このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000150457
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域206
事例作成日
(Creation date)
2014年02月21日登録日時
(Registration date)
2014年03月10日 13時37分更新日時
(Last update)
2014年03月10日 13時40分
質問
(Question)
7~8世紀頃の磐城郡の「丈部氏」についての関連資料・研究論文等にかかる、所蔵資料調査依頼。
回答
(Answer)
当館所蔵の当該資料について調査した結果、以下の資料により磐城郡の「丈部氏」に関する資料・論文等を確認し、回答した。

「丈部氏」の文献上における記載は、勅撰史書である六国史第2の『続日本紀』巻第29の神護景雲3年(769)3月13日に、陸奥国人に対する初めての一括賜姓において見ることができる。本県域では、10郡12名の賜姓者が確認され、大部分は郡の役所である郡家の郡司(大領・少領)とみることができる。そのなかで「丈部」は県内6郡において確認され、そのほとんどが「阿部臣」を与えられている。しかし、磐城郡の丈部山際だけは「磐城於保臣」が与えられている。
「丈部氏」については、『国史大辞典 第11巻』によれば、“杖部とも書き、中央に服属した地方豪族から中央に貢進される部民で、大王の勢力の直接強く及んだ地域多く、東国に多いのもそのためである。”とされる。また、“「丈部氏」は阿倍氏と同祖とするものが多いが、大春日氏・紀氏などと同祖とするものもある。”と記される。
「丈部氏」に関する県内の研究論文等については、以下に示す。
なお、平成24年(2013)12月19日宮城県教委は、同県山元町坂元の「熊の作遺跡」から人名とその人物の本籍地が記された8世紀初頭の木簡が出土したことを発表している。同教委によれば、大宝律令で701年(大宝元年)から16年間定められた「郡里制」により本籍地が表記されたもので、郡里制で戸籍を記した木簡の出土は東北で初となるものであり、最古級であるという。木簡には、墨書で「信夫郡安岐里人」と本籍地が書かれ、その下に「大伴部」、「丈部」を名乗る4人の連名が記されていたと報告されている。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵資料の調査

【資料①】『国史大辞典 第11巻』P557・558:「はせつかべ 丈部」の記述を認める。

【資料②】『国史大系 続日本紀』P362~327:「巻第29 神護景雲3年3月13日」に、陸奥国大国造道嶋宿祢嶋足の請願による。陸奥国人に対する初めての一括賜姓の記述に「丈部氏」を認める。
県内の「丈部氏」は6郡において確認できる。そのなかで、磐城郡の「丈部山際」のみが「磐城於保臣」を与えられ、その他の「丈部氏」は「阿部臣」を与えられている。

【資料③】『いわき市史 第1巻』P310:【資料②】の「続日本紀 巻第29 神護景雲3年3月13日」の磐城郡の丈部山際の「磐城於保臣」の賜姓を引用し、丈部は「於保臣」の出自である旨を記し、「大部」と読むのを正説としている。以降「大部:おほべ・おほのべ」と記し、読むことを断わっている。

【資料④】『荒田目条里遺跡』P341~396:「第7章 文字資料」に、同遺跡出土木簡・墨書土器に書かれた文字資料中に「丈部」がみられ、丈部氏はもともと磐城郡の有力氏族であるとし、【資料②】の『続日本紀』の神護景雲3年3月13日の陸奥国人に対する一括賜姓を引用している。

【資料⑤】『福島県立博物館紀要 第19号』P117~123:「磐城郡大領の氏姓に関する一考察」の論文中の、“磐城地方とその周辺の「大」氏について”のなかで、「大」氏と「丈」氏についての論究が認められる。

【資料⑥】『新しい会津古代史』P113~130:「Ⅲ.3 会津の豪族」の中に、「丈部氏」についての記述がみえる。このなかで、【資料②】の神護景雲3年の一括賜姓以降の本県における賜姓についての論考を認める。県内6郡の「丈部氏」について触れ、ほとんどが「阿倍臣」を与えられている中、磐城郡の丈部山際は「於保磐城臣」を与えられていることに関する論究が見られる。

【資料⑦】『河北新報』2013.12.20付:宮城県山元町坂元の熊の作遺跡で発見された8世紀初頭とされる木簡に、本籍地とともに「丈部氏」の名前が記されていたと報道される。
事前調査事項
(Preliminary research)
「丈部氏」に関連する宮城・栃木・群馬・千葉の資料については調査済みである。いわき・会津地方での研究資料が少ないが、これらの地区においても関連があると考えている。
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
国史大辞典編集委員会 編. 国史大辞典 第11巻 (にたーひ). 吉川弘文館, 1990.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002077223-00 , ISBN 4642005110 (R/210.0/コ/11・1110008149)
黒板 勝美/編 , 国史大系編修会/編. 国史大系 [4] 新訂増補. 吉川弘文館, 1976.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I008878023-00 , ISBN 4642000046 (210.0/コ・1110283791)
いわき市史編さん委員会 編. いわき市史 第1巻 (原始・古代・中世). いわき市, 1986.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001849359-00  (AL/210.1/1/イ・1110736897)
いわき市教育文化事業団 編. 荒田目条里遺跡 : 古代河川跡の調査. いわき市教育委員会, 2001. (いわき市埋蔵文化財調査報告 ; 第75冊)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000003062208-00  (AL/210.2/1/イ/75・1111353528)
福島県立博物館 編. 福島県立博物館紀要 第19号. 福島県立博物館, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I036129721-00  (K/069/フ・1111911440)
『新しい会津古代史』2013 鈴木啓 (AL/210.3/2/ス・1114628314)
『河北新報』2013.12.20付
キーワード
(Keywords)
丈部氏
大部氏
磐城郡
会津郡
古代
賜姓
於保臣
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000150457解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!