このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250045
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
156
事例作成日
(Creation date)
2019年01月11日登録日時
(Registration date)
2019年01月11日 11時29分更新日時
(Last update)
2019年01月12日 10時57分
質問
(Question)
1940年代後半に尼崎市内各所に設置され、50年代から60年代前半にかけて市立小学校の分校となった朝鮮人学校の歴史について調べたい。
回答
(Answer)
現尼崎市域への朝鮮人の流入は大正期頃から本格化し、多くの朝鮮人が来住して工場労働や土木工事などに従事しました。このため在住朝鮮人子弟の教育が課題となり、昭和10年(1935)には朝鮮人子弟を対象とする教育機関「関西普通学堂」が守部(もりべ、当時は武庫村域、現南武庫之荘)に開設されています。
戦時期を経て、敗戦後の1940年代後半には市内各所に朝鮮人学校(初等学校)が設立され、昭和23年以降は在日本朝鮮人連盟(朝連)が市内初等学校を整理し、尼崎(西)・大島(今北)・武庫(守部)・常松・立花(三反田)・園田(小中島)の6校となりました。
この間、政府による朝鮮人学校閉鎖命令と朝連の抗議行動、自治体・警察・占領軍との衝突(昭和23年4月、4.24阪神教育闘争、阪神教育事件)を経て、昭和24年9月には政府が朝連の解散と朝鮮人学校の閉鎖を命じますが、尼崎市では朝鮮人学校を市立小学校分校(守部、大庄、大島、立花、園田の5校)として存続しました。これらの分校は昭和40年度まで継続の後、兵庫朝鮮学園朝鮮初級学校へと改組されました。

こういった尼崎市内の朝鮮人学校(分校)の歴史について、『図説尼崎の歴史』『尼崎市議会史』『尼崎市戦後教育史』等の参考文献により調べることができます。
回答プロセス
(Answering process)
1 朝鮮人学校について記述する尼崎市の刊行物

◆『図説尼崎の歴史』下巻(尼崎市,2007)/Web版図説尼崎の歴史
近代編第4節1コラム「在日朝鮮人」(執筆者:堀内稔(ほりうちみのる))
現代編第1節4「民主化の後退と社会的亀裂」の小見出し「朝鮮人学校問題」(執筆者:佐賀朝(さがあした))

◆『尼崎市議会史』記述篇(尼崎市議会事務局,1971)第2部第2編第3章第6節「分校問題」

◆『尼崎市戦後教育史』(尼崎市教育委員会,1974)第4章第2節の小見出し「朝鮮人の民族教育と分校問題」

◆『尼崎市事務報告書』(昭和24年版ほか、尼崎市)

◆『尼崎の戦後史』(尼崎市,1969)

◆『尼崎地域史事典』(尼崎市,1996)/Web版尼崎地域史事典"apedia"
項目「朝鮮人学校」「阪神朝鮮人学校事件」


2 朝鮮人学校(分校)に関する史料及び統計を掲載する刊行物

◆『尼崎市史』第9巻統計、第12巻現代史料編(尼崎市,1983・1986)

◆『兵庫県統計書』昭和20年代の各年版(兵庫県)

◆『尼崎市統計書』昭和36年版(尼崎市)


3 朝鮮人学校について記述する民間刊行物

◆『兵庫と朝鮮人』(ツツジ印刷,1985)

このほか、4.24阪神教育闘争、阪神教育事件については、複数の参考文献がある。
また、朝鮮人学校に関連する論考について、尼崎市立地域研究史料館公式ウェブサイトの「論文索引」により検索することができる。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
教育史.事情  (372 10版)
参考資料
(Reference materials)
尼崎市立地域研究史料館/編集 , 尼崎市立地域研究史料館. 図説尼崎の歴史 : 尼崎市制九〇周年記念 下巻. 尼崎市, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005908615-00  (当館請求記号 219/A/ア)
尼崎市議会. 尼崎市議会史 記述編. 尼崎市議会事務局, 1971.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002579436-00  (当館請求記号 318.6/A/ア-1)
尼崎市教育委員会. 尼崎市戦後教育史. 尼崎市教育委員会, 1974.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001195086-00  (当館請求記号 372.6/A/ア)
尼崎市. 尼崎市事務報告書. 昭和24年版ほか (逐次刊行物)
尼崎市. 尼崎の戦後史. 尼崎市, 1969.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001209979-00  (当館請求記号 219/A/ア)
尼崎市立地域研究史料館 編 , 尼崎市立地域研究史料館. 尼崎地域史事典. 尼崎市, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002486437-00  (当館請求記号 219/A/ア)
尼崎市. 尼崎市史 第9巻 (史料編 6 統計). 第12巻(現代史料編).尼崎市, 1983.1986.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001612662-00  (当館請求記号 219/A/ア-9・12)
兵庫県. 兵庫県統計書. 昭和20年代の各年版 (逐次刊行物)
尼崎市. 尼崎市統計書.昭和36年版 (逐次刊行物)
在日本朝鮮人科学者協会兵庫支部兵庫朝鮮関係研究会 編 , 在日本朝鮮人科学者協会. 兵庫と朝鮮人 : 祖国解放40周年を記念して. ツツジ印刷, 1985.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001794464-00  (当館請求記号 316.6/A/ヒ)
キーワード
(Keywords)
朝鮮人学校
民族教育
在日本朝鮮人連盟
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
Web版図説尼崎の歴史
近代編第4節1コラム「在日朝鮮人」(執筆者:堀内稔(ほりうちみのる))
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/04kindai/kindai4-c1.html
現代編第1節4「民主化の後退と社会的亀裂」(執筆者:佐賀朝(さがあした))
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/05gendai/gendai1-4.html

Web版 尼崎地域史事典"apedia"
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/

尼崎市立地域研究史料館「論文索引」データベース
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/opac/pa_search.php
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
教育
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250045解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!