このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000248076
提供館
(Library)
佐賀市立図書館 (2310080)管理番号
(Control number)
20130906-3
事例作成日
(Creation date)
2013年09月06日登録日時
(Registration date)
2018年12月11日 12時02分更新日時
(Last update)
2018年12月11日 12時02分
質問
(Question)
やけど虫の写真が載っている本と応急手当や症状が載っている本
回答
(Answer)
やけど虫とは「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。
日本全国に分布しており、頭部と後胸部と尾端は黒、前胸部と腹(中胸)部は橙色。前翅は短く藍緑色。体液に有毒物質の「ペデリン」が含まれる。皮膚に触れると数時間でかゆみ、ミミズ腫れのような炎症を起こし、水ぶくれが生じる。目に体液が入ると結膜炎や角膜潰瘍となることもある。体長6~7mm。
(参考文献・掲載箇所、内容)
『野外の毒虫と不快な虫』p120に写真と症状の写真の掲載あり。
『野外毒本』p17に写真、p108に生態と症状、予防法の記載あり。
『毒をもつ動物と応急手当』p21に応急手当の記載あり。
『危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編』p58に写真と応急処置について記載あり。
『野外における危険な生物』p111イラストと生態、応急処置の記載あり。
そのほか『野外の毒虫と不快な虫』p119-122、、『危険・有毒生物』p93、『毒持ちさん』p68に関連する事項が記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
一般動物学  (481)
昆虫類  (486)
参考資料
(Reference materials)
『毒をもつ動物と応急手当』篠永 哲/監修,少年写真新聞社,2000年, ISBN 4-87981-103-3
『野外の毒虫と不快な虫』梅谷 献二/編,全国農村教育協会,1994年, ISBN 4-88137-053-7
『野外における危険な生物』日本自然保護協会/編集・監修,平凡社,1994年, ISBN 4-582-54012-0
『危険・有毒生物』学研,2003年, ISBN 4-05-401675-8
『危険生物ファーストエイドハンドブック 陸編』武蔵野自然塾/編 文一総合出版 2017.5, ISBN 978-4-8299-8147-4
『野外毒本 被害実例から知る日本の危険生物』羽根田 治/著 山と溪谷社 2014.7, ISBN 978-4-635-50035-7
『毒持ちさん』一迅社 2017.6, ISBN 978-4-7580-1548-6
キーワード
(Keywords)
やけど虫
アオバアリガタハネカクシ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000248076解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!