このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000143725
提供館
(Library)
同志社大学 今出川図書館 (3310014)管理番号
(Control number)
2012-038
事例作成日
(Creation date)
2012年09月21日登録日時
(Registration date)
2014年01月20日 11時27分更新日時
(Last update)
2015年04月13日 15時55分
質問
(Question)
市区町村別の人口が知りたい。町村、郡まで掲載されているものを求めている。一例として「新潟県北蒲原郡聖籠町」など。
回答
(Answer)
総務省統計局編『統計でみる市区町村のすがた』 日本統計協会発行 (年刊)にお求めの情報が掲載されています。
本学所蔵は、2002、2003年版は政策学部図書室で、2004~2012年版は今出川図書館となります。

最新版については、インターネットで公開されています。 http://www.stat.go.jp/data/s-sugata/index.htm  [参照 2014-01-30]うち、A.人口・世帯(Excel形式)は http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/Xlsdl.do?sinfid=000013163787 [参照 2014-01-20]で閲覧が可能です。
回答プロセス
(Answering process)
1.総務省統計局ホームページ>統計データ>分野別で探す「人口・世帯」のページ
http://www.stat.go.jp/data/guide/1.htm#cate_population [参照 2014-01-20]
「総合統計書等」の項で『日本統計年鑑』『日本の統計』『総合統計データ月報』『ポケット統計情報』『日本の長期統計系列』等の情報、内容確認ができるが、求めている情報は無し。

2.参考図書、請求記号351の書架をブラウジング。
『新潟縣統計年鑑』 <AN10041001> 昭和40年~平成20年までの各市町村データが掲載されている(「国勢調査」「新潟県推計人口(平成20年10月1日現在)」によるデータ)が、昭和40年~平成17年までの5年ごとの数値と、平成20年の数値しか確認できない。新潟県北蒲原郡聖籠町についても掲載されている。
1998年から2012年まで、新潟県ホームページで閲覧可能。  http://www.pref.niigata.lg.jp/tokei/1196871357582.html [参照 2014-01-20]

3.NDLリサーチナビにてキーワード「統計資料」で検索。
統計レファレンス・ガイド>3.1 総合統計書:官庁等総務省統計局編『統計でみる市区町村のすがた』 の情報を得る。
本学所蔵の『統計でみる市区町村のすがた』を確認したところ、求めているデータが掲載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
総務省統計局編『日本統計年鑑』を見たが、市区町村の細かい情報は載っていなかった。
NDC
日本  (351)
各種の統計書  (359)
参考資料
(Reference materials)
総務省統計局 編. 統計でみる市区町村のすがた. 総務庁統計局, 2000., ISSN 13485156
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000000108389-00  (NCID:AA11481529)
新潟県総務管理部統計課/編集. 新潟県統計年鑑. 新潟県総務管理部統計課,[新潟]新潟県統計協会. (NCID:AN10041001)
総務省統計局ホームページ
http://www.stat.go.jp/data/guide/1.htm#cate_population [参照 2014-01-20]
キーワード
(Keywords)
市区町村別人口
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000143725解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!