このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000066227
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20100422-3
事例作成日
(Creation date)
2010年04月22日登録日時
(Registration date)
2010年04月22日 23時36分更新日時
(Last update)
2010年04月24日 00時42分
質問
(Question)
ノーベル物理学賞を受賞した小林・益川論文を見たい。
回答
(Answer)
京都大学学術情報リポジトリで公開されていた。

http://hdl.handle.net/2433/66179  (2010/04/22確認)
タイトル: CP-Violation in the Renormalizable Theory of Weak Interaction
著者: Kobayashi, Makoto
Maskawa, Toshihide
著者名の別形: 小林, 誠 益川, 敏英
発行日: Feb-1973
出版者: The Yukawa Institute for Theoretical Physics and the Physical Society of Japan
引用: Makoto KOBAYASHI, Toshihide MASKAWA. CP-Violation in the Renormalizable Theory of Weak Interaction. Progress of Theoretical Physics. 1973, 49-2, p. 652-657.
誌名: Progress of Theoretical Physics
巻: 49
号: 2
開始ページ: 652
終了ページ: 657
DOI: 10.1143/PTP.49.652
抄録: In a framework of the renormalizable theory of weak interaction, problems of CP-violation are studied. It is concluded that no realistic models of CP-violation exist in the quartet scheme without introducing any other new fields. Some possible models of CP-violation are also discussed.
著作権等: Copyright (c) 1973 Progress of Theoretical Physics
URL: http://ptp.ipap.jp/link?PTP/49/652/
URI: http://hdl.handle.net/2433/66179

Progress of Theoretical Physicsの下記サイトでも公開されていた。

http://ptp.ipap.jp/link?PTP/49/652/  (2010/04/22確認)
CP-Violation in the Renormalizable Theory of Weak Interaction
Progress of Theoretical Physics
Vol. 49 No. 2 (1973) pp. 652-657
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
科学史.事情  (402 9版)
物理学  (420 9版)
原子物理学  (429 9版)
参考資料
(Reference materials)
 
キーワード
(Keywords)
小林誠
益川敏英
ノーベル賞
対称性の破れによるクォーク世代の予言
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵機関調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000066227解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!