このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

[転記用URL] https://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=man_view&id=2000016381
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
oml-10-20110303
調べ方作成日
(Creation date)
2011年03月25日登録日時
(Registration date)
2011年03月25日 19時31分更新日時
(Last update)
2015年03月13日 17時39分
調査テーマ
(Title of the search guide)
住宅地図(過去の土地利用)
調べ方
(Contents of the search guide)
土壌汚染対策法への対応や所有者の推定など、過去の土地利用や居住者を調べるときのお役立ち情報です。

●住宅地図
現在、ゼンリンなどから出版されている冊子体の住宅地図は、おおむね昭和30年代に出版されはじめました。
今でこそ、各地域ともほぼ毎年新版が発行されていますが、時代をさかのぼるにしたがって出版間隔は2年、3年ごとなどと空いてきます。
したがって、たとえば「昭和○○年の東住吉区の住宅地図」が必ず存在するとは限りません。

・古い住宅地図が多く揃っている図書館
大阪市内では、大阪市立中央図書館、大阪府立中之島図書館の2館が、住宅地図のバックナンバーを多く所蔵しています。
「おおさか資料室」大阪市立中央図書館所蔵 住宅地図バックナンバー一覧(大阪市内)(PDF)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/?page_id=876 (2015.3.10.確認)
大阪府立中之島図書館所蔵住宅地図一覧《大阪市》
  http://www.library.pref.osaka.jp/site/central/lib-map-j-map-j-map-city-central.html (2015.3.10.確認)

●住宅地図以外の資料を活用する
国土地理院の「地形図」や、市販の地図帳、一枚ものの地図でも、主要なランドマーク(官公庁、学校、工場など)の名称が記載されている場合があり、地図記号や塗り分けによって、その地点が農地だったが宅地だったか等、過去の土地利用状況を推定することができます。
正確に測量された地図としては、明治18年(1885)の『実測大阪市街全図』が最も古い所蔵資料となります。
また、国土地理院の地形図は、陸地測量部発行の明治20年前後のものから所蔵しています。

●電話帳を活用する
過去の電話帳は、社名や個人名など、所有者名に心当たりがある場合には、電話番号とともに住所が表示されているため、有用な資料となります。
電話帳は、明治42年の大阪郵便局刊『電話番号簿』が最も古い所蔵資料となります。
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
住宅地図
土地利用
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000016381完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!