このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
香調-1112
調べ方作成日
(Creation date)
2013年11月27日登録日時
(Registration date)
2013年11月27日 08時18分更新日時
(Last update)
2018年12月07日 09時18分
調査テーマ
(Title of the search guide)
図書館の無料原則に関する資料
調べ方
(Contents of the search guide)
例えば、次のような所蔵あり。

(図書)

・図書館の電子化と無料原則 津野海太郎/著 〔調布〕 立川 共同保存図書館・多摩 けやき出版 2011.10 
  多摩デポブックレット 6 
  特定非営利活動法人共同保存図書館・多摩第4回総会(2011・5・29)より 並列

・新図書館法と現代の図書館 塩見昇/編著,山口源治郎/編著 日本図書館協会 2009.12

  内容:公立図書館における「無料の原則」 / 岸本岳
     英米における無料原則の由来と動向 / 川崎良孝著

(雑誌)

いまこそ生かそう「私たちの図書館宣言」を--「無料原則」の在り方を示す公立図書館
佐々木 順二
特集 2009・トピックスを追う
図書館雑誌., 103(12) (通号 1033) 2009.12

「公民館無料」の原則を貫くとりくみ
竹森 絹子
特集 いまを拓く憲法
月刊社会教育 / 「月刊社会教育」編集委員会 編., 52(6) (通号 632) 2008.6 2008.6.

公共図書館はなぜ無料なのか
山重 壮一
特集:図書館の原点を見直す
みんなの図書館 / 図書館問題研究会 編., (通号 368) 2007.12

特集 「無料の原則」から公共性を問い直す

 図書館サービスにおける利用者負担アンケート
  高橋 優子

 図書館の無料原則は守られているか--図書館の相互貸借からみる無料原則
  細井 正人

 都立図書館「改革」の具体的方策
  山家 篤夫

 無料原則を考えるために
  後藤 暢

みんなの図書館 / 図書館問題研究会 編., (通号 359) 2007.3
2007.3.

図書館経営と無料原則--とくにネットワーク情報資源の扱いをめぐって
宮沢 厚雄
桜花学園大学研究紀要 / 桜花学園大学研究紀要編集委員会 編., (4) 2001

図書館は「無料貸本屋」か--ベストセラーの「ただ読み機関」では本末転倒だ
林 望
文芸春秋., 78(15) 2000.12

無料原則を考える--図書館法第17条と公立図書館
前田 章夫
特集〔日本図書館研究会〕第41回研究大会 ; シンポジウム 図書館法50年
図書館界 / 日本図書館研究会 [編]., 52(2) (通号 293) 2000.07 2000.07.



特別研究例会報告 地域電子図書館構想と<無料原則>のゆくえ
図書館界 / 日本図書館研究会 [編]., 51(4) (通号 289) 1999.11 1999.11.

図書館法第17条(無料制)の意義と解釈--図書館専門委員会報告批判
山口 源治郎
糸賀〔雅児〕提言に応える
図書館界 / 日本図書館研究会 [編]., 51(4) (通号 289) 1999.11

無料原則は図書館の魂--誰のための図書館?どこへ行く図書館?
明石 浩
こどもの図書館., 46(7) 1999.07

小特集 図書館の無料原則を考える--電子情報の利用

 公共図書館の情報化をすすめるために
  本多 光明

 公権的解釈の範囲を逸脱・乱用--図書館法第17条についての専門委員会報告
  佐々木 順二

 小規模図書館でのインターネット利用と有料化について--八ヶ岳大泉図書館の実践
  中沢 徹也

図書館雑誌., 93(2) (通号 903) 1999.02

地域電子図書館構想と無料原則のゆくえ
糸賀 雅児
都県立図書館運営研究会
関東地区公共図書館協議会研究集会報告書 / 関東地区公共図書館協議会事務局 編., (通号 1999年度) 1999 1999.

特集 無料の原則と「電子化資料」の導入について

 卑しい図書館になってはいけない
  河田 隆

 インターネット30分間、無料公開しています!
  沢 佳男

 公立図書館の無料公開を守るために
  佐々木 順二

 図書館での有料サービスについてのアンケートのまとめ

 図書館無料の原則はどう守られるのか
  西野 一夫

みんなの図書館 / 図書館問題研究会 編., (通号 260) 1998.12

図書館専門委員会「報告」の趣旨と<無料原則>
糸賀 雅児
図書館雑誌., 92(12) 1998.12

資料 公立図書館の無料原則についての見解
日本図書館協会
図書館雑誌., 92(9) 1998.09

図書館利用の無料原則についての覚書
酒井 信
館灯 / 私立大学図書館協会西地区部会東海地区協議会研究会 編., (通号 37) 1998

貸出の本質と専門職制を考える--公共図書館は「無料貸本屋」か
松尾 昇治
現代の図書館., 30(2) 1992.06

無料か有料か--課金問題のディレンマ(Journal of Information Science,16,1990) Reijo Savolainen 著. 片山 淳
図書館と情報のコスト<特集>
現代の図書館., 29(1) 1991.03

コンメンタール図書館法-11-公立図書館の無料制-下-英米での有料化論議から
川崎 良孝
図書館雑誌., 84(5) 1990.05

コンメンタール図書館法-10-公立図書館の無料制-上-日本の場合
森 耕一
図書館雑誌., 84(4) 1990.04



誰のための図書館か--「無料貸本屋」論に惑わされないために
伊藤 昭治
図書館雑誌., 81(7) 1987.07

有料?無料?--図書館の将来と費用負担
小泉 徹. 柳 与志夫
現代の図書館., 21(4) 1983.12

無料原則と公共性--複写料金の適用根拠をめぐる行為論的考察
伊藤 順
図書館界 / 日本図書館研究会 [編]., 38(6) 1987.03

公共図書館の入館無料の近代的原則について
蒲池 正夫
図書館学., (通号 13) 1968.08.00
1968.08.0
NDC
図書館政策.図書館行財政  (011)
図書館サービス.図書館活動  (015)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
図書館法
図書館奉仕
図書館(公共)
無料ビジネス
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000022409完成/未完成
(Complete / Incomplete)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!