このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000141401
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域193
事例作成日
(Creation date)
2013年11月19日登録日時
(Registration date)
2013年11月30日 13時13分更新日時
(Last update)
2014年02月26日 17時01分
質問
(Question)
 いわき(夏井地区)の「縄文海進」に関する、所蔵資料確認の調査依頼。
回答
(Answer)
 当館所蔵の当該資料について調査した結果、下記資料に「縄文海進」にかかる記述を確認し、回答した。
 「縄文海進」とは、縄文時代に発生した温暖化に起因する海水面の上昇現象である。縄文前期(約い6,000年前)に、そのピークを迎えたとされる。本市においても海洋性貝塚の内陸部への分布状況により、「縄文海進」は認識されていた。縄文海進時の最高潮面は現海面より8mは超えないものであったようである。
 なお、本市の平野部には海退過程(海岸部の後退)によって海岸線に形成された浜堤(その当時の砂丘部)列は、現在の海岸線を含めて5本確認されており、最奥部の第1浜堤列~第5浜堤列まで同心円を描くように位置する。
 浜堤形成の時期は、第1浜堤:4,500年前、第2浜堤:3,900年前、第3浜堤:3,300~1,800年前、現海岸線は1,800年までに形成された。各浜堤の幅は250m~500mを測り、第1浜堤列と第2浜堤列からは、弥生土器が発掘されていることから、その時代までには第1~第2浜堤列間の陸地化が完了していた状況が窺える。
 また、浜堤上は主に集落、浜堤間の低地は水田として土地利用されている。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵資料の調査

【資料①】『いわき地域学會夏井地区総合調査報告』P51~65:「夏井川下流域の地形発達史」に、縄文海進に関する記述を認める。

【資料②】『弘源寺貝塚』P21~31:「第6章まとめ」に、縄文海進時の汀線を想定している。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
地理.地誌.紀行  (290 9版)
参考資料
(Reference materials)
いわき地域学会夏井地区総合調査報告. いわき地域学会, 1988.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002017964-00  (AL/210.7/1/ナ・1111917439)
いわき市教育文化事業団 編. 弘源寺貝塚 : 縄文時代前期を主体とした貝塚の調査. いわき市教育委員会, 2007. (いわき市埋蔵文化財調査報告 ; 第122冊)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000008528582-00  (AL/291/イ・1110734694)
キーワード
(Keywords)
縄文海進
浜堤
縄文時代前期
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000141401解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!