このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-031
調べ方作成日
(Creation date)
2012年10月30日登録日時
(Registration date)
2012年11月08日 16時30分更新日時
(Last update)
2012年12月06日 09時41分
調査テーマ
(Title of the search guide)
ウォーキングについて調べる(埼玉県立久喜図書館 調べ方案内 Milestone No.31)
調べ方
(Contents of the search guide)
■ 今回のテーマ ■
健康づくりのために、多くの方が様々な運動を行っています。そのような中、今回は〈ウォーキング〉をテーマに、トレーニング方法に関するノウハウやウォーキングで楽しむ自然観察・歴史探訪など、各種資料や情報の探し方をご紹介します。

■ キーワード ■
特定のテーマについての情報を探す際は、あらかじめ調べたいテーマに関連するキーワードをもとに調査を開始すると、手際よく情報を集めることができます。

ウォーキング、スリーデーマーチ、歩行、競歩、ハイキング、トレッキング、一万歩、有酸素運動、エクササイズ、フィットネス、オリエンテーリング、ダイエット、体脂肪率、生活習慣病、歩数計

■ 関連資料・情報の集め方 ■

事典・辞書・ハンドブックなど、調べものに使う本を参考図書といい、当館では請求記号の頭にRを付け、一般書とは別の書架に置いてあります。参考図書は、館内でご利用ください。

1 テーマに関連する基本的な知識を得る
(1)ウォーキングの概要を知るために、まず百科事典を見てみましょう。
①『日本大百科全書』(小学館 1984-1997)
②『ブリタニカ国際大百科事典』(フランク・B.ギブニー編 ブリタニカ 1984)
③『平凡社大百科事典』(平凡社 1984-1985)
まず、各事典で〈ウォーキング〉を引いてみます。残念ながら①、②、③全てにおいて「ウォーキング」の項目は載っておりません。なお、関連キーワードの「競歩」、「ハイキング」、「オリエンテーリング」に関しては、歴史やルール、競技の種類に関する説明が載っています。また、③には「ウォークラリー」が載っており、レクリエーションのオリエンテーリングとあります。事典によって新たなキーワードも見つかります。複数の事典を見比べてみると面白いでしょう。
また、上表の百科事典は出版年が古いため、新しい情報を得るには、インターネット上の百科事典《ウィキペディア》( http://ja.wikipedia.org/wiki/ ) などが役に立ちます。

(2)次は百科事典以外の本を使って、もう少し詳しく調べてみましょう。
▼ウォーキングについて調べる
①『ニュースポーツ用語事典』( 野々宮 徹著 遊戯社 2000)
②『健康づくりトレーニングハンドブック』(新藤宗洋、他編 朝倉書店 2010)
① 世界に広まっている身近なスポーツ(日本では「ニュースポーツ」とネーミング)に関して紹介・説明されています。ウォーキングについては、速さよりも楽しみと健康・体力づくりのために長い距離を歩くこと、とあり、歴史や種類が載っています。
② 医学、栄養学、各種健康づくり等からウォーキングの実践に関する情報が書かれています。
▼実際に、どのくらいの人数がウォーキングをしているのか調べる
①『スポーツライフ・データ 2010』(笹川スポーツ財団 2010)
②『スポーツライフ白書』((財)余暇開発センター編 ぎょうせい 1998)
① ウォーキングの実施率や愛好者人口、観覧希望率などを知ることができます。
② ウォーキングは、暮らしにとけ込むスポーツに含まれており、年代別の活動状況、使う時間・費用、誰と楽しむかなど、様々な面で分析されています。

2 テーマに関連する図書を探す
(1)埼玉県立図書館にある本を探す
① 直接、本棚を探す
ウォーキングに関する入門書やトレーニンング法、手記などの本を探したい時は、陸上競技の主題分類〈782〉、スポーツ・体育〈780〉の本棚を見に行きましょう。また、健康法などを含む衛生学〈498〉の本棚も探してみるとよいでしょう。
② 蔵書検索用コンピュータ(館内OPAC)で探す
埼玉県立図書館の蔵書を調べることができます。
例えば、「書名」の欄に〈ウォーキング〉と入力して検索をしてみましょう。書名に「ウォーキング」を含む資料がヒットします。次に、「内容注記」の欄に〈ウォーキング〉と入力してみましょう。これにより、資料の内容紹介に「ウォーキング」という言葉が使われた資料がヒットするので、書名に使われていない資料でも検索することができます。検索結果数が多い時は、「出版年月」を指定するなど、条件を絞って検索することも可能です。
また、〈ウォーキングマップ〉などで検索をしますと各地にあるウォーキングコースの情報が得られます。

(2)埼玉県立図書館にない本も含めて、刊行された本を探す
①『スポーツの本 全情報 2003-2008』(日外アソシエーツ株式会社編 日外アソシエーツ 2009)を使って探してみましょう。
  「ウォーキング・ジョギング」の見出しには、116点の書誌が載っており、〈美容ウォーキング〉では、視聴覚資料についても載っています。他には「ハイキング・山歩き」、「沢歩き」の見出しもあります。
②インターネットで探す
▼《埼玉県内公共図書館等 横断検索システム》( http://cross.lib.pref.saitama.jp/
 埼玉県内の市町村立図書館等の蔵書を一度に検索することができます。
▼《国立国会図書館サーチ》( http://iss.ndl.go.jp/
 国立国会図書館が所蔵する全ての資料をはじめ、全国の公共図書館、公文書館、美術館や学術研究機関等が所蔵する資料を検索できます。
▼国立情報学研究所 《WebcatPlus》( http://webcatplus.nii.ac.jp/
 江戸期前から現代までに出版された書物を対象に、全国の大学図書館や国立国会図書館の所蔵目録や新刊書の書影など、様々な情報源を統合した形で検索できます。

3 テーマに関連する雑誌にはどのようなものがあるのか知る
(1)県立久喜図書館所蔵の〈ウォーキング〉を含めた、陸上競技全般に関連する雑誌
 当館では下表の雑誌を所蔵しています。資料保存のため、刊行後2年を過ぎた雑誌は貸出できませんが、館内での閲覧と著作権法の範囲内でのコピーは可能です。
『月刊陸上競技』(講談社 1970.1-) [継続受入]
『スポーツグラフィック・ナンバー』(文藝春秋 1981.1.5-) [継続受入]
『陸上競技マガジン』(ベースボール・マガジン社 1979.4-) [継続受入]

(2)市販されている雑誌を探す
『雑誌新聞総かたろぐ 2011年版』(メディア・リサーチ・センター株式会社編 メディア・リサーチ・センター 2011)を使って探してみましょう。分野コード早見表で「ウォーキング」をひくと 0420(スポーツ一般・陸上競技)という分野にあることがわかります。ただし、この分野コードはスポーツ一般というくくりのため、ウォーキングだけでなく、各種競技雑誌も収録されています。

4 テーマに関連する雑誌記事を探す
 「あるテーマについて書かれた論文を知りたい」「ある人が書いた論文を調べたい」「論文名や著者はわかるが、掲載雑誌名や掲載年月がわからない」などの場合は、データベースを利用すると手早く調べることができます。各データベースで採録雑誌や採録年が異なりますので、複数のデータベースのご利用をお勧めします。
 例として、1970年代にウォーキングの機運を高めた「日本歩け歩け協会」第二代会長 金子智一氏に関する記事を探してみましょう。(所蔵については、当館にお問い合わせください)

▼《国立国会図書館サーチ》( http://iss.ndl.go.jp//
キーワードに〈金子智一〉と入力して「記事・論文」をクリックすると、1件該当します。
高峰 修著「歩け歩け運動からウォーキングへ 歩け歩け運動を支えた八田一朗と金子智一」(『ウォーキング科学 No.4』p113-116 日本ウォーキング学会 [2000]) 
▼《CiNii Articles 日本の論文を探す》( http://ci.nii.ac.jp/
キーワードに〈金子智一〉と入力して「論文検索」をクリックすると、1件該当します。
高峰 修著「歩け歩け運動からウォーキングへ 歩け歩け運動を支えた八田一朗と金子智一 第4回日本ウォーキング学会大会 研究発表」( 『ウォーキング科学 4』 p113-116 日本ウォーキング学会 (2000))

▼《MAGAZINEPLUS》
「国立国会図書館雑誌記事索引」を収録するほか、一般誌なども収録した商用データベースです。全文検索の項目に〈金子智一〉と入力して検索すると、2件該当します。
《MAGAZINEPLUS》は埼玉県立久喜図書館でご利用いただけます。検索(無料)及び複写サービス(有料)は案内カウンターで行っています。
高峰修著「第4回日本ウォーキング学会大会 – 研究発表 歩け歩け運動からウォーキングへ 歩け歩け運動を支えた八田一朗と金子智一」 (『ウォーキング科学(4)』 p113-116  [2000])
金子智一著「自然公園にとって「利用」とは 歩け、歩け歩け」(『国立公園 (409)』 p14-17 [1983])

5 テーマに関連するWEBサイトを見る
(1)埼玉県の情報
▼埼玉県内の各所にてウォーキングを楽しみたい
 《NPO 埼玉県ウオーキング協会》( http://www.saitama-walking-kyokai.jp/
  埼玉県にある豊かな自然、歴史探訪などを多くの参加者とともにウォーキングで楽しめます。また、初心者の方や、ウォーキングを楽しみたい方に教えるウォーキング教室も開かれています。
▼東松山市「日本スリーデーマーチ」について知りたい
 《東松山市 スポーツ推進課》( http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/out/3d_march/3dmarch.htm
  東松山市で行われる日本では最大規模の大会です。国際マーチングリーグに加盟しており、大勢の外国人も集まります。毎年、8万人を超える参加者が比企丘陵を歩く「ウォーキング」の祭典です。
▼地元の総合型スポーツクラブに参加したい
 《財団法人 埼玉県体育協会》 ( http://www.saitama-sports.or.jp/area_club/
  総合型地域スポーツクラブのページがあり、「総合型地域スポーツクラブを知りたい・創りたい人」のためのページと「地元の総合型クラブでスポーツしよう、お手伝いしよう」のページがあります。
▼埼玉県内の大会について知りたい
 《埼玉陸上競技協会》 ( http://sairiku.net/
  埼玉県を中心とした陸上競技の情報を発信しています。埼玉陸上競技協会が主催する大会一覧、大会結果一覧、また埼玉県における記録が掲載されています。

(2)国内の情報
▼様々なウォーキングイベントの情報について知りたい
 《社団法人 日本ウオーキング協会》( http://www.walking.or.jp/
2004年に発表された「美しい日本の歩きたくなるみち500選」を選定、提案した協会のサイトです。これからウォーキングにチャレンジする方、ウォーキングをもっと楽しみたい方、ウォーキングを通じて健康づくりしたい方を応援し、それに向けたウォーキング大会の開催やウォーキング教室などの企画を行っています。全国における様々なイベント、ウォーキング教室の開催、指導者養成などの日程に加え、国際的ウォーカーが参加するマーチングリーグの開催情報なども見ることができます。
▼陸上競技公式大会や記録についての情報を知りたい
 《日本陸上競技連盟(JAAF)》( http://www.jaaf.or.jp/fan/
  日本における陸上競技界を統轄し、代表する団体の公式サイトです。大会情報や大会結果をはじめ、選手名鑑、記録(世界記録、アジア記録、日本記録)、陸上ガイド、陸上競技ヒストリーなどが掲載されています。また、大会名や選手名から検索できる検索画面もあります。 
 《日本オリンピック委員会(JOC)》( http://www.joc.or.jp/
  公式サイトです。オリンピックなどの国際総合競技大会や日本代表選手団の情報、大会記録をはじめ、コラムやインタビュー、競技紹介のページもあります。
 《日本身体障害者陸上競技連盟(JAAFD)》( http://www.jaafd.org/index.html
  車いすマラソンの他、パラリンピック、国内外の大会情報・結果、日本記録を見ることができます。
 《陸上競技サプリ》( http://riksap.com/
  個人のサイトです。陸上競技リンク集には、全国の陸上競技連盟や協会、学生競技部や地方陸上クラブへのリンクが貼ってあります。
▼関連機関を知りたい
 《笹川スポーツ財団》( http://www.ssf.or.jp/
  スポーツ政策に対する提言や、スポーツに関する研究調査、データの収集・分析・発信を行っている機関です。
 《秩父宮記念スポーツ博物館・図書館》( http://naash.go.jp/muse/
  独立行政法人日本スポーツ振興センターが運営するスポーツ専門書の図書館です。特にスポーツ雑誌のバックナンバーが充実しています。WebOPAC ( http://jiss.opac.jp/ )での蔵書検索も可能です(館外貸出は行っていません)。
NDC
陸上競技  (782 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
ウォーキング
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000021339完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!