このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000152744
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H26-019
事例作成日
(Creation date)
2014年03月01日登録日時
(Registration date)
2014年04月27日 12時46分更新日時
(Last update)
2014年04月27日 12時46分
質問
(Question)
「浦島太郎」という説話があるが、「玉手箱による煙でお爺さんになってしまう」という以外の結末のものを探している。様々な内容の「浦島太郎」を読んでみたい。
回答
(Answer)
①~②の資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
オンラインデータベース ジャパンナレッジプラス( http://www.jkn21.com/top/corpdisplay 2014/03/01 最終確認)でキーワード“浦島太郎”で検索した結果、次の情報がヒットした。
 “浦島太郎”
浦島説話の主人公である「浦島の子」の、御伽草子以降の呼び方。また、その伝説。丹後国の漁師浦島は、ある日助けた亀の誘いで海中の竜宮に行き、乙姫の歓待を受ける。土産に玉手箱をもらって村に戻ると、地上ではすでに300年が過ぎていたので、厳禁されていた玉手箱を開けてしまうと、白い煙とともにたちまち老翁となってしまう。
御伽草子。1巻。作者未詳。室町時代の成立か。浦島説話を題材にしたもの。浦島が老翁となったあと鶴と化し、乙姫が化した亀と夫婦の明神になる。

”うらしま‐たろう【浦島太郎】”, デジタル大辞泉, ジャパンナレッジ (オンラインデータベース), 入手先< http://www.jkn21.com >, (参照 2014-03-01)



市内OPACでキーワード“浦島太郎”や“御伽草子”で検索した結果、次の資料が見つかった。
①『おとぎ草子 新版』 大岡信/著 岩波書店 2006 (自館請求記号:J918)
p23-37に「浦島太郎」が収録されており、物語の結びには「(前略)浦島太郎はその後、丹後の国に浦島の明神となって顕れ、衆生をお救いなさった。亀もまた同じところに神として顕れ、夫婦の明神とおなりになった。まことにめでたい話であった。」とある。

②『日本のむかし話 3 新版』 坪田譲治/著 偕成社 2007 (自館請求記号:J918/むかし話)
p154-165に「浦島太郎」が収録されており、物語の結びには「(浦島太郎は老人となり、その後鶴になる。)ツルは、空へとびあがって、しばらく、おかあさんの墓のまわりをとんでいました、ちょうどそのとき、おとひめは、カメになって、浦島太郎をみるために、そこの浜へはいあがったということです。」とある。

 『子どもに語る日本の昔話 2』 稲田和子/著 こぐま社 1995 (自館請求記号:J918/むかし話)
p48-55に「浦島太郎」が収録されており、物語の結びには「(前略)すると中から、白いけむりがぱあっつと出てきて、浦島太郎は、髪もひげもいっぺんにまっ白になり、すっかりおじいさんになってしまった。むかし、こっぽり」とある。

 『日本の昔話 1』 おざわとしお/著 福音館書店 1995 (自館請求記号:J918/むかし話)
p188-193に「浦島太郎」が収録されており、物語の結びには「(前略)すると、中から白いけむりがたちのぼり、浦島太郎はたちまち、白髪のおじいさんになっていまいましたとさ。」とある。

 『日本昔噺』 巖谷小波/著 平凡社 2001 (自館請求記号:080/ニ)
p265-280に「第拾八編 浦島太郎」が収録されており、物語の結びには「(前略)俄かに皺だらけの老爺さんに成て、腰も立たなくなってしまひましたとさ。めでたしめでたし」とある。

 『一寸法師,さるかに合戦,浦島太郎』 関敬吾/編 岩波書店 2002 (自館請求記号:388.1)
p63-66に該当作品が掲載されており、「玉手箱を開けたことで老人になり、鶴になり、」というような内容の結末だった。


調べものコーナーの昔話や伝説に関する資料のある棚をブラウジングした結果、次の資料が見つかった。
 『日本昔話ハンドブック』 稲田浩二/編 三省堂 2001 (自館請求記号:R388)
p27-28に「浦島太郎」の項目があり、「要旨」の結末を説明する箇所に「(前略)筥を開け、一度に年を取り、やがて鶴になって空へ飛ぶ。」とある。

 『昔話・伝説必携』 野村純一/編 学燈社 1992 (自館請求記号:R388)
p67に「浦島太郎」の項目があり、「梗概」の結末を説明する箇所に「約束を忘れて箱を開けると白い雲が出てたちまち老翁になった(あるいは、そのまま死んでしまった)。」とある。

 『お伽草子事典』 徳田和夫/編 東京堂出版 2002 (自館請求記号:R913)
p173-175に「浦島太郎」の項目があり、「梗概」の結末を説明する箇所に「(前略)玉手箱を開けると、中から煙が出て、年寄りになる。流布本では、この後、浦島は鶴になり、亀と夫婦の明神になる。また、第一系統では、死後にその長寿と奇瑞から神と祀られる。」とある。

 『中世王朝物語・御伽草子事典』 神田龍身/編 勉誠出版 2002 (自館請求記号:R913)
p722-724に「浦島太郎」の項目があり、「梗概」の結末を説明する箇所に「(前略)太郎は老人に変わり果ててしまった。それから太郎は鶴になって虚空へ飛び去り、蓬莱山へ赴き、そこで亀と遊んだ。後には丹後国に浦島明神として顕現し、亀も同じところで神となり、夫婦の明神となった。」とある。


児童コーナーの絵本の棚をブラウジングした結果、次の資料が見つかった。
 『うらしまたろう』 木島始/著 ブッキング 2008 (自館請求記号:キE)
 『浦島太郎』 千葉幹夫/著 講談社 2001 (自館請求記号:キE)
 『うらしま』 平岩弓枝/著 岩崎書店 1991 (自館請求記号:キE)
 『うらしまたろう』 大川悦生/著 ポプラ社 1968 (自館請求記号:キE)
 『うらしまたろう』 岩崎京子/著 フレーベル館 1995 (自館請求記号:キE)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
伝説.民話[昔話]  (388)
参考資料
(Reference materials)
『おとぎ草子 新版』 大岡信/著 岩波書店 2006 (自館請求記号:J918)
『日本むかし話 3 新版』 坪田譲治/著 偕成社 2007 (自館請求記号:J918/むかし話)
キーワード
(Keywords)
浦島太郎
御伽草子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000152744解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!