このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
調べ方129
調べ方作成日
(Creation date)
2021年05月14日登録日時
(Registration date)
2021年05月14日 11時44分更新日時
(Last update)
2021年08月03日 15時16分
調査テーマ
(Title of the search guide)
伊丹市関連資料の収録がある無料の電子書籍・論文等リンク集
調べ方
(Contents of the search guide)
■青空文庫
https://www.aozora.gr.jp/  

・『新春・日本の空を飛ぶ』坂口安吾
https://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45896_34350.html
本文より一部抜粋
 「奈良から晴れた空を急降下、伊丹飛行場につく。耳を痛がる人が多い。急に増圧のせいだ。着陸卅分後まだ耳が聞えないとこぼす人もいる。私は潜水になれたせいか、全く耳に変化を感じなかった。
 岸田兵庫県知事、ミス大阪等出迎え多勢である。伊丹ときいて、福田画伯と私は、伊丹の生一本を飲まずんばあるべからずと脱出を試みたが、軍用飛行場で外へ出してもらえなかった。さッさと機上へ押し上げられ有無を言わさず連れ戻されてしまった。」

・『濁酒を恋う』佐藤垢石
https://www.aozora.gr.jp/cards/001248/files/46801_26521.html
本文より一部抜粋
 「蜀山人の就牘には、
 当地は池田伊丹近くて、酒の性猛烈に候。乍去宿酔なし、地酒は調合ものにてあしく候。此間江戸より酒一樽船廻しにて富士を二度見候ゆへ二望嶽と名付置申候。本名は白雪と申候。至って和らかにて宜敷聯句馬生に対酌――などとある。これは昔、酒樽を灘から船で積み出し、遠州灘や相模灘で富士の姿をながめながら江戸へ着き、その積んで行った樽のうち二、三本をさらに灘へ積み返し、上方の酒仙たちの愛用に供したから、富士見酒と言ったものであろう。」
など


■国立国会図書館デジタルコレクション
https://www.dl.ndl.go.jp/  
(一般公開の資料は誰でも閲覧可能。図書館送信となっているものは「ことば蔵」で閲覧可能ですが、事前に伊丹市立図書館での利用登録が必須です。詳しくは以下をご参照ください。「国立国会図書館デジタルコレクションについて」 https://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/guide/1484101510986.html
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、図書館サービスを制限している場合があります。3階インターネット端末がご利用になれない場合は、デジタルコレクションの閲覧もできません。当館HPも併せてご参照ください。
https://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/EDSHOGAI/EDLIB/index.html

・『外国地理表解』小林杖吉
(別名:小林丹城・小林稲葉。1912年に私立伊丹図書館を設立) 
https://www.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/900202

・『大日本醸造家名鑑』室次郎 編
本文より一部抜粋
「今日に至る迄伊丹酒の運命を濁り双肩に荷ひて能く襲弊債を保ちたる小西家の功績登に砂少あらんや然 れば古来より伊丹ある地名は小西家醸造酒の代名詞こして銘醸の名到る」
https://www.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/901294
など


■アジア歴史資料センター
https://www.jacar.go.jp/

・「皇太子殿下兵庫県下並大坂府下ニ於ケル師団対抗演習地ヘ行啓通知」
https://www.digital.archives.go.jp/das/image/M0000000000000781653


■CiNii Articles
https://ci.nii.ac.jp/

・「中心市街地活性化基本計画の設定区域とバルイベントの実施範囲との比較 : 兵庫県を事例として
Comparing Areas Subject to the "Central Urban Area Revitalization Basic Plan" and the Scope of Baru Ibento : A Case Study of Hyogo Prefecture」石原肇
https://ci.nii.ac.jp/naid/120006631447
など


■IRDB
https://irdb.nii.ac.jp/

・「博物館と災害資料 : 伊丹市立博物館の取り組み (<特集>地域歴史文化の形成と災害資料 : 認識すること・記録すること・伝えることの意味を考える) 」小長谷正治
https://irdb.nii.ac.jp/01257/0001674525

・「近世後期伊丹郷町運営の研究」加藤明恵
https://irdb.nii.ac.jp/01257/0003788043
など


■Googleブックス
https://books.google.co.jp/?hl=ja  

・「灘酒沿革史」神戸税務監督局
https://www.google.co.jp/books/edition/%E7%81%98%E9%85%92%E6%B2%BF%E9%9D%A9%E8%AA%8C/Wy31GgiFbSYC?hl=en&gbpv=0
など


■Google Scholar
https://scholar.google.co.jp/

・「伊丹市昆虫館と郵便局の連携事業「伊丹の自然絵はがき大募集!!」の報告」野本康太、奥山清市、坂本昇
https://www.jstage.jst.go.jp/article/itakon/4/0/4_17/_article/-char/ja/

・「昆虫食をテーマとした展覧会 伊丹市昆虫館企画展「昆虫食〜ごはんやでぇ」開催報告」坂本昇、角正美雪、野中健一
https://www.jstage.jst.go.jp/article/itakon/2/0/2_27/_article/-char/ja/
など

※URL最終確認日:2021.7.31
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
オープンアクセス
OA
兵庫県伊丹市
備考
(Notes)
※紹介サイトは一例です。全世界の電子書籍・論文サイトを網羅したものではありません。

・「伊丹は清酒発祥の地」伊丹市観光物産協会
http://itami-kankou.com/itami
・「日本遺産『「伊丹諸白」と「灘の生一本」下り酒が生んだ銘醸地、伊丹と灘五郷』」伊丹市総合政策部空港・広報戦略室都市ブランド・観光戦略課
https://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/SOGOSEISAKU/toshibrand/Japan_Heritage/NINTEI2020.html
登録番号
(Registration number)
2000027001完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成
Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!