このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000219084
提供館
(Library)
東京ウィメンズプラザ図書資料室 (4110023)管理番号
(Control number)
TWP0031
事例作成日
(Creation date)
2017年7月10日登録日時
(Registration date)
2017年07月20日 16時09分更新日時
(Last update)
2017年08月15日 13時34分
質問
(Question)
6月16日に成立した改正刑法に於いて、強制性交等罪が成立するためには暴行や脅迫の立証が必要である、という個所が残ってしまった。このことについて、外国の法律や社会の理解はどうなっているのか、法律や事例を調べたい。
回答
(Answer)
『犯罪白書 平成18年版』 法務省 法務総合研究所 2006年
  諸外国における性犯罪の動向と対策の記事あり

法務省法制審議会 刑事法(性犯罪関係)部会 第1回会議(平成27年11月2日開催)
http://www.moj.go.jp/keiji1/keiji12_00122.html
  法制審議会の参考資料である。諸外国の性犯罪関連の法制度等が記されている。
回答プロセス
(Answering process)
所蔵資料検索では、まとまって見られるのは犯罪白書くらいだったので、ネットで検索したところ、法制審議会の資料が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
性犯罪
性暴力
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000219084解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!