このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
KUCL0097
調べ方作成日
(Creation date)
2014年02月04日登録日時
(Registration date)
2014年02月04日 14時23分更新日時
(Last update)
2014年03月19日 09時32分
調査テーマ
(Title of the search guide)
村上水軍に関する文献を調べる。
調べ方
(Contents of the search guide)
◆ まず資料1の「戦国大名家辞典」から、瀬戸内水軍家村上氏の系譜を確認するとp.520 に以下のような記述が見つかる。またWebの戦国武鑑(資料2)からは関連する姓氏名として下記の5氏族が見つかります。
○ 村上氏② ■むらかみ
 瀬戸内海の水軍大名。信濃村上氏の一族。鎌倉時代に備後の国因島中荘(広島県尾道市因島)の公文職となり、以後世襲。永享六年(一四三四)幕府から海上の警護を命じられて水軍に発展、因島・来島・能島の三家があった。
 因島村上氏は長崎城(尾道市因島)に拠る。戦国時代は毛利氏に従い、江戸時代は長州藩士となった。
 能島村上市は伊予国越智郡能島(愛媛県今治市宮窪町)を本拠地とし、室町時代は河野氏に従った。戦国時代は毛利氏に従い、江戸時代は長州藩士となった。
 来島村上氏はのちに久留島氏と改称し、江戸時代は独立した大名となった。→ 来島氏
・・・・・引用おわり

・ 戦国武鑑 武家家伝 Website : 村上(因島)氏
 ( http://www2.harimaya.com/sengoku/html/mura_in.html  last_access:2014-02-18)
・ 戦国武鑑 武家家伝 Website : 村上(能島)氏
 ( http://www2.harimaya.com/sengoku/html/mura_kai.html  last_access:2014-02-18)
・ 戦国武鑑 武家家伝 Website : 久留島氏
 ( http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kurusi_k.html  last_access:2014-02-18)
・ 戦国武鑑 武家家伝 Website : 河野氏
 ( http://www2.harimaya.com/sengoku/html/kono_k.html  last_access:2014-02-18)
・ 戦国武鑑 武家家伝 Website : 大三島大祝氏
 ( http://www2.harimaya.com/sengoku/html/iyo_syuk.html  last_access:2014-02-18)


◆ 村上水軍に関する書籍には以下のようなものが見つけられます。
 自館OPACをはじめNDLサーチによるキーワード検索、Webcat Plusや新書マップを使った連想検索、Amazonのレコメンデーション機能、個々の資料の巻末の参考文献一覧などを辿り総合的な“村上水軍書誌”を収集しています。おおよその主題ごとに分類し刊行年順で記載します。必ずしも本学に所蔵されているものに限りません。

○ 総合的な理解は別冊歴史読本(新人物往来社)から
 ・戦国水軍と村上一族:日本最強の瀬戸内水軍を率いた海賊大将「村上武吉」と海のサムライたち.新人物往来社,2005,Vol.30(15),No.710,157p.,(別冊歴史読本, 17).〔本学所蔵 雑誌S20-B2〕
 ・海の戦国史:海賊大将の栄光.新人物往来社,1996,Vol.21(32),263p.,(別冊歴史読本 no.62).〔本学所蔵 雑誌S20-B2〕

○ 基礎文献や歴史研究書など
 ・藤田 達生.秀吉と海賊大名:海から見た戦国終焉.中央公論新社,2012,212p,(中公新書,2146).
 ・山内 譲.中世の港と海賊.法政大学出版局,2011,260p.〔本学所蔵 217.4//Y46〕
 ・堤 勝義.中世瀬戸内海の仏教史:村上水軍の本拠地芸予諸島を主として.溪水社,2008,185p.
 ・森本 繁.村上水軍全史.新人物往来社,2008,295p.
 ・甲斐 素純.時空を超えて:森藩誕生四〇〇年 角牟礼城跡国指定記念出版.西日本新聞社,2005,283p.
 ・山内 譲.瀬戸内の海賊:村上武吉の戦い.講談社,2005,214p.,(講談社選書メチエ, 322).〔本学所蔵 217.4//Y46〕
 ・山内 譲.中世 瀬戸内海の旅人たち.吉川弘文館,2003,189p.,(歴史文化ライブラリー,169).
 ・森本 繁.戦史ドキュメント:村上水軍興亡史.学習研究社,2001,363p.,(学研M文庫, )
 ・森 浩一,網野 善彦,生田 滋,山内 譲.瀬戸内の海人たちII:水軍-情報がもたらした文化と経済.中国新聞社,1998,316p.
 ・山内 譲.中世瀬戸内海地域史の研究.法政大学出版局,1998,374p.
 ・森本 繁.村上水軍のすべて.新人物往来社,1997,250p.
 ・原田 八束.虹と落日:海鳴りと渦流が語る村上水軍の栄光と挫折.伯方町教育委員会,1992,630p.
 ・田中 稔.因島村上水軍の略史.因島市教育委員会,1992,22p.
 ・森本 繁.戦国最強の海上軍団・毛利水軍.新人物往来社,1991,224p.
 ・村上 睦郎.村上水軍物語.新人物往来社.1990,202p.
 ・宇田川 武久.瀬戸内水軍.教育社,1986,227p.,(教育社歴史新書, ).
 ・村上 公一.どっこい海賊は生きている.学校図書,1985,275p.
 ・奈良本 辰也(ほか述).村上水軍考:村上水軍の航跡.愛媛県文化振興財団,1983,244p.,(歴史シンポジウムシリーズ, 4).
 ・村上 護.日本の海賊:戦雲たなびく水軍旗.講談社,1982,298p.
 ・村谷 正隆.村上水軍史考:九州の視座から.西日本新聞社,1981,319p.
 ・村谷 正隆.水軍史の女性たち:瀬戸うち海賊秘話.ライオンズマガジン社,1980,338p.
 ・村上 公一.村上海賊史.因島市史料館,1972,286p.
 ・松岡 進.海武士の歌:瀬戸内水軍連歌考.宮浦小学校,1970,514p.
 ・松岡 進.瀬戸内水軍史.第4版,瀬戸内海文化研究所,1967,755p.
 ・三島 安久.中世における三島水軍の信仰と社家の活動,1964,p.110-115.,(仏教芸術, 53号抜刷).
 ・松岡 進.大三島を中心とする芸予叢島史.宮浦小学校,1955,304p.
 ・三島 安精.水軍.青磁社,1942,205p.
 ・御薗生 翁甫.毛利氏水軍と三田尻船廠.御薗生防長史研究所,1929,48p.

 〔前期村上水軍ならびに伊予村上氏と忽那水軍〕
 ・忽那 祐三.来島 村上水軍の実像:中世伊予、瀬戸内の歴史研究.[忽那祐三],2013,***p.
 ・忽那 祐三.梓物語:続 忽那水軍の実像:地域史の研究.[忽那祐三],2011,295p.
 ・忽那 祐三.忽那水軍の実像:南朝の終焉まで、その旗印を掲げ続けた一族:中世伊予、瀬戸内の歴史研究.第2版,[忽那祐三],2010,306p.
 ・川岡 勉,西尾 和美.伊予河野氏と中世瀬戸内世界:戦国時代の西国守護.愛媛新聞社,2004,228p.
 ・越智 克幸.来島海峡:越智氏瀬戸内水軍の歴史.[越智克幸],1996,278p.
 ・森本 繁.征西府秘帖:村上義弘と南海水軍王国.学習研究社,1995,350p.
 ・景浦 勉.伊予海賊史話.三好文成堂,1936,92p.
 ・小笠原 長生,村上 貞一.水軍の先覚村上義弘.今日の問題社,1930,174p.

 〔日本の水軍・海賊史〕
 ・黒嶋 敏.海の武士団:水軍と海賊のあいだ.講談社,2013,236p.,(講談社選書メチエ,559).〔本学所蔵 210.4//Ku77〕
 ・中村 修.“瀬戸内海水軍の氏族編成”.海民と古代国家形成史論.和泉書院,2013,p.133-154.,(日本史研究叢刊, 23).〔本学所蔵 210.32//N37〕
 ・高野 澄.歴史を変えた水軍の謎.祥伝社,2012,288p.,(祥伝社黄金文庫).
 ・長沼 賢海.日本の海賊.復刻版,[長沼 正光],2009,209p.,(日本歴史新書).
 ・宇田川 武久(監修).ニッポン海戦史:知れば知るほど.実業之日本社,2003,251p.
 ・宇田川 武久.戦国水軍の興亡.平凡社,2002,260p.,(平凡社新書,158).
 ・金谷 匡人.海賊たちの中世.吉川弘文館,1998,205p.,(歴史文化ライブラリー,56).〔本学所蔵 210.4//Ka47〕
 ・佐藤 和夫.海と水軍の日本史.原書房,1995,上・下巻,324,355p.〔本学所蔵 201.1//Sa85//上下〕
 ・佐藤 和夫.日本中世水軍の研究:梶原氏とその時代.錦正社,1993,418p.,(錦正社史学叢書).
 ・佐藤 和夫.日本水軍史.原書房,1985,465p.
 ・宇田川 武久.日本の海賊.誠文堂新光社,1983,290p.
 ・村上 護.日本の海賊:戦雲たなびく水軍旗.講談社,1982,298p.
 ・長沼 賢海.日本の海賊.至文堂,1955,209p.,(日本歴史新書).〔本学所蔵 329.2602//N16〕

 〔瀬戸内海の海民史〕
 ・松原 弘宣.古代国家と瀬戸内海交通.吉川弘文館,2004,424p.
 ・網野 善彦.海と列島の中世.講談社,2003,386p.,(講談社学術文庫,1592).
 ・地方史研究協議会編.海と風土:瀬戸内海地域の生活と交流.雄山閣,2002,273p.
 ・木村 三千人.瀬戸内風土記:大山祇神社をめぐって.創風社出版,2001,191p.,(風ブックス, 010).
 ・沖浦 和光.瀬戸内の民俗誌:海民史の深層をたずねて.岩波書店,1998,246p.,(岩波新書 新赤版, 569)
 ・森 浩一, 網野 善彦, 渡辺 則文;瀬戸内しまなみ海道周辺地域振興協議会, 中国新聞社, 愛媛新聞社編.瀬戸内の海人たち:交流がはぐくんだ歴史と文化.中国新聞社,1997,254p.
 ・網野 善彦,石井 進編.内海を躍動する海の民.新人物往来社,1995,357p.,(中世の風景を読む, 6).
 ・宮本 常一.瀬戸内海の研究:島嶼の開発とその社会形成‐海人の定住を中心に.復刻版,未来社,1992,742p.
 ・河合 正治.瀬戸内海の歴史.至文堂,1967,251p.,(日本歴史新書).


○ 一次史料ならびに家伝文書等の文化財調査報告ほか
 ・土居 聡朋,山内 治朋,村井 祐樹編.戰國遺文 瀬戸内水軍編.東京堂出版,2012,472p.
 ・今治市村上水軍博物館編.村上家武具関係資料調査及び修理報告書.今治市教育委員会,2005,120p.
 ・今治市村上水軍博物館編.村上家文書調査報告書:今治市村上水軍博物館保管.今治市教育委員会,2005,214p.
 ・愛媛県教育委員会文化財保護課編.しまなみ水軍浪漫のみち文化財調査報告書 建造物編.愛媛県教育委員会,2002,95p.
 ・水軍誌:宮窪町誌抜粋.宮窪町教育委員会,2001,88p.
 ・宮窪町文化財専門委員会編.能島水軍誌.宮窪町教育委員会,1991,91p.
 ・宮窪町教育委員会編.宮窪町保管村上水軍文書調査書.宮窪町役場,1986,117p.
 ・国学院大学日本文化研究所編.大山祇神社史料:記録篇.大山祇神社社務所.1990-1993,全3篇.833,856,900p.
 ・森重都由(原編著),伊井春樹(訳).合武三島流船戦要法:村上水軍船戦秘伝.教育社,1979,上下巻,257,240p.
 ・広島県教育委員会.瀬戸内水軍:瀬戸内水軍資料調査報告書,広島県文化財協会,1976,159, 8p.
 ・景浦 勉編.忽那家文書.伊予史料集成刊行会,1964,236p.,(伊予史料集成, 第1巻).
 ・藤田 政助編.大三島の宝器と三島水軍.大三島宮保勝会,1926,22p.

○ 村上水軍根拠地の芸予諸島や瀬戸内などの史蹟探訪と紀行文など
 ・森本 繁.村上水軍全紀行.新人物往来社,2009,268p.
 ・瀬戸内水軍散歩編集委員会.瀬戸内海水軍散歩24コース.山川出版社,2002,200p.
 ・山口 徹編.瀬戸内諸島と海の道.吉川弘文館,2001,273p.,(街道の日本史, 42)
 ・村谷 正隆.海賊史の旅:村上水軍盛衰記.海鳥社,1990,224p.,(海鳥ブックス,7).
 ・中国新聞社編著.瀬戸内水軍を旅する.新人物往来社,1990,230p.
 ・森本 繁.歴史紀行 瀬戸内水軍.新人物往来社,1987,254p.
 ・村上 正名.“まぼろしの海賊城”.まぼろしの瀬戸内海.新人物往来社,1972,p.***-***.


○ 村上水軍や村上武吉などを扱った文芸作品
 ・和田 竜.村上海賊の娘.2013,上・下巻,475,499p.
 ・島田 荘司.星籠の海.講談社,2013,上・下巻,450,434p.
 ・大橋 蘭.水軍.日本文学館,2011,147p.
 ・岡篠 名桜,久遠 あき(イラスト).玻璃の夢船.集英社,2010,272p.,(コバルト文庫, )
 ・新橋 遊吉.蒼き潮流の狼たち:異説・村上水軍叛逆の譜.双葉社,1998,370p.,(Futaba novels, )
 ・岳 真也.村上武吉:毛利を支えた水軍大将.PHP研究所,1997,397p.,(PHP文庫).
 ・生駒 忠一郎.海賊大将軍の埋蔵金:村上武吉の生涯.KTC中央出版,1997,237p.
 ・村上 睦夫.疾風と凪と:海賊大将・村上義弘.新人物往来社,1994,232p.
 ・古川 薫.“瀬戸の海賊”.獅子の廊下の陰謀.講談社,1992,p.***-***.,(講談社文庫, **).
 ・白石 一郎.海狼伝.文芸春秋,1990,478p.,(文春文庫, ***).
 ・城山 三郎.秀吉と武吉:目をあげれば海.改版.新潮社,1990,411p.,(新潮文庫, し-7-22).
 ・古川 薫.“瀬戸の海賊”.流れるを斬る.毎日新聞社,1989,p.173-196.
 ・神坂 次郎.“村上水軍戦記”.戦国を駆ける.中央公論社,1988,p.**-**.
 ・白石 一郎.海狼伝.文芸春秋,1987,280p.
 ・守屋 多々志.秀吉と武吉:守屋多々志画集.朝日新聞社,1986,15p, 図版50枚.
 ・城山 三郎.秀吉と武吉:目をあげれば海.朝日新聞社,1986,342p.

○ 鶴姫伝説を扱った文芸作品や児童文学作品、コミック
 ・あかまつ つぐみ.鶴姫の鎧.アスコン,2009,268p.
 ・東郷 隆.“つる姫奮戦”.黒髪の太刀:戦国姫武者列伝,文芸春秋,2009,p***-***,(文春文庫, ***).
 ・東郷 隆.“つる姫奮戦”.女甲冑録.文芸春秋,2006,p.190-238.
 ・阿久根 治子(著);瀬川 康男(イラスト).つる姫.福音館書店,2004,304p.,(福音館文庫 ,物語S-31).
 ・稲葉 義明, F.E.A.R..“”.剣の乙女:戦場を駆け抜けた女戦士.新紀元社,2003,p.***-***.,(Truth In Fantasy, 59).
 ・森 秀樹.海鶴.小学館,2000,全3巻.
 ・久保田 百合(画),野副 浩基(脚色).海の鈴:つる姫物語.第2版,大山祇神社社務所,1991,131p.
 ・杉山 義法脚本.海洋歴史ロマン 鶴姫伝奇:興亡瀬戸内水軍.1990,170p.
 ・三島 安精.つる姫さま:原題 海と女と鎧.大山祇神社社務所,1966,214p.
 ・三島 安精.海と女と鎧:瀬戸内のジャンヌ・ダルク.小峯書店,1966,214p.


◆ 映画やTVドラマなどの映像作品、舞台作品
 ・大森 研一監督作品.瀬戸内海賊物語.2014年05月公開.
http://setokai.jp/  last_access:2014-02-15)
http://setokai.net/index.html  last_access:2014-02-13)
 ・坊ちゃん劇場;わらび座公演.ミュージカル 『鶴姫伝説:瀬戸内のジャンヌ・ダルク』.
  2009年04月~2010年03月に公演.
http://www.botchan.co.jp/tsuruhime/  last_access:2014-02-18)
 ・TVドラマデータベース:鶴姫伝奇-興亡瀬戸内水軍.日本テレビ制作.1993/12/28放映.DVD.2001.
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-29872  last_access:2014-02-04)


◆ CiNii_Articlesを使って、Kw:“村上水軍”で検索すると17件の研究論文と雑誌記事があった。
 (【Nii】 http://bit.ly/LJWHu4  last_access:2014-02-04)
  → Kw:“海賊衆”or“警固衆”or“船手衆”or“船手組”で検索すると27件の研究論文と雑誌記事があった。
 (【Nii】 http://bit.ly/1owE6Rk  last_access:2014-02-15)


〔参考 Wikipedia : 村上水軍〕
http://bit.ly/1emhFLw  last_access:2014-02-04)
〔参考 Wikipedia : 村上武吉〕
http://bit.ly/1kb8eAX  last_access:2014-02-05)
NDC
日本史  (210 9版)
海運  (683 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】.森岡浩 編. 戦国大名家辞典. 東京堂出版, 2013.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I025040583-00 , ISBN 9784490108422 (本学所蔵 288.2//Se64)
【資料2】.戦国武鑑:戦国武将出自辞典 Website :
http://www2.harimaya.com/sengoku/bk_serch.html  last_access:2014-02-18)
【資料3】.北川建次, 関太郎, 高橋衞, 印南敏秀, 佐竹昭, 町博光, 三浦正幸 編. 瀬戸内海事典. 南々社, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009206611-00 , ISBN 9784931524637 (本学所蔵 217.4//N48)
【資料4】.村上水軍博物館 公式Website : 刊行物
http://www.islands.ne.jp/imabari/bunka/suigun/issue.html  last_access:2014-02-04)
【資料5】.村上水軍:日本最大の海賊王 Z旗 Website :
http://www.z-flag.jp/suigun/  last_access:2014-02-04)
【資料6】.戦国日本の津々浦々 Website : 瀬戸内水軍列伝
http://proto.harisen.jp/suigun.html  last_access:2014-02-04)
【資料7】.日本海事史学会 公式Website : 「海事史研究」総目次
http://kaijishi.jp/kaijishikenkyu.html  last_access:2014-02-13)
キーワード
(Keywords)
村上 武吉(むらかみ たけよし)
村上 元吉(むらかみ もとよし)
村上 景親(むらかみ かげちか)
瀬戸内水軍 伊予水軍 河野水軍 毛利水軍 大内水軍 小早川水軍
三島村上水軍 能島村上水軍 因島村上水軍 来島村上水軍 村上海賊
日本の海賊 海の武士団 海賊衆 警固衆 船手衆 御船手組
大三島 大山祇神社(おおやまづみじんじゃ) 大山積大明神 三島大明神 大祝職(おおはふりしょく)
鶴姫伝説 つる姫 大祝鶴姫
愛媛県今治市
広島県尾道市
芸予諸島 越智大島 伯方島 岩城島 生口島 弓削島
海賊禁令 海賊禁止令 海賊鎮圧令 海賊停止令
小早川 隆景(こばやかわ たかかげ)
大三島の合戦 厳島の合戦 木津川口の海戦 石山本願寺合戦 文禄の役 慶長の役
帆別銭 櫓別銭 荷駄別銭 関銭徴収
中世史 瀬戸内海地域史 海上交通史 郷土史 地方史
戦国武将 水軍大将 海賊大将
武家萬代三島海賊家軍日記 合武三島流船戦要法 村上船戦要法 萩藩閥閲録
備考
(Notes)
更新履歴
本データは2014年2月4日に登録したものに、3月19日に新たに内容を追加し整理して記述しています。
登録番号
(Registration number)
2000022777完成/未完成
(Complete / Incomplete)
未完成
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!