このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000132581
提供館
(Library)
東京ウィメンズプラザ図書資料室 (4110023)管理番号
(Control number)
TWP0014
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2013年06月17日 15時35分更新日時
(Last update)
2013年08月27日 16時04分
質問
(Question)
DV法はどこで生まれたのか?日本のDV法はオリジナルを日本仕様にしたものなのか?
回答
(Answer)

どこかの国でできて各国に広まったというのではなく、女性に対する暴力をなくしていこうとする国連等の国際的な動きの中で生まれ、各国の事情に合わせた形で法整備されてきたといえる。日本のDV法は国際機関やどこかの国のオリジナルがあって、日本仕様にしたものでなはいが、制定過程ではアメリカ法などを参考にしている。

参考資料
『詳解DV防止法』南野知惠子〔ほか〕/著 ぎょうせい(2001) 3章に類似Q&Aあり。 p7に「女性に対する暴力に関する国内外の動き」の表あり。
『ドメスティック・バイオレンスの法:アメリカ法と日本法の挑戦』小島妙子/著 信山社(2002)
『ドメスティック・バイオレンス』戒能民江/著 不磨書房(2002)

回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000132581解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決