このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

特別コレクション詳細(Detail of special collection data)

提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edoc2019企展04
登録日時
(Registration date)
2020年04月24日 10時12分更新日時
(Last update)
2021年02月19日 14時02分
コレクション名
(Collection name)
18世紀ソウルの日常-ユマンジュ日記の世界
コレクション名ヨミ
(Pronunciation key)
18セイキ ソウル ノ ニチジョウ ユマンジュ ニッキ ノ セカイ
内容
(Outline)
2019年10月22日(火)〜12月01日(日)

現在のソウルが漢陽ハニャンと呼ばれていた1755年に生まれたユマンジュ(兪晩柱)は、21歳になった1775年1月1日から死没する直前の1787年12月14日までの間、およそ13年間にわたって日記を書き続けました。ユマンジュは自らの日記に「欽英フムヨン」と名前をつけ、日々の出来事ばかりでなく、心のなかの葛藤までも、ありのまま克明に記録しました。

 本展覧会では、ユマンジュが遺した貴重な日記のうち、1784年の1年間を取り上げ、彼の暮らしぶりをとおして漢陽の風景やそこに暮らす人々の日常生活を紹介します。地方に赴任した父にかわって家長をつとめながら、少しでもよい住環境をもとめて新しい家に引っ越そうと奮闘したり、あるいは科挙受験に失敗して打ちひしがれたりしながら、この時代を誠実、かつ懸命に生きたユマンジュの姿を当時の社会を彩る様々な資料とともに展示します。

江戸東京博物館HP  https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/project/26564/18  (最終アクセス日:2020年4月24日)より
来歴
(Origin)
利用条件
(Restriction on use)
目録等
(Catalog)
『18世紀ソウルの日常 ユマンジュ日記の世界 企画展』東京都江戸東京博物館/編 ソウル歴史博物館/編集協力 東京都江戸東京博物館 令和1年10月22日 M3624/TO-003/ 534 -S00
紹介文献
(Literature )
所蔵点数
(Number of materials)
継続
(Continue / Discontinued)
NDC
朝鮮  (221 10版)
キーワード
(Keywords)
漢陽
韓国
備考
(Notes)
図書室特集コーナーも同時開催。
コレクションID
(Registration number)
3000003315
関連ファイル
(Related Files)

18世紀ソウルの日常

Twitter
このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!