このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000068161
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-1200
事例作成日
(Creation date)
2010年05月22日登録日時
(Registration date)
2010年06月18日 10時33分更新日時
(Last update)
2017年03月20日 16時11分
質問
(Question)
『信長公記』をできるだけ原本に近いもので見たい。
回答
(Answer)
岡山大学池田家文庫等刊行会編『信長記』(全15巻 福武書店,1975 郷土書庫:289/オ)を提供。
回答プロセス
(Answering process)
1 和田裕弘「信長公記の諸本」(堀新編『信長公記を読む』(吉川弘文館,2009)p.56~63)によると、太田牛一の自筆本『信長公記』で現在確認されているものは以下の4本。
1)建勲神社蔵『信長公記』(15巻)
2)池田家文庫蔵『信長公記』(15巻、ただし巻12のみ別筆)
3)尊経閣文庫蔵『永禄十一年記』(巻1相当)
4)織田家蔵『太田牛一旧記』(本願寺攻めの顛末など中心)

2 上記1)2)について、複製、影印本の刊行、所蔵を調査し、2)の複製の所蔵を確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
織田信長(おだ のぶなが)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
上記「信長公記の諸本」には諸本の一覧表も掲載。また、より詳しく論じた資料として金子拓『織田信長という歴史 『信長記』の彼方へ』(勉誠出版,2009)がある。こちらの諸本一覧表(p.76~83)には「原本以外で閲覧可能な媒体・複製」の項目がある。(2017年3月追記)

よく用いられる奥野高広・岩沢愿彦校注『信長公記』(角川文庫)は、1)の写本である陽明文庫蔵本を底本に(首巻部分を除く)翻刻・読み下ししたもの。
同様の事例あり: http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000046723
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000068161解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ