このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000037472
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M07051914160067
事例作成日
(Creation date)
2007/05/20登録日時
(Registration date)
2007年09月13日 02時13分更新日時
(Last update)
2019年03月31日 00時30分
質問
(Question)
操山(岡山市)の多宝塔はいつできたのか。
回答
(Answer)
 資料①『岡山市の歴史みてあるき』で確認すると操山にある多宝塔は、安住院多宝塔だけである。同資料によれば、「元禄年間(1688~1703)、藩主池田綱政が後楽園をつくったときに、その借景として建築にとりかかり、完成したのは次の継政の代だと言われる。」とある。また、資料②『岡山後楽園史 通史編』に「借景」の一節があり、安住院多宝塔について次のとおり記述がある。「安住院には「寛延四年十月十四日再建」という多宝塔の棟札が残っており、この中には継政の助力によって建立されたことが書かれている。これにより、後楽園の借景で点景物となっている安住院多宝塔は、継政の代にできたことがわかる。」  なお、継政が藩主だった時期は、1714~1752年である。(資料③)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
寺院.僧職  (185 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料①岡山市教育委員会編『岡山市の歴史みてあるき』岡山 岡山市遺跡調査団,1977,365p.
資料②後楽園史編纂委員会編『岡山後楽園史 通史編』岡山 岡山県,2001,14,1062,10p.
資料③岡山県歴史人物事典編纂委員会編『岡山県歴史人物事典』岡山 山陽新聞社,1994年,1254p.参照はp.60.
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2007051914133160067
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生, 中学生, 小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000037472解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!