このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000225390
提供館
(Library)
尼崎市立地域研究史料館 (5000006)管理番号
(Control number)
134
事例作成日
(Creation date)
2017年11月25日登録日時
(Registration date)
2017年11月25日 15時53分更新日時
(Last update)
2017年11月25日 17時14分
質問
(Question)
昭和戦前期、尼崎臨海部にあった尼崎船渠株式会社の所在地を調べたい。
回答
(Answer)
尼崎船渠株式会社(以下、尼崎船渠)は大庄村地先の工業用埋立地に立地していた造船会社です。

尼崎築港株式会社(以下、尼崎築港)の社史によれば、同社は尼崎築港が埋め立てた埋立区画3区2号(現尼崎市末広町付近)を、昭和14年(1939)1月(5,000坪)、同年10月(3,356坪)、昭和15年7月(2,084坪)、昭和17年5月(8,268坪)の4度に分けて購入しています。詳しい操業状況は不明ですが、尼崎警察署が昭和20年4月頃に作成した「要警備対象物件調査表」には同社所在地が末広町1丁目地先とあり、従業員数が332名であることが記録されています。昭和20年7月19日のB29による空襲により尼崎船渠の工場5棟・その他建物8棟が被害を受け、その影響もあってか同社は尼崎築港に対して土地代金を支払うことができなくなり、昭和27年に残金に相当する土地8,874坪を返還しました。その後の同社の経過は判明していません。

なお、『尼崎市史』第3巻では、尼崎築港の営業報告書をもとに、土地を購入した企業名を「三原造船所」としています。三原造船所と尼崎船渠のつながりや資本関係は、現時点では十分明らかになっていません。また、防衛省防衛研究所が所蔵する昭和17年から昭和20年にかけての史料には、大阪市大正区今木町(現大正区三軒家東)に尼崎船渠が所在していたことが確認できます。これらの史料には、同社が昭和16年10月に総トン数833tの貨物船を製造したこと、昭和20年8月15日時点では戦災のため工場が全焼し生産能力がないことが記録されています。
回答プロセス
(Answering process)
1 以下の文献を紹介した。
◆『尼崎築港70年史』(尼崎築港,1999)
 大庄村地先を進めた尼崎築港株式会社の社史。同社が埋立てた土地の売却先として、尼崎船渠会社についての記述および所在図がある。
◆『尼崎市史』第3巻(尼崎市,1970)
 第6章第5節「重化学工業都市尼崎の形成」表165に、尼崎築港埋立地の譲渡先(昭和12年12月から同15年11月契約分)として「三原造船所」(10440坪)の名を挙げる(山崎隆三氏執筆部分)。
◆内田勝利「尼崎市の戦災資料」(『地域史研究』第2巻第1号[通巻4号],1972)
 「要警備対象物件調査表」に同社の名が見える。
◆内田勝利「尼崎市の戦災資料 補遺」(『地域史研究』第2巻第3号[通巻6号],1973)
 「尼崎消防署沿革誌」に同社の空襲被害を記述する。

2 防衛省防衛研究所が所蔵する「尼崎船渠」に関する史料を紹介した。
◆「動員に関する書類綴 昭和17年度」(アジア歴史資料センターレファレンスコードC12121940800)
 尼崎船渠株式会社が大阪市大正区今木町2丁目32に所在することを記録する。
◆「昭和20年8月15日現在 工場調査表(大阪京都地区の部) 大阪警備府司令部」(アジア歴史資料センターレファレンスコードC08011200800)
 尼崎船渠株式会社が、商船800頓以下及内火艦を主要生産品としているが、戦災のため工場が全焼し、生産能力がないことを記録する。
◆「昭和18年版 日本汽船名簿 其の1(下)(13)」(アジア歴史資料センターレファレンスコードC08050086000)
 尼崎船渠株式会社が昭和16年10月に製造した総トン数833tの貨物船「日晴丸」を、日保商会(東京都)が所有することを記録する。
事前調査事項
(Preliminary research)
なし
NDC
近畿地方  (216 9版)
海洋工学.船舶工学  (550 9版)
参考資料
(Reference materials)
尼崎築港 編 , 尼崎築港株式会社. 尼崎築港70年史. 尼崎築港, 1999.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002773362-00  (当館請求記号 518.6/A/ア)
尼崎市. 尼崎市史 第3巻. 尼崎市, 1970.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I001386594-00  (当館請求記号 219/A/ア-3)
尼崎市史編修室 編 , 尼崎市史編修室. 地域史研究 : 尼崎市史研究紀要 4-6号. 尼崎市史編修室, 1972.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I069280259-00  (逐次刊行物)
キーワード
(Keywords)
尼崎
船渠
造船
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
アジア歴史資料センター
  https://www.jacar.archives.go.jp/aj/meta/reference
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000225390解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!