このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000245670
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
153
事例作成日
(Creation date)
2018年11月16日登録日時
(Registration date)
2018年11月12日 14時18分更新日時
(Last update)
2018年11月16日 11時06分
質問
(Question)
現尼崎市域の都市計画の歴史と特徴を調べたい。
回答
(Answer)
尼崎市は、大正12年(1923)に都市計画法を施行すべき都市に指定され、翌大正13年には都市計画兵庫地方委員会において、当時の尼崎市域に大庄(おおしょう)・武庫・園田・小田・立花の5か村域を加えた範囲(昭和10年代から20年代にかけて5か村が合併して成立した現尼崎市域にあたる)が尼崎都市計画区域として決定されました。この結果、大正期の阪神国道(現国道2号)敷設工事にともなう沿線の耕地整理事業(土地区画整理事業)や、昭和戦前期の尼崎築港(株)による築港工事にともなう運河整備、東海道線立花駅誘致新設にともなう駅周辺への橘土地区画整理事業、阪急電鉄神戸線沿線の土地区画整理事業施行による駅周辺住宅地の開発、昭和9年の室戸台風被害を受けての復興土地区画整理事業などが実施されます。
戦時期をはさんで昭和20年代以降は、戦災復興を目的とする土地区画整理事業や、住宅地整備を目的として市域各所に市施行により実施された土地区画整理事業、さらに昭和40年代以降は市内の鉄道ターミナル周辺を対象とする市街地再開発事業などが施行され、市域全域にわたって都市計画事業が高い比率で実施されることとなっていきます。

こういった都市計画の歴史と特徴について、尼崎市発行の『尼崎の都市計画』や『尼崎地域史事典』、『図説尼崎の歴史』近代編・現代編の関連項目などにより、調べることができます。

また、これらの文献や史料を使った都市計画史の研究も多く蓄積されています。これらの論文については、尼崎市立地域研究史料館が「論文索引」データベースにより検索することができます(キーワード「都市計画」「耕地整理」「土地区画整理」等)。
回答プロセス
(Answering process)
1 現尼崎市域の都市計画について概括的に記録する参考文献

◆『尼崎の都市計画 1984』『尼崎の都市計画 1986』『尼崎の都市計画 1991』(尼崎市,1984・1986・1991)

◆『尼崎地域史事典』(尼崎市,1996)/Web版尼崎地域史事典"apedia"
項目「尼崎都市計画区域」「都市計画街路」「土地区画整理事業」「運河」等
個別の耕地整理・土地区画整理事業についても、代表的な事例を立項している

2 近代・現代の各年代ごとの都市計画の状況を調べることができる文献

◆『図説尼崎の歴史』下巻(尼崎市,2007)/Web版図説尼崎の歴史
近代編第3節6「地域の変化と人々のくらし」(執筆者:井上眞理子/地域研究史料館)
近代編第4節1「都市化の進展と「大尼崎」」(執筆者:佐賀朝(さがあした))
近代編第4節5「新しい住宅地の形成」(執筆者:佐賀朝/地域研究史料館)
現代編第1節2「戦後初期の尼崎市政」(執筆者:佐賀朝)
現代編第2節3「市政の展開、都市基盤の整備」(執筆者:山崎隆三/地域研究史料館)
現代編第3節4「開発と都市の変貌」(執筆者:辻川敦)
現代編第3節6「阪神・淡路大震災がもたらしたもの」(執筆者:辻川敦)

3 個別の都市計画事業に関するおもな参考文献

◆土地区画整理事業の事業誌
 大正~昭和戦前期施行など時期が早いものを除き、事業ごとに刊行されている

◆『燦 尼崎都市開発株式会社10年のあゆみ』(尼崎都市開発(株),1987)
 市街地再開発事業により造られた塚口さんさんタウンを管理・運営する会社の事業誌
 開発経緯等を記録する

◆『築地地区復興記録誌 このまちのことを語り継いでいきたい』(築地地区復興委員会・築地復興まちづくり10周年記念実行委員会,2007)
 阪神・淡路大震災(平成7年・1995)後の被災地復興における住民主体・官民協働の先進事例として評価される築地地区の復興記録
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地方自治.地方行政  (318 10版)
建築計画.施工  (525 10版)
参考資料
(Reference materials)
尼崎の都市計画 1984. 尼崎の都市計画 1986. 尼崎の都市計画 1991. 尼崎市, 1984. 1986. 1991 (当館請求記号 519.6/A/ア)
尼崎市立地域研究史料館 編 , 尼崎市立地域研究史料館. 尼崎地域史事典. 尼崎市, 1996.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002486437-00  (当館請求記号 219/A/ア)
尼崎市立地域研究史料館/編集 , 尼崎市立地域研究史料館. 図説尼崎の歴史 : 尼崎市制九〇周年記念 下巻. 尼崎市, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I005908615-00  (当館請求記号 219/A/ア)
現尼崎市域に施行された土地区画整理事業の事業誌 大正~昭和戦前期施行など時期が早いものを除き、事業ごとに刊行されている (当館請求記号 519.6/A/)
「10年のあゆみ」編集委員会 編 , 尼崎都市開発株式会社. 尼崎都市開発株式会社10年のあゆみ : 燦. 尼崎都市開発株式会社, 1987.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I046396876-00  (当館請求記号 673.6/A/ア)
築地地区復興委員会まちの記録作成部会 編. 築地地区復興記録誌 : このまちのことを語り継いでいきたい. 築地地区復興委員会, 2007.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009298935-00  (当館請求記号 453.6/A/ツ)
キーワード
(Keywords)
都市計画
土地区画整理
耕地整理
市街地再開発
震災復興
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
Web版 尼崎地域史事典"apedia"
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/

Web版図説尼崎の歴史
近代編第3節6「地域の変化と人々のくらし」(執筆者:井上眞理子/地域研究史料館)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/04kindai/kindai3-6.html
近代編第4節1「都市化の進展と「大尼崎」」(執筆者:佐賀朝(さがあした))
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/04kindai/kindai4-4.html
近代編第4節5「新しい住宅地の形成」(執筆者:佐賀朝/地域研究史料館)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/04kindai/kindai4-5.html
現代編第1節2「戦後初期の尼崎市政」(執筆者:佐賀朝)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/05gendai/gendai1-2.html
現代編第2節3「市政の展開、都市基盤の整備」(執筆者:山崎隆三/地域研究史料館)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/05gendai/gendai2-3.html
現代編第3節4「開発と都市の変貌」(執筆者:辻川敦)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/05gendai/gendai3-4.html
現代編第3節6「阪神・淡路大震災がもたらしたもの」(執筆者:辻川敦)
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/visual/05gendai/gendai3-6.html

尼崎市立地域研究史料館「論文索引」データベース
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/opac/pa_search.php
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000245670解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!