
 宝暦6年(1756)に安藤信成(6代)が磐城平に入封し、平成18年(2006)の250年を記念した展覧会の図録。平安会(旧平藩士の会)発行。藩主と家臣ゆかりの品々が紹介されている。解説「磐城平藩と安藤家」と年表から、安藤家の概略がわかる。 2006 [地域/210.5-1/イ]

【資料⑥】『旧磐城平藩主安藤家コレクション展』
 いわき市市制20周年を記念し、安藤家現当主の所蔵する茶道具、香道具と名筆、名画、工芸品のコレクションを紹介した、いわき市立美術館の図録。 1986 [地域/708/キ]

【資料⑦】『安藤家の伝承ごと』(安藤綾信∥著)
 茶道、香道、礼法、聞書の四部で構成。現当主の著者より、400年にわたって継承された徳川譜代大名、安藤家の文化と戊辰後の歴史等が語られている。 2005 [地域/791/ア]

【資料⑧】『いわき市史第2巻 近世』
 近世のいわきを各藩別に紹介。安藤氏の領主と藩政、家臣、所領の他に当時の城下町や財政、産業、領民の生活、文化活動が記述されている。終章は「いわき戊辰史」。 1975 [地域/210.1-1/イ]

【資料⑨】『いわき市史第9巻 近世資料』
 近世のいわきに関する主要な古文書を活字化した史料集。各藩別、後半に文化と戊辰戦記、古文書の解説。巻末に資料名、所蔵者、掲載頁のわかる資料目録あり。 1972 [地域/210.1-1/イ]

◆安藤信正(10代)について
【資料⑩】『閣老安藤対馬守』(藤沢衛彦∥著)
 著者は大正・昭和初期の民俗学者、明治大学教授。父は旧平藩家臣。様々な史料から安藤信正の事績を史的に研究している。序は大隈重信。跋は吉田東伍。復刻版あり。 1914 [地域/289/アン]

【資料⑪】『安藤対馬守と幕末』(山本秋広∥著)
 昭和34年(1959)の安藤信正公の銅像再建除幕式に頒布した本の増補再版。 水戸藩との関りから、安藤信正を描いている。明治以降の安藤家についての記述あり。 1971 [地域/210.5-1/ヤ]

【資料⑫】『安藤対馬守信睦公』
 旧平藩家臣、漆原昌徳が編集した安藤信正に関する史料集。磐城平藩安藤家入部250年を記念して、平安会が出版。藩主三代、戊辰の動乱からなる。解題、論考、安藤信睦年譜と平藩安藤家年表付き。 2006 [地域/210.5-1/イ]

◆戊辰戦争と平藩
【資料⑬】『戊辰私記』(味岡礼質∥編)
 旧平藩家臣が、戊辰戦争の見聞をまとめた手記。全体の流れがわかる基礎史料。明治2年(1869)に編集し、明治36年(1903)に出版。戊辰当時の磐城平城と附近の地図、6つの櫓の図付。復刻版あり。 1903 [地域/210.6-1/ボ]

【資料⑭】『磐城平藩戊辰實戦記藩士十六人の覺書』
 平成22年(2010)に新たに発見された平藩戊辰戦争の記録集。いわき歴史文化研究会が史料を翻刻、解説し、平安会が発行。当時の具体的な状況が読みとれる。 2013 [地域/210.6-1/オ]

【資料⑮】『古文書が語る磐城の戊辰史』
 戊辰戦争150年事業として、平安会が発行した磐城の戊辰戦争前後の動向を記した個人の記録集。安藤信正の書状や平藩士の記録あり。解題付き、巻末に収載史料一覧。 2018 [地域/210.6-1/イ]

3.逐次刊行物
【資料⑯】『いわき地方史研究』(いわき地方史研究会)[地域/210.0-1/イ]
【資料⑰】『潮流』(いわき地域学會)[地域/051/チ]

4.インターネットで情報収集
◇「大日本史料総合データベース」東京大学史料編纂所
https://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships
NDC
日本史  (210 9版)
日本  (281 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
磐城平藩
安藤対馬守
安藤信正
坂下門外の変
戊辰戦争
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000026869完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!