このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000135005
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-地域175
事例作成日
(Creation date)
2013年08月01日登録日時
(Registration date)
2013年08月01日 19時09分更新日時
(Last update)
2013年08月01日 19時15分
質問
(Question)
「菊多摺」に関する資料の所蔵確認
回答
(Answer)
 当館所蔵の当該資料および照会調査した結果を以下に記す。
「菊多摺」は、『広辞苑第6版』、『日本国語大辞典』、『江戸時代語辞典』等によれば、「磐城国(福島県)菊多から産した小紋の摺り模様。江戸中期(安永・天明期)、八丈絹に用いられた。」とある。
 また、宝永・正徳年間に発行された浮世草子に、「菊多摺」が盛んに認められることから、江戸中期には一般的に知られた摺文様と理解される。しかし、当館所蔵地域資料には「菊多摺」の記述は認められず、どんな技法でどんな紋様だったかなどの「菊多摺」に関する詳細な情報については、得ることができなかった。
 なお、勿来関文学歴史館学芸員脇坂氏に、明治末の『勿来みやげ』に「菊多摺」の記述が認められるとのご教授をいただいた。
回答プロセス
(Answering process)
当館所蔵資料の調査
【資料①】『広辞苑 第6版』P667:「菊多摺」の記載を認める。「菊田地方から産した摺模様。江戸時代中期、安永・天明の頃行われた」の、記述を確認する。
【資料②】『日本国語大辞典』P45:「菊多摺」の記載を認める。【資料①】の記載に加え、浮世草子『日本新永代蔵』(1713)、『蕪村句集』(1784)所収資料に「菊多摺」の記載を認める。
【資料③】『江戸時代語辞典』P428:「菊多摺」の記載を認める。【資料①・②】に加え、浮世草子『千尋日本織』(宝永4年)・『遊貴之衣司番』(宝永5年)・『白闇色挑灯』(宝永頃)に「菊多摺」の記載を認める。照会による調査
【資料④】『勿来みやげ』:脇坂省吾氏(勿来関文学歴史館学芸員)より『勿来みやげ』に「菊多摺」が載録されているご教授を受ける。当館に所蔵はない。所蔵館は、福島県立図書館、茨城県立図書館、国立国会図書館である。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
芸術政策.文化財  (709 9版)
東北地方  (212 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料①】『広辞苑 第6版』2008岩波書店813.1/コ 1112415417
【資料②】『日本国語大辞典 第2版 第4巻』2001小学館R/813.1/ニ/4 1111315378
【資料③】『江戸時代語辞典』2008角川学芸出版R/813.6/エ 1114635848
【資料④】『勿来みやげ』1902 勿来山人(散人) (所蔵館:福島県立図書館・茨城県立図書館・国立国会図書館)
キーワード
(Keywords)
菊多摺
摺文様
磐城国菊多郡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
馬目順一氏(福島県考古学会顧問)
小宅幸一氏(いわき地域学會幹事)
寄与者
(Contributor)
脇坂省吾氏(勿来関文学歴史館学芸員)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000135005解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!