このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000258367
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
166
事例作成日
(Creation date)
2019年07月05日登録日時
(Registration date)
2019年07月05日 15時42分更新日時
(Last update)
2019年07月05日 15時59分
質問
(Question)
現尼崎市域における昭和戦前・戦中期の国防婦人会の活動について調べたい。
回答
(Answer)
国防婦人会は、昭和7年(1932)3月に大阪で結成された団体です。同年10月には大日本国防婦人会となり、全国的な組織へと拡大していきます。女性会員によって構成され、出征兵士の激励や慰問等の活動に取り組んでおり、現尼崎市域では昭和8年に当時の尼崎市と小田村にそれぞれ支部が発足し、小学校区を単位とする地域分会や工場を単位とする分会が組織されました。
『図説尼崎の歴史』近代編第四節2コラム「尼崎の国防婦人会」(佐賀朝-さがあした-執筆)が、大阪市史編纂所所蔵史料や尼崎地域での国防婦人会活動体験者への聞き取り調査などをもとに、現尼崎市域における昭和戦前・戦中期の国防婦人会の概要を解説しており、これを参考文献として調べることができます。
回答プロセス
(Answering process)
1 現尼崎市域における昭和戦前・戦中期の国防婦人会の活動について記した文献・WEBサイト

◆「尼崎の国防婦人会」(佐賀朝-さがあした-執筆、『図説尼崎の歴史』下巻/WEB版 図説尼崎の歴史 近代編第四節2コラム)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/04kindai/kindai4-c2.html

2 国防婦人会活動体験者への聞き取り調査

◆寺井加奈子「卒業論文『国防婦人会』の聞き取り調査」
◆山成敏子「体験を語り伝えることと、学ぶこと」
いずれも尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』第24巻第1号(通巻70号、1994.7)掲載
尼崎第二尋常小学校(難波尋常小学校)教員として国防婦人会の分会活動に携わった山成氏への聞き取り調査レポートと、山成氏自身の回想

3 関係資料

◆尼崎市立地域研究史料館所蔵「大日本国防婦人会関係写真アルバム」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国防史.事情.軍事史.事情  (392 10版)
参考資料
(Reference materials)
尼崎市立地域研究史料館/編集 , 尼崎市立地域研究史料館. 図説尼崎の歴史 : 尼崎市制九〇周年記念 下巻. 尼崎市, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005908615-00  (当館請求記号 219/A/ア)
尼崎市立地域研究史料館/編. 地域史研究 : 尼崎市立地域研究史料館紀要 70. 尼崎市立地域研究史料館, 1994. (逐次刊行物)
尼崎市立地域研究史料館所蔵「大日本国防婦人会関係写真アルバム」 (当館請求記号 C/714)
キーワード
(Keywords)
国防婦人会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000258367解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!