このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000206569
提供館
(Library)
兵庫県立図書館 (2110027)管理番号
(Control number)
461
事例作成日
(Creation date)
2017年01月08日登録日時
(Registration date)
2017年01月15日 14時28分更新日時
(Last update)
2017年02月03日 14時49分
質問
(Question)
日本民芸協会発行の『月刊民藝』の147号と583号を見たい。
回答
(Answer)
日本民芸協会機関誌『月刊民藝』は1942年1月に『民藝』と改題し、1946年7月に第70号をもって終刊。
現在、日本民芸協会機関誌として発行されている『民藝』は1954年11月に東京民芸協会がたくみ工芸店より発行権を譲り受け、1957年より日本民芸協会が機関誌として発行しているもの。

①147号は国立国会図書館デジタルコレクションで閲覧可能(図書館送信参加館限定公開)。
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7931924
 
②583号は 1)国立国会図書館東京新館書庫が所蔵。遠隔複写サービスが利用可能。
   2)兵庫県内では、関西学院大学図書館・神戸学院大学人文学部資料室が所蔵。

(インターネット情報最終確認日:2017/1/8)
回答プロセス
(Answering process)
『月刊民藝』の自館所蔵を確認。
不二出版発行の復刻版『月刊民藝・民藝』(兵庫県立図書館請求記号:Z75/3/1~13)の所蔵あり。
第70号までしか所蔵がないため、国立国会図書館サーチを確認すると第70号をもって終刊となっている。

タイトル「民藝」・出版社「日本民芸協会」をキーワードとし検索。
『民藝=The mingei』がヒット。
現在も刊行中であることを確認。
継続前誌が『たくみ』であることが判明したため、『たくみ』の詳細情報を確認。
著者標目が「東京民藝協会」となっており、『月刊民藝』との関係は不明。

インターネットで「日本民芸協会HP」を確認。
「民藝協会のあゆみ」  http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/history/  にて機関誌の変遷を確認。
現在日本民芸協会機関誌として発行されている『民藝』は1954年11月に東京民芸協会がたくみ工芸店より発行権を譲り受け、1957年より日本民芸協会が機関誌として発行しているものと判明。

再度国立国会図書館サーチで『民藝』の147号と583号の所蔵を確認。
①147号は国立国会図書館デジタルコレクションにて図書館送信参加館限定で公開中。
  http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/7931924
②583号は国立国会図書館デジタルコレクション内で公開されていないが、東京新館書庫にて所蔵されていることを確認。
 県内での所蔵がないかCiNiiで検索すると、関西学院大学図書館と神戸学院大学人文学部資料室が所蔵していることが判明。
 CiNiiで検索する際、出版者に日本民芸協会と入力すると情報が出てこないので注意が必要。
 
(インターネット情報最終確認日:2017/1/8)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
日本民芸協会 , 『民藝』編集委員会 編. 民藝 = The mingei (147). 日本民藝協会, 1965-03., ISSN 04626133
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000039-I002434279-00
日本民芸協会HP 民芸協会のあゆみ.
http://www.nihon-mingeikyoukai.jp/society/history/
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査 所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000206569解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!