このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000252229
提供館
(Library)
旭川市中央図書館 (2300026)管理番号
(Control number)
H0061
事例作成日
(Creation date)
2018/02/26登録日時
(Registration date)
2019年02月27日 00時30分更新日時
(Last update)
2019年02月27日 00時30分
質問
(Question)
戦前の旭川に「新師団通り」という道路があったとされるが,その道筋について知りたい
回答
(Answer)
・『旭川市史 1巻』(旭川市史編集委員会/編)10頁に,昭和7年10月永山村の一部旭川編入に関する道庁告示の注に「※新師団道路とは日ノ出橋を通って新旭川を北進し,秋月橋に至る道路をこのように云った。秋月橋を経て師団に達することが出来るようになるためにこのように名付けられた。」とある。
・『新旭川市史 第3巻』(旭川市史編集会議/編)109頁に「例えば三十六年度には臨時土木費一万円をもって,新師団道路(十四・十五丁目間横道を延長し永山村域を経て鷹栖村七号道路に通ず)」とある。
・明治末~昭和初期の市街図・地形図等を確認すると,市街地から凡半ばあたりまでは同一だが,その後の師団に至る道筋は異なる。
・『新旭川市史 第2巻』560頁~563頁に開削から道筋の変遷について詳しく記されているが,経緯についてはっきりしない点も多い。
回答プロセス
(Answering process)
回答のほか次の資料を確認
・『旭川市史稿』(旭川市役所編/発行 1931)
・『北海道道路概要. 昭和15年5月』(北海道庁土木部道路課, 1940)
・『角川日本地名大辞典 1‐〔1〕』(角川書店 1987)
・『日本歴史地名大系 1』(平凡社 2003)
・『旭川叢書第19巻 旭川の橋』(関根 正次/著 旭川振興公社 1991)
・(内部用)新聞見出し検索データベース
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地理.地誌.紀行  (290)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000252229解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!