このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

調べ方マニュアル詳細(Detail of search guide data)

提供館
(Library)
伊丹市立図書館 本館「ことば蔵」 (2300062)管理番号
(Control number)
調べ方80
調べ方作成日
(Creation date)
2018年11月29日登録日時
(Registration date)
2020年05月21日 10時16分更新日時
(Last update)
2021年06月22日 18時44分
調査テーマ
(Title of the search guide)
大切な人やペットなどの死を描いた絵本
調べ方
(Contents of the search guide)
■祖父
・『おじいさんのしごと』山西ゲンイチ/作 講談社 2013年 
・『おじいちゃん』梅田俊作/作・絵 梅田佳子/作・絵 ポプラ社 2017年  
・『おじいちゃんがおばけになったわけ』
  キム・フォップス・オーカソン/文 エヴァ・エリクソン/絵 菱木晃子/訳 あすなろ書房 2005年
・『おじいちゃんとのやくそく』石津ちひろ/文 松成真理子/絵 光村教育図書 2014年
・『おじいちゃんのごくらくごくらく』西本鶏介/作 長谷川義史/絵 鈴木出版 2006年
・『おじいちゃんは106さい』松田もとこ/作 菅野由貴子/絵 ポプラ社 1999年 ※ひいひいおじいちゃん
・『おじいちゃんをさがしに』トーマス・ティードホルム/文 アンナ―クララ・ティードホルム/絵 
  とやままり/訳 ほるぷ出版 1995年
・『おじいちゃんわすれないよ』ベッテ・ウェステラ/作 ハルメン・ファン・ストラーテン/絵 
  野坂悦子/訳 金の星社 2002年 
・『おぼえている?』
  マルティーン・ベック/文 アニー・ボノンム/絵 那須田淳/訳 ひくまの出版 2002年
・『おもいではきえないよ』
  ジョセフ・コエロー/作 アリソン・コルポイズ/絵 横山和江/訳 文研出版 2020年
・『死(考える絵本2)』谷川俊太郎/文 かるべめぐみ/絵 大月書店 2009年
・『じいじのさくら山』松成真理子/著 白泉社 2005年
・『なきすぎてはいけない』内田麟太郎/作 たかすかずみ/絵 岩崎書店 2009年
・『ぼくのおおじいじ』スティバンヌ/作 ふしみみさを/訳 岩崎書店 2013年 

■祖母
・『うさこちゃんのだいすきなおばあちゃん 改版』
  ディック・ブルーナ/文絵 まつおかきょうこ/訳 福音館書店 2010年
・『おばあちゃん』大森真貴乃/作 ほるぷ出版 1987年 ※認知症
・『おばあちゃんがいなくなっても…』ルーシー・シャーレンベルク/作 フェレーナ・バルハウス/絵 
  ささきたづこ/訳 あかね書房 2010年 
・『おばあちゃんといつもいっしょ』池見宏子/作 池見民子/絵 岩崎書店 1997年
・『おばあちゃんどこいくの…』
  やまとせいすい/作 よりくにさとし/絵 ワールドプランニング 1992年 ※認知症
・『おばあちゃんと花のてぶくろ』
  セシル・カステルッチ/作 ジュリア・ディノス/絵 水谷阿紀子/訳 文溪堂 2011年
・『おばあちゃんのちょうちょ』
  バーバラ・M.ヨース/文 ジゼル・ポター/絵 ふくもとゆきこ/訳 BL出版 2006年
・『おばあちゃんの花』内田麟太郎/文 村上康成/絵 佼成出版社 2005年
・『おばあちゃんのはねまくら』ローズ・インペイ/文 ロビン・ベル・コーフィールド/絵 佐藤見果夢/訳
  評論社 1997年 ※弟が生まれる前に亡くなった祖母の思い出
・『さきちゃんとおばあちゃん』松田素子/作 瀬戸口昌子/絵 ポプラ社 1991年
・『さようなら、おばあちゃん』メラニー・ウォルシュ/作 なかがわちひろ/訳 ほるぷ出版 2014年
・『さよならエルマおばあさん』大塚敦子/写真・文 小学館 2000年
・『さよなら、おばあちゃん』西本鶏介/作 狩野富貴子/絵 佼成出版社 2010年
・『ぶたばあちゃん』
  マーガレット・ワイルド/文 ロン・ブルックス/絵 今村葦子/訳 あすなろ書房 1995年
・『よあけまで』曹文軒/作 中由美子/訳 和歌山静子/絵 童心社 2002年
 
■父
・『おかあさんとさくらの木』柴わらし/作 田中清代/絵 ひくまの出版 2007年 ※両親
・『おとうさんの木』最上一平/作 長新太/絵 教育画劇 2003年
・『がんばれ、おじいちゃん』
  西本鶏介/作 栃堀茂/絵 ポプラ社 2012年
・『だいすきなパパへ』
  ジェシカ・バグリー/作 なかがわちひろ/訳 あすなろ書房 2015年 
・『てんごくのおとうちゃん』長谷川義史/作 講談社 2008年
・『とうちゃんのひざし』かとうよういち/文 木村かよこ/絵 海鳥社 1992年 
・『パパの柿の木』谷口真知子/作 亭島和洋/絵 星湖社 2016年 ※日航ジャンボ機墜落事故
・『まほうのマフラー』あまんきみこ/作 マイケル・グレイニエツ/絵 ポプラ社 2002年

■母
・『おかあさんとさくらの木』柴わらし/作 田中清代/絵 ひくまの出版 2007年 ※両親
・『かあさんのこころ』内田麟太郎/文 味戸ケイコ/絵 佼成出版社 2005年
・『悲しい本』マイケル・ローゼン/作 クェンティン・ブレイク/絵 谷川俊太郎/訳 あかね書房 2004年
  ※母、息子
・『悲しみのゴリラ』ジャッキー・アズーア・クレイマー/文 シンディ・ダービー/絵 落合恵子/訳 
  クレヨンハウス 2020年
・『さよならママがおばけになっちゃった!』のぶみ/作 講談社 2016年
・『ティモシーとサラかあさんのすきだった木』芭蕉みどり/作・絵 ポプラ社 2018年
・『街のいのち』立松和平/文 横松桃子/絵 くもん出版 2000年
・『ママがおばけになっちゃった!』のぶみ/作 講談社 2015年
・『もうすぐママは星になる:がんの母親とジェイミー』
  スー・ローソン/原作 レベッカ・ウィーラー/絵 神田由布子/訳 汐文社 2007年 ※ガン闘病中の母

■きょうだい
・『あたしのいもうと』武鹿悦子/作 樋口千登世/絵 佼成出版社 2000年 ※妹
・『エヴァはおねえちゃんのいない国で』ティエリー・ロブレヒト/文 フィリップ・ホーセンス/絵
  野坂悦子/訳 くもん出版 2006年 ※姉
・『おとうとのビー玉:身近な人を交通事故で失ったとき』
  クリスティヌ・ディールティエンス/作 ペーテル・アドリァーンセンス/作 サンネ・テ・ロー/絵 
  野坂悦子/訳 林由紀/訳 大月書店 2008年 ※弟の事故死
・『おにいちゃんがいてよかった』細谷亮太/作 永井泰子/絵 岩崎書店 2003年 ※兄
・『おねえちゃん』矢崎芳則/作 草土文化 1984年 ※姉
・『おねえちゃんにあった夜』シェフ・アールツ/文 マリット・テルンクヴィスト/絵 長山さき/訳
  徳間書店 2015年 ※主人公が生まれる前に亡くなった姉
・『おねえちゃんは天使』ウルフ・スタルク/作 アンナ・ヘグルンド/絵 菱木晃子/訳 
  ほるぷ出版 1997年 ※母が妊娠中に亡くなった姉
・『わたしのいもうと』松谷みよ子/文 味戸ケイコ/絵 偕成社 1987年 ※いじめを苦に自死した妹

■子ども
・『悲しい本』マイケル・ローゼン/作 クェンティン・ブレイク/絵 谷川俊太郎/訳 あかね書房 2004年
  ※母、息子
・『けんぼうは1年生』岸武雄/作 二俣英五郎/絵 ポプラ社 1981年 
・『ノロは花になった』北原綴/文 新井五郎/絵 創林社 1986年 

■ペット(犬) 
・『きみにあえてよかった』
  エリザベス・デール/文 フレデリック・ジュース/絵 小川仁央/訳 評論社 1997年 
・『さようなら、ありがとう、ぼくの友だち:ペットを失ったあなたへ』
  河原まり子/[作] 利岡裕子/[作] 岩崎書店 1998年
・『さよならチワオ』なりゆきわかこ/作 津金愛子/絵 ポプラ社 2006年 
・『さよならをいえるまで』
  マーガレット・ワイルド/文 フレヤ・ブラックウッド/絵 石崎洋司/訳 岩崎書店 2010年
・『ずーっとずっとだいすきだよ』ハンス・ウィルヘルム/絵と文 久山太市/訳 評論社 1988年
・『虹の橋』葉祥明/絵・訳 佼成出版社 2007年
・『ひろとチロのなつまつり』成田雅子/作・絵 講談社 2009年 
・『フォックスさんのにわ』ブライアン・リーズ/作 せなあいこ/訳 評論社 2019年

■ペット(猫)
・『ねがいごと』あさのますみ/作 そのだえり/絵 学研プラス 2020年 
  ※ペット目線のお話
・『ねこなんていなきゃよかった』村上しいこ/作 ささめやゆき/絵 童心社 2019年

■上記ほか、大切な人・ものたち 
・『あの夏』ガブリエル・バンサン/作 もりひさし/訳 ブックローン出版 1995年 ※友人
・『いつでも会える』菊田まりこ/著・装丁 学研教育出版 1998年 ※飼い主。ペット視点のお話
・『おもいで星がかがやくとき』刀根里衣/著 NHK出版 2017年 
  ※お星さまになった大切な人を探しに行くお話
・『くまじいさん』
  ウド・バイゲルト/作 クリスティナ・カドモン/絵 那須田淳/訳 ノルドズッド・ジャパン 2003年 
・『さよなら、ねずみちゃん』ロビー・H.ハリス/作 ジャン・オーメロッド/絵 
  飛鳥井望/監訳 亀岡智美/監訳 遠藤智子/訳 誠信書房 2015年
  ※ペットのねずみ
・『「死」って、なに?:かんがえよう、命のたいせつさ』
  ローリー・クラスニー・ブラウン/作 マーク・ブラウン/作 高峰あづさ/訳 文溪堂 1998年
・『テスの木』
  ジェス・M.ブロウヤー/文 ピーター・H.レイノルズ/絵 なかがわちひろ/訳 主婦の友社 2010年
  ※大好きな大きな木
・『わすれられないおくりもの』スーザン・バーレイ/作絵 小川仁央/訳 評論社 1986年

■つらいことが起きたときに読む本
・『とつぜんつらいことがおきたら(キッズなやみかいけつ)』
  オナー・ヘッド/文 川野太郎/訳 小林朋子/日本語版監修 岩崎書店 2021年 
  ※利用対象:小学2-3年生 件名:精神衛生
NDC
医学  (490)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
死別
ペットロス
グリーフケア
備考
(Notes)
登録番号
(Registration number)
2000026647完成/未完成
(Complete / Incomplete)
完成