このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000226737
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
135
事例作成日
(Creation date)
2017年12月2日登録日時
(Registration date)
2017年12月20日 12時09分更新日時
(Last update)
2017年12月22日 13時57分
質問
(Question)
尼崎地域に固有の変わった姓について知りたい。どのような姓があるのか。また由来・由緒が伝えられる姓はあるのか。
回答
(Answer)
大正5年(1916)刊行の『尼崎市現勢史』に、「尼崎市は奇姓の人多し」とし「類似少なき奇姓集」として「中馬(ちゅうま)」「白髪(しらが)」など79人の姓をピックアップして紹介しています。
また、市域に伝わる古くからの姓にまつわる由緒・由来の例として、難波(なにわ)村(現尼崎市域中央部、庄下川沿いの地域)の年寄中を務めてきた家々を「難波七姓(時代により八姓とも)」と称したことをあげることができます。行幸中の仁徳天皇が、難波村にあった「難波の梅」を愛で、難波の里人に姓を下賜したという伝説に由来しています。なお、「難波七姓」について記す『尼崎志』第二篇の「東難波八幡神社」の項には、これを構成する姓として廣岡・上村・大江・小寺・木嶋(木島)・高岡・保楽寺・行本・奥島・津吉といった家々があげられ、これらのうちどの家が七姓(あるいは八姓)を構成するのかという点については諸説があり、時代による変遷もあるということのようです。
「難波七姓」の各家には、後の時代の由緒が伝えられるものもあります。例えば廣岡家の場合、播磨の赤松家一門九家(七條・有馬・廣岡・伊豆・上野・永良・葉山・本郷・在田)のうちの一家であったことが、前記の『尼崎志』第二篇「東難波八幡神社」の項や同書第一篇「浄徳寺」の項に記録されています。
回答プロセス
(Answering process)
1 尼崎地域の変わった姓について書かれた文献
◆『尼崎市現勢史』(土井源友堂、1916)
「類似少なき奇姓集」として、当時の市域で確認できる79の変わった姓が記されている。

2 由来・由緒が伝えられる姓について書かれた文献(難波七姓)
◆『尼崎志』第二篇(尼崎市役所、1931)
「東難波八幡神社」の項に「難波七姓」についての記述があり、廣岡家など各家の由緒を記す。
◆『尼崎志』第一篇(尼崎市役所、1930)
「浄徳寺」の項目に廣岡家の由緒を記す。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216)
参考資料
(Reference materials)
富田玆嘉, 前川佐雄 編 , 富田, 玆嘉 , 前川, 佐雄. 尼崎市現勢史 : 市制実施記念. 土井源友堂, 1916. (当館請求記号219/A/ト)
尼崎市/編 , 尼崎市. 尼崎志 第二篇. 尼崎市役所, 1931. (当館請求記号219/A/ア-2)
尼崎市/編 , 尼崎市. 尼崎志 第一篇. 尼崎市役所, 1930. (当館請求記号219/A/ア-1)
キーワード
(Keywords)
名字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000226737解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!