このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
桐朋学園大学附属図書館 (3310008)管理番号
(Control number)
S00-066
調べ方作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2020年10月22日 15時11分更新日時
(Last update)
2021年01月22日 14時33分
調査テーマ
(Title of the search guide)
明治期の洋楽について調べる
調べ方
(Contents of the search guide)
日本における西洋音楽の本格的な移入と学習は、1868(明治1)年の明治維新以後に開始された。まず軍楽隊の編成から始まり、音楽教育の分野でも教材作成、教員養成のための音楽取調掛が設置された。(『世界大百科事典』より)
この時期の歴史を調べるには・・・

《全般》
◆音楽事典・辞典
*音楽大事典. 平凡社, 1981-1983. [参 760:ONGD]   
項目名「洋楽」
*ニューグローヴ世界音楽大事典. 講談社, 1994-95. [参 760:NYU]  
・項目名「日本」の「VII. 明治以降(1868~)の音楽 1. 西洋音楽の輸入と発展」
・参考文献
*日本音楽教育事典. 音楽之友社, 2004. (WS02-020) [参 760.7]  
項目名「明治前期」、「明治後期」、「音楽教育」など

◆参考図書
*洋楽の本 : 明治期以降刊行書目. 小川昴編. 民音音楽資料館, 1977-. [参 760.31:YOUNH]
  分類順の図書リスト  「音楽史-日本-明治期以降」の項目
*音楽文献目録. RILM国内委員会編集. 1973-. 1~20の索引あり。[参 Z:O]
  分類別 日本  33J.1 一般(概論・通史他)および 33J.5 近代・現代

◆史料
*日本の洋楽百年史. 秋山龍英編著. 第一法規出版, 1966. (U01-918)
  明治より1966年に至る洋楽の展望と明治5年より昭和20年までの資料(新聞・雑誌・演奏会プログラム・文書類)。洋楽史年表付き。
*東京日日新聞音楽関係記事集成. 日本近代洋楽史研究会. 大空社, 1995. (WT00-486) [参762.1:MEINT:1]
  明治期日本人と音楽:日本近代音楽館「新聞記事にみる日本の洋楽」プロジェクトの調査に基づく。
*東京芸術大学百年史. 音楽之友社, 1987-2003.
  東京音楽学校篇 第一巻第一章 音楽取調掛 1879-1887   (U04-738)
             第二章 明治時代の東京音楽学校
演奏会篇  第一巻第一部 明治・大正篇 (WS00-310)
*五線譜に描いた夢 : 日本近代音楽の150年. 樋口隆一ほか編著. 明治学院大学, 2013. (WT01-514)
 明治学院大学図書館付属日本近代音楽館の所蔵資料を中心に、全国の資料館、美術館などに残された貴重な資(史)料を加えた展覧会のカタログ。

《OPACの検索》
◆明治時代の洋楽
分類 「762.1 日本(伝統邦楽を除く)」で検索し、「明治」、「洋楽」、「近代」、「西洋音楽」等のキーワードで絞り込み。
*音楽明治百年史. 堀内敬三. 音楽之友社, 1968. (U01-972)
  明治初年以来100年間の通史。
*日本の洋楽:ペリー来航から130年の歴史ドキュメント. 大森盛太郎. 新門出版社, 1966, 第1巻. (U04-487)
  幕末から終戦まで。巻末に参考文献あり。
*近代日本洋楽史序説. 中村洪介. 東京書籍, 2003. (WR04-186)
  近代日本洋楽史の始まりを、従来の音楽史を覆して、1800年代前後まで遡らせ、日本人の近代音楽への精神活動を、史料はもとより、辞書や日記、新聞広告などからもつぶさに、そして生き生きと読み解いた大著。
*洋楽導入者の軌跡:日本近代洋楽史序説. 中村理平. 刀水書房, 1993. (WR06-123)
  幕末以降、1887年に東京音楽学校が開設される以前にわが国に渡来し、各機関と雇用契約を結んで教育や演奏に従事した、6カ国、12名の外国人教師を取り上げた。序論中に参考文献一覧・解説あり。
*十九世紀の日本における西洋音楽の受容. 塚原康子. 多賀出版, 1993. (WR02-025)
  事例研究として、第二章では明治初期の諸行事における西洋音楽の導入過程、第三章では西洋音楽の最初の職業的担い手となった海軍軍楽隊を取り上げその伝習過程を明らかにしている。
*明治の作曲家たち. 日本近代音楽館編. 日本近代音楽館, 2003. (WS02-000) [参 762.1]
26名対象。
*国家と音楽 : 伊澤修二がめざした日本近代 . 奥中康人. 春秋社, 2008. (WR05-213)
  1850年代から1900年くらいまでの約50年間の音楽の日本近代史で、中心人物となった伊澤修二(日本における音楽教育の創始者で、西洋音楽の普及に大きな貢献を果たし、東京音楽学校(現在の東京藝術大学音楽学部)の初代校長)の生涯。

◆軍楽隊
・キーワード「軍楽隊」で検索
*海軍軍楽隊:日本洋楽史の原典. 楽水会編. 国書刊行会, 1984. (U03-731)
  第一部 海軍軍楽隊史、第二部 資料編  巻末に年表あり。
*日本の吹奏楽史 : 1869-2000. 戸ノ下達也編著. 青弓社, 2013. (WR08-003)
  p.183-197 日本の吹奏楽と軍楽隊の変遷
・分類「764.60 吹奏楽」で検索し、「歴史」等のキーワードで絞り込み
*吹奏楽の編成と歴史. 新版, 音楽之友社, 1983, (吹奏楽講座, 第7巻). (U03-568)

◆音楽教育
・分類「760.7 研究法.指導法.音楽教育.コンクール.留学ガイド.音楽大学等」で検索し、「明治」、「近代日本」、「歴史」、「音楽取調掛」等で絞り込み。
*音楽教育成立への軌跡 : 音楽取調掛資料研究. 東京芸術大学音楽取調掛研究班編. 音楽之友社, 1976. (U03-072)
  巻末に年表、演奏会プログラム、主要参考資料あり。
*近代日本音楽教育史. 田甫桂三編著. 学文社, 1980. (1:U00-362、2:U02-725)
  第1巻 西洋音楽の導入
  第2巻 唱歌教育の日本的展開
*日本音楽教育史. 供田武嘉津. 音楽之友社, 1996. (WR02-554)
  第V部 近代I

◆唱歌
・分類「767.7 学校唱歌、童謡」で検索。
*唱歌大事典. 江崎公子ほか編. 東京堂出版, 2017. (WS03-191)[参767.7]
  明治以降、1947年までの唱歌集・教科書を時系列順に掲載。複数回の掲載を含め延べ2,534曲を収録。
  国内作詞・作曲家五十音別、国外作詞・作曲家五十音別、掲載曲の五十音別(歌い出し付)の索引あり。

《関係機関》
*明治学院大学図書館付属遠山一行記念日本近代音楽館
   https://www.meijigakuin.ac.jp/library/amjm/
  日本の近代・現代音楽を対象とする専門資料館。一般に公開している。

*民音音楽博物館  
   https://museum.min-on.or.jp/
  明治期以降、国内で刊行された西洋音楽関係図書(教科書は除く)を所蔵。
NDC
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
洋楽
明治時代
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000026732完成/未完成
(Complete / Incomplete)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!