このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000250324
提供館
(Library)
仙台市民図書館 (2210011)管理番号
(Control number)
榴2017-事例01
事例作成日
(Creation date)
2017年00月00日登録日時
(Registration date)
2019年01月18日 16時41分更新日時
(Last update)
2019年04月02日 18時00分
質問
(Question)
ホップの写真が見たい。できれば栽培の様子やその葉、つ
るの写真などもあれば見たい。空き地に生育していたホッ
プの実を取ってみたが、本当にホップなのか知りたい。人
が手を入れなくてもそのような場所に育つのだろうか。
回答
(Answer)
ホップの写真は、オンラインデータベースの「ルーラル電子図書館」、『日本大百科全書』
で確認ができた。自宅栽培の様子やつるなどは『手づくりビール読本』、『ハーブ図鑑110』
にも載っていた。
ホップは和名「セイヨウカラハナソウ」と言い、アサ科(以前はクワ科に含まれていた)
の多年生つる草植物である。雌雄異株で、雌株の毬果(きゅうか)は淡緑色をしており、
松かさに似ている。「実」と言われたところは雌株の毬果だと思われる。熟した雌株の毬
果は初秋に摘み取るのが一般的のようだ。
空き地に育っていた植物に関しては、『北の果実酒・薬草酒』のp40‐p41 に「栽培種ホ
ップ、野生種はカラハナソウ」との記述があり、また『日本大百科全書5』の「カラハナ
ソウ」項目p852「~雌花序は毬果状で短い柄で下垂し淡緑黄色。~山地に生え、中部地
方以北の本州、北海道および中国北部に分布する。~母種のホップhop はヨーロッパ原産
で、黄色の腺点が著しく多く、ビールの苦味料として栽培される」や、同書『21』の「ホ
ップ」項目p581「包鱗(ほうりん)ごとに小さい二個の痩果(そうか)が秋に結実する
が、栽培上は雌株のみを植えるので、結実することはない。」とあった。人が手を入れて
育てている植物とは別種として位置づけられているようだ。
回答プロセス
(Answering process)
「ホップ」がどういった植物なのかを知るため、『原色牧野植物大圖鑑 離弁花・単子
葉植物編』で基本情報を調べた際、「セイヨウカラハナソウ」というキーワードから「カ
ラハナソウ」に関しても確認した。また、「ビール」や「酒」、「ヨーロッパ」に関するキ
ーワードも出てきたため、蔵書検索システムやデータベースで関連資料を調べて上記回答
とした。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
植物学  (470 9版)
日本語  (031 9版)
食品工業  (588 9版)
参考資料
(Reference materials)
『原色牧野植物大圖鑑 離弁花・単子葉植物編』 牧野富太郎/著 北隆館 1997 年
『日本大百科全書 5、21』 小学館 1994 年
『北の果実酒・薬草酒』 池田郁郎/著 北海道新聞社 1998 年
『手づくりビール読本』 笠倉暁夫/著 農山漁村文化協会 2015 年
『ハーブ図鑑110 』 レスリー・ブレンネス/著 日本ヴォーグ社 1992 年
『図説世界史を変えた50 の植物』 ビル・ローズ/著 原書房 2012 年
『うまい酒を科学する事典』 酒文化研究所/監修 ナツメ社 2010 年
キーワード
(Keywords)
ホップ
ビール
薬草酒
ハーブ
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000250324解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!